野菜ジュースのダイエット方法!4つの効果や3つの飲み方まとめ【飲み過ぎは太る原因に!】

野菜ジュースを飲めばダイエットできるはず!そう思っている人は多いと思います。野菜ジュースってヘルシーですもんね!でも、野菜ジュースを飲めば、自動的に痩せるわけではないんですよ。

 

野菜ジュースでダイエットする時の飲み方やダイエット以外の効果、飲み過ぎは太るのかどうか、手作りと市販の野菜ジュースの比較などをまとめました。

野菜ジュースを飲めばダイエットできるわけではない!

 

野菜ジュースはヘルシーなイメージがあると思います。「野菜をジュースにしたら、野菜を手軽に摂ることができるし、野菜は低カロリーだから、野菜ジュースを飲んでいれば痩せる!」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

野菜ジュースは確かにヘルシーですが、野菜ジュースを飲んでいれば、自動的に痩せるというわけではないのです。

 

ダイエットをするためには、脂肪を燃焼させる必要がありますが、野菜ジュースは脂肪を燃焼させる効果があるわけではないですよね。

 

だから、野菜ジュースを飲めばダイエットできるわけではないので、そこは誤解しないようにしましょう。

 

ただ、野菜ジュースはヘルシーなことは間違いありません。だから、野菜ジュースをダイエットに取り入れることは間違いではありません。

 

野菜ジュースでダイエットするためには、ちょっとしたコツが必要なんです。

 

 

ダイエットのための野菜ジュースの3つの飲み方

ダイエットのための野菜ジュースの飲み方を説明します。ダイエットをしたい人は、野菜ジュースを水のように飲むのはNGです。

 

ダイエットをするなら、今からご紹介する3つの飲み方を守りましょう。

 

 

1食置き換えればダイエットできる

 

野菜ジュースでダイエットをしたい人は、1食置き換えるようにしましょう。コップ1杯の野菜ジュースを、食事代わりに飲むんですね。

 

おすすめは、夕食です。夕食代わりに野菜ジュースを飲むようにすると、簡単にカロリー制限ができるので、スルスル痩せることができるでしょう。

 

朝食の代わりに野菜ジュースを飲んでも良いのですが、本気でダイエットをするなら、夕食がおすすめです。

 

朝食はある程度カロリーを摂取しても、その日1日の行動で摂取したカロリーを消費することができますが、夕食にカロリーを摂取すると、そのカロリーを消費しないまま寝ることになります。

 

だから、夕食を野菜ジュースに置き換えると、ダイエットしやすくなるんです。

 

 

小腹が空いた時に飲む

 

野菜ジュースでダイエットする時の飲み方、2つ目は野菜ジュースをおやつ代わりにすることです。野菜ジュースは、市販のものだと200mlで60~70kcalですので、それをおやつにすれば、カロリーを摂り過ぎることがありません。

 

小腹が空いた時におやつを食べると、カロリーを摂り過ぎてしまうことがあります。でも、おやつを我慢すると、ストレスが溜まります。

 

でも、野菜ジュースをおやつ代わりに飲めば、カロリーを摂り過ぎることなく、ストレスも溜まりにくいので、ダイエットがはかどります。

 

 

ファスティングする時の水分補給に

 

野菜ジュースでダイエットする時の飲み方、3つ目はファスティングをする時の水分補給です。胃腸を休ませてデトックスしたい時や前日に暴飲暴食をした翌日にリセットしたい時には、プチ断食(ファスティング)をすることがありますよね。

 

ファスティングをする時には、食べ物は口にしなくても、水分補給は欠かせません。その時に、野菜ジュースを飲んでおくと、ビタミンやミネラルを摂れるので、体の調子を整えることができますし、体への負担が少なくなるんです。

 

ただ、飲み過ぎるとファスティングの効果が少なくなってしまいますので、水やお茶などノンカロリーの飲み物を飲みつつ、1日500ml程度を目安に野菜ジュースを飲むようにすると良いでしょう。

 

 

野菜ジュースダイエットをする4つの効果

野菜ジュースでダイエットをする時には、置き換えやファスティングなどの飲み方がおすすめです。野菜ジュースでダイエットをすると、ダイエット以外にも次の4つの効果があります。

 

・ダイエットをしながら美肌になれる

・ダイエット中の栄養不足を解消できる

・便秘解消効果がある

・健康効果がある

 

どれもダイエットしたい女性には嬉しい効果ですよね。この4つの効果について詳しく説明していきます。

 

