塚原千恵子の若い頃!昔の画像&息子や旦那との結婚を総まとめ

体操選手・宮川紗江さんにパワハラを告発され、騒動の行方が注目を集めている日本体操協会女子強化本部長を務めている塚原千恵子さん。夫の塚原光男さんも同協会副会長を務めており、夫婦で渦中の人となっています。

塚原千恵子さんの若い頃の昔画像や結婚と子供(息子)などについてまとめてみました。

塚原千恵子プロフィール

 

塚原 千恵子(つかはら・ちえこ)


旧姓:小田
生年月日: 1947年8月12日
生誕地: 長崎県
身長: 155 cm
得意種目: ゆか
学歴: 日本体育大学

 

塚原千恵子さんは、1967年の全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝し、全日本選手権でも5位に入賞。

1967年夏季ユニバーシアード(東京)女子団体では金メダルを獲得し、翌年の1968年メキシコシティーオリンピックに出場、女子個人総合は19位、女子団体では4位入賞を果たしました。

1969年には第23回全日本体操競技選手権大会、全日本学生体操競技選手権大会、NHK杯体操選手権で優勝。

1970年の第17回世界体操競技選手権では団体4位入賞メンバーとなっており、1972年現役を引退しています。

千恵子さんは、当時の女子体操界をリードする存在でした。

引退後は体操指導者としてオリンピック体操チームのコーチなどを歴任しており、夫の設立した塚原体操センターの副校長も務めています。

 

現在は、日本体操協会女子強化本部長にも就任しています。

 

塚原千恵子の若い頃が綺麗?昔の画像まとめ

塚原千恵子さんは、若い頃体操選手として活躍していました。
その頃の千恵子さんは綺麗だったとの声がありましたので、昔の画像をまとめてみました。

 

 

若い頃の塚原千恵子

かわらしい感じです。

 

 

若い頃の塚原千恵子

 

 

 

若い頃の塚原千恵子

今とは違い、体型もスッキリしています。

 

 

若い頃の塚原千恵子

 

 

ネット上では、若い頃と今の千恵子さんを比較し嘆く声も多々見られました。

 

 

 

 

 

 

塚原千恵子は金メダリストの体操選手と結婚!旦那は塚原光男

塚原光男プロフィール

 

塚原千恵子さんの旦那さんは、同じく元体操選手の塚原光男さんです。

 

 

塚原 光男(つかはら・みつお)

生年月日: 1947年12月22日
生誕地: 東京都北区
種目: 男子体操競技
技名: ツカハラ(跳馬)
    ツカハラ(鉄棒)

 

光男さんは、日本体育大学体育学部在学中の1968年にメキシコオリンピックに初出場。団体では金メダルを獲得しています。

1970年に跳馬で「ツカハラ跳び」、1972年に鉄棒で「月面宙返り(ムーンサルト)」の新技を開発したことでも知られています。

 

 

月面宙返り(ムーンサルト)


トランポリンのハーフ・イン・ハーフという技を見て思いついたというこの技は、深夜の練習場で1人で練習を重ね数ヶ月かけて完成させたものとなっています。

1972年のミュンヘンオリンピックでは、自ら考案した月面宙返り(ムーンサルト)も披露し、男子体操鉄棒で金メダルを見事獲得しています。

 

光男さんは、1976年のモントリオールオリンピックでも同種目で金メダルを獲得し、個人では2大会連続、団体も含めると3大会連続で金メダルに輝いています。

 

 

 

塚原千恵子は現役引退後に塚原光男と結婚

 

塚原千恵子さんは、1972年の現役引退後に塚原光男さんと結婚。

 

体操界のトップ選手同士の結婚となっています。

 

 

1980年頃の塚原千恵子と塚原光男

 

 

光男さんも引退後には千恵子さんと同様に指導者の道に進んでおり、2002年に朝日生命体操教室と朝日生命体操クラブを運営する「塚原体操センター」を設立し、朝日生命体操教室校長・朝日生命体操クラブ総代として活動。

千恵子さんも副校長を務めており、夫婦ともに指導にあたっています。

塚原体操センター

 

現在は、日本体操協会副会長も務めています。

 

 

塚原千恵子と塚原光男の息子は塚原直也!息子も金メダリスト

塚原千恵子さんと塚原光男さんの息子さんは、2004年アテネオリンピックの体操団体で金メダルを取った元体操選手の塚原直也さんです。

 

 

塚原 直也(つかはら・なおや)


国籍: オーストラリア
生年月日: 1977年6月25日
生誕地: 東京都
身長: 166cm
体重: 63kg
種目: 体操競技
所属: 朝日生命体操クラブ

 

直也さんは、モントリオールオリンピックの翌年の 1977年6月25日に誕生。

 

 

幼少時代の塚原直也

 

 

両親とも体操選手というサラブレッドの血筋を引いた直也さんですが、体操を始めたのは11歳と遅めのスタートでした。

両親が指導している朝日生命体操クラブにて体操を始め、6年後の1994年にはインターハイで優勝。翌年も2連覇を果たします。

明治大学に入学した1996年には全日本選手権で優勝し、アトランタオリンピックにも出場。
以降、全日本選手権では2000年まで5連覇を成し遂げています。

2000年シドニーオリンピック、2004年アテネオリンピックと続けて出場し、アテネオリンピックでは男子体操団体でついに金メダルを獲得。

光男さんに続き金メダリストとなり、日本のオリンピック史上初の親子金メダリストとなっています。

私生活では、2012年に航空会社勤務の一般人女性と結婚しています。

 

体操男子で04年アテネ五輪団体総合金メダリストの塚原直也(35=朝日生命)が16日、航空会社に勤務する29歳の宮城県出身の女性と婚約したことを明らかにした。

 11月に挙式する予定で、今年に入って交際を始めたという。塚原が初出場した96年アトランタ五輪の頃からのファンだそうで「性格も似ていて、自然体でいられる」と話した。

 

引用:アテネ団体金の塚原が結婚、航空会社勤務の女性と

 

直也さんは2009年からオーストラリアに体操留学をし、オーストラリア国籍取得を前提としてロンドンオリンピックへの出場を目指していましたが、国籍取得手続きが間に合わず出場を断念。
2013年4月に無事オーストラリア国籍を取得し、再び2016年のリオデジャネイロオリンピックを目指すも、惜しくも成績が届かず出場は叶いませんでした。

2016年に、直也さんは現役引退を発表。今後は指導者として活動していくことを明かしています。

 

13年に豪州国籍を取得し、リオデジャネイロ五輪を目指していたが、同国の代表選考会で落選。父の光男氏に「東京五輪までに朝日生命体操クラブをもう一度、やり直したい」と再興を託され、朝日生命総監督に就く決断をしたという。

 光男氏の実績と競うようにして日本初の親子金メダリストになった38歳は「父は永遠のライバル。指導者として父を超える勝負はまだ終わらない。体操について知らないことのない指導者になりたい」と挑戦を続けていく決意を示した。

 

引用:アテネ五輪団体金の塚原が引退会見「晴れやかな気分」 体操

 

現在は、両親が経営する塚原体操センターの朝日生命体操クラブ総監督・朝日生命体操教室技術アドバイザーとして活躍しています。

 

 

 

塚原千恵子・塚原光男が体操選手・宮川紗江からパワハラ告発

現在、塚原千恵子さん・塚原光男さん夫妻はリオデジャネイロ五輪代表の体操選手・宮川紗江さんにパワハラを告発されるという事態になっており、体操界には激震が走っています。

 

29日、体操女子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江選手が記者会見を行い、宮川選手への暴力があったとして速見佑斗コーチに日本体操協会が下した無期限登録抹消処分に疑問を呈した。さらに宮川選手は、「協会から今までパワハラを受けたというふうに感じている。すごく怖かったし、このまま潰されてしまうのではないかということで、周りにも相談した」と明かしたほか、以下内容を証言した。

 

引用:【宮川紗江パワハラ告発】体操協会、塚原夫妻「独裁体制」継続の方向か…内部に箝口令

 

 

パワハラ告発された塚原千恵子・塚原光男夫妻

 

 

ある日千恵子さんと光男さんに呼び出された宮川さんは、「速見コーチに暴力の話が出ており、認めないと厳しい状況になる」と告げられ、「あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない」などと言われたとされています。

さらに、千恵子さんから速見コーチの暴力についての証言を求められ、宮川さん側が拒否をすると、「家族でどうかしている、宗教みたいだ」「五輪に出られなくなる」などと脅されたというのです。

 

さらに、これについてインタビューされた光男さんが宮川さんの話について「全部うそ」と言ったことで、ますます批判が殺到する事態となっていました。

このことについて光男さんは後に当時は感情的になってしまったとし、謝罪の言葉を述べています。

 

これに対し、塚原夫妻側は文書を発表し、「ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪したうえで、宮川選手側が主張した「私の方が100倍よく教えられる」などの発言はしていないと主張。さらに「五輪に出られなくなるわよ」という発言については、直近の成績が振るわなかったことなどを踏まえたもので、選手を脅すための発言ではなかったと釈明した。

 

引用:歴史は繰り返す?塚原夫妻「独裁」に抗議した27年前の体操女子ボイコット事件 

 

 

以前から囁かれていた塚原千恵子のパワハラ

 