 

ダイエットをしながら美肌になれる

 

野菜ジュースでダイエットをする時の効果、1つ目は美肌になれることです。野菜ジュースには、美肌に必要なビタミンやミネラルがたっぷり入っていますし、βカロテンやリコピンなどの抗酸化物質も入っています。

 

そのため、野菜ジュースを飲んでいると、ツルツルの美肌を保つことができるんです。ダイエット中は肌がボロボロになりやすいですが、野菜ジュースでダイエットをすると、ダイエットをしながら美肌を保つことができます。

 

 

ダイエット中の栄養不足を解消できる

 

野菜ジュースダイエットの効果、2つ目は栄養不足を解消できることですね。ダイエット中はカロリー制限をしなければいけないので、どうしても食事量は少なくなります。

 

食事量が少なくなれば、本来なら必要な栄養が不足してしまうんです。でも、野菜ジュースを飲んでいれば、手軽に野菜をたっぷり摂取できるので、ビタミンやミネラル、抗酸化物質を補うことができます。

 

栄養不足になれば、先ほど言ったように肌がボロボロになりますし、それ以外にも貧血になったり、冷え性になったりなど、体調不良になりやすくなります。

 

野菜ジュースを飲みながらダイエットをすれば、そのような心配もなく、体調万全の状態でダイエットをしていくことができるのです。

 

 

便秘解消効果がある

 

野菜ジュースダイエットの3つ目の効果は、便秘解消効果です。野菜ジュースは水分ですから、便を柔らかくして、便秘を解消する効果があるんです。

 

食物繊維についてですが、実は市販の野菜ジュースにはほとんど食物繊維が含まれていません。水溶性食物繊維が少し含まれているだけです。

 

だから、便秘解消効果をより期待したいなら、自分で野菜ジュースを作るようにしましょう。この時、ジューサーを使って野菜を搾って、残りかすを捨てるような作り方をするのではなく、ちょっとドロッとしますが、ミキサーを使って野菜全部をジュースにしてしまいましょう。

 

そうすれば、野菜に含まれている食物繊維を残らず飲むことができますので、高い便秘解消効果を期待することができます。

 

 

健康効果がある

 

野菜ジュースダイエットの4つ目の効果は健康効果です。野菜ジュースダイエットをすると、健康になることができます。

 

そもそもダイエットは、肥満を解消できるので、健康に良いですよね。さらに、野菜ジュースにはβカロテンやリコピンなどの抗酸化物質が含まれているので、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして、血液サラサラ&動脈硬化などを予防することができます。

 

血液がサラサラになると、全身すみずみにまで血液が流れて、冷え性を改善できます。冷え性が改善すると、体温が上がって、代謝がアップするので、太りにくく痩せやすい体質、つまりダイエットしやすい体質になることもできるのです。

 

 

野菜ジュースを飲み過ぎは太る!

 

野菜ジュースダイエットの飲み方や効果などを説明してきました。ここまでの説明で気づいている人も多いと思いますが、「ダイエットできる!」、「美肌になれる!」と思って、どんどん野菜ジュースを飲むのはNGです。

 

野菜ジュースの飲み過ぎは、当然ですが太る原因になります。野菜ジュースは低カロリーでヘルシーですが、ノンカロリーではありません。

 

先ほども言いましたが、市販の野菜ジュースは200mlで60~70kcalあります。

 

カロリーが多いものだと、200mlで100kcal近くもあるのです。だから、水代わりにどんどん飲んでいれば、それだけカロリーを摂取していることになるので、太ることになります。

 

ダイエットしているつもりなのに、太ってしまったら、これ以上ショックなことはないですよね。

 

だから、野菜ジュースの飲み過ぎには気を付けるようにしましょう。1日の飲む量は、コップ1杯200mlが目安になります。ファスティングの時は500ml程度飲んでもOKですよ。

 

 

野菜ジュースは市販と手作りどっちが良い?

野菜ジュースでダイエットをする時には、手作りの野菜ジュースと市販の野菜ジュースのどちらが良いのでしょうか?結論から言えば、次の通りになります。

 

・健康&美容重視なら手作り
・手軽さ重視なら市販

 

手作りの野菜ジュースと市販の野菜ジュースのメリットやデメリットを比べてみました。

 

 

健康&美容重視なら手作り!