 

千恵子さん・光男さん夫妻は1991年11月に全日本選手権で女子選手の参加者91人中、55人が出場をボイコットするという事件も過去に起きています。

 

審判の採点に不満を抱いた選手らによる行動で、背景には日本協会の女子執行部体制への反発があったとされる。当時、朝日生命クラブの監督を務めていた塚原光男氏が同年4月に女子競技委員長に就任していた。

 就任後は、朝日生命クラブ所属の選手の採点が優遇される場面があったり、世界選手権の代表も7人中3人が同クラブ所属の選手が占めたりするなどの事態が起きたとされ、それに反発してボイコットが起きた。塚原氏は競技委員長を辞職している。

 

引用:全日本体操で55選手ボイコット…27年前も女子猛反発で塚原光男氏辞職

 

現在は塚原さん夫妻の被害者たちによる「被害者の会」も結成されていると言い、他の選手たちから宮川選手を支援するという動きも見られています。

 

 

 

 特に、千恵子本部長にパワハラを受けたとされる証言は少なくない。
「無名選手の証言の方が生々しい。千恵子本部長に嫌われた選手は『邪魔だからウロウロするな』と怒鳴られ、見かねた父母がクラブを変えたいと申し出ると、『ワタシは認めません』と一蹴したらしい。移籍したら大きな大会に出場できなくしてやるというニュアンスに聞こえたようで、そういう告発が体操界の有力者や各メディアに寄せられていた」(TV局スタッフ)

 

引用:塚原帝国が完全崩壊 「朝日生命体操クラブ」被害者の会結成へ

 

息子の直也さんは、この一連の騒動について以下のようにコメントしており、指導する選手たちがオリンピック前の大事な時期であるためできるだけ影響がないように心がけているとしています。

 

職務一時停止となっている日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)塚原光男副会長(70)の長男で日本代表の杉原愛子(18)を指導する塚原直也コーチ(41)は14日、会場での練習後に取材に応じ、一連の騒動について「お騒がせして、すみません」と謝罪した。宮川紗江選手(18)にパワハラを告発され、世界選手権(10月25日開幕、ドーハ)の代表監督を外れた母千恵子氏には「聞きづらいですよね」とこの話題に触れないで接していることを明かした。

 

引用:塚原直也コーチ「母に聞きづらい」も騒動を謝罪

 

 

まとめ

今回、18歳の体操選手・宮川紗江さんからパワハラを告発され、一気に注目を集めることとなった塚原千恵子さん・近原光男さん夫妻。

体操界では以前から塚原夫妻について黒い噂もあったとされており、今回の騒動は「塚原帝国の崩壊」とも揶揄されています。

一方で速見佑斗コーチの宮川さんへの暴力映像も公開されており、こちらにも波紋が広がっています。

東京オリンピックまで2年を切っていますが、塚原夫妻や体操界がどうなるのか、今後も注目を集めていきそうです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

スピード離婚した芸能人ランキングTOP12!期間に注目

沢口靖子は堤義明の愛人?結婚しない3つの理由も徹底紹介!

内田有紀の結婚や旦那と子供情報!吉岡秀隆との離婚原因や現在も総まとめ

満島ひかりと旦那の離婚原因は永山絢斗との熱愛?真相を徹底調査

山口紗弥加の結婚観!若い頃の元彼氏・堂本剛との熱愛~現在まで総まとめ

後藤真希の旦那と子供&現在まとめ!結婚相手との間に娘と息子が1人ずつ

小塚崇彦と大島由香里の離婚原因と浮気や子供情報!結婚から現在まで紹介

倉沢淳美の現在&旦那や息子と娘の情報まとめ【子供の写真付き】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

宮脇咲良の顔に整形疑惑|昔と現在の画像比較で検証!結果は…

菊地凛子

菊地凛子と染谷将太の結婚や子供情報!馴れ初めから現在まで総まとめ

米倉涼子と安住紳一郎アナは結婚間近?2人の仲や結婚の可能性まとめ

安達祐実は昔も現在もかわいい!若い頃や年齢重ねても老けない今の画像まとめ

住谷杏奈の鼻は整形?昔と現在の顔の画像比較で徹底検証!

加藤綾菜の鼻と目は整形?顔の変化を昔と現在の画像で検証【加藤茶の嫁】

小川麻琴はブサイク?結婚の噂&彼氏や引退後の現在を総まとめ

大塚寧々の旦那と子供まとめ|田辺誠一と再婚前に離婚した元旦那も徹底紹介!

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

レディースブーツのブランド35選!人気ランキングまとめ【最新版】

韓国レディーススニーカーの人気ブランドおすすめ17選【オルチャン・最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す