 

健康や美容を重視するなら、手作りの野菜ジュースをおすすめします。自分でジューサーやミキサーを使って野菜ジュースを作ったほうが、市販の野菜ジュースよりも健康や美容に高い効果を期待できます。

 

ミキサーを使って野菜ジュースを作れば、食物繊維を余すことなく摂取することができます。また、手作りの野菜ジュースは加熱しないので、野菜の酵素を摂取することができ、代謝をアップさせることもできるんです。

 

加熱に弱いビタミン類もしっかり摂取できるのも嬉しいですね。砂糖や添加物などを一切加えないで、自分好みのヘルシーな野菜ジュースを作ることができるのも嬉しいポイントです。

 

さらに、今日は中性脂肪を減らしたり美白効果があるリコピンを摂りたいりたいからトマト中心の野菜ジュース、今日は肌荒れがひどいからβカロテンたっぷりの人参中心の野菜ジュースのように、その日の気分でジュースの内容を変えられえることもメリットです。

 

ただ、いかんせん手作りの野菜ジュースを作るのは手間がかかります。また、野菜が高い時期は経済的にも厳しいことがありますね。

 

それでも、手作りするメリットは大きいですから、健康や美容を重視したい人は手作りするようにしましょう。

 

 

手軽に飲むなら市販!

 

手軽さを重視したい人は、市販の野菜ジュースが良いですね。いくら健康や美容に良いからといって、無理して手作りにこだわると、3日坊主で終わってしまいます。

 

それなら、手軽に市販の野菜ジュースを飲んでいたほうが、長くダイエットを続けられるはずです。

 

また、市販の野菜ジュースは自分で作るよりもたくさんの種類の野菜が含まれているというメリットもあるので、市販の野菜ジュースは手作りの野菜ジュースに全ての面で劣っているというわけでもないんです。

 

例えば、カゴメの「野菜一日これ一本」には、なんと30種類もの野菜が含まれています。自宅で野菜ジュースを作る場合、さすがに30種類もの野菜を入れるのは無理ですよね。

 

でも、市販のものなら、たくさんの種類の野菜が入った野菜ジュースを手軽に飲むことができます。忙しい人が気軽に野菜ジュースダイエットを続けたいなら、市販のものを飲むようにしましょう。

 

ただ市販の野菜ジュースの中には、オリゴ糖や果糖が加えられていて、カロリーがやや高めのものもありますので、カロリーは控えめのものを選んでくださいね。

 

 

野菜ジュースでダイエットするときの飲み方についてのまとめ

・野菜ジュースのダイエット方法
「1食置き換えダイエット」「小腹が空いた時に野菜ジュースを飲む」「ファスティングする時の水分補給に飲む」

・野菜ジュースダイエットの効果
「ダイエットをしながら美肌になれる」「ダイエット中の栄養不足を解消できる」「便秘解消効果」「健康効果が期待できる」

・野菜ジュース飲む時の注意点
「飲みすぎると太る」「1日の目安はコップ1杯(200ml)が目安」「健康と美容重視なら、手作り野菜ジュース」「手軽に飲むなら、市販の野菜ジュース」

 

野菜ジュースでダイエットする時の飲み方や野菜ジュースの効果、飲み過ぎで太るのかどうか、手作りと市販の野菜ジュースはどちらが良いのかをまとめました。

 

野菜ジュースはヘルシーで低カロリーですが、飲み過ぎると太る原因になります。また、野菜ジュースを飲めば自動的に痩せるわけではないので、ご紹介した3つの飲み方を守って、野菜ジュースダイエットをするようにしましょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

関連する記事はありませんでした。

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

整形依存性の4つの原因&4つの対策・治療法まとめ【醜形恐怖症】

むくみの原因&解消方法7選!病気のサイン?【マッサージ動画あり】

口が小さい原因は?大きくする方法5選も徹底紹介

鼻毛が太い3つの原因&正しい処理方法まとめ【鼻毛カッターがおすすめ】

カップルのスキンシップにラブラブ効果!彼氏に自然にする5つの方法【オキシトシン】

桜井和寿

ミスチル桜井和寿の元嫁と子供&吉野美佳との再婚まとめ!驚きの不倫略奪婚を紹介

角栓の原因と9つの正しい取り方&除去方法まとめ【正体は角質と皮脂】

肩幅の平均サイズと測り方まとめ!筋トレやダイエットで変えられる

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

銀座カラーの脱毛料金や効果&5つのメリット【川栄李奈がモデル!】

暴飲暴食の3つの原因&次の日にリセットする方法まとめ【おすすめメニュー例あり!】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す