樹木希林の目がおかしい?若い頃と現在の画像を徹底比較

2018年9月に他界した樹木希林さんは数々の賞を総なめにした大女優ですが、若い頃に比べて目がおかしいとの声が挙がっていました。

 

今回は樹木希林さんの目がおかしい原因、若い頃と現在(最近)の比較、他界前後をまとめました。

樹木希林のプロフィール

プロフィール

出典:https://eiga.com/

 

本名:内田啓子(うちだけいこ)

生年月日:1943年1月15日

出身:東京都東京市(現東京都千代田区)

血液型:A型

 

 

経歴

1961年文学座付属演劇研究所に入り、「悠木千帆」名義で女優活動を始めます。

 

1964年にレギュラー出演した「7人の孫」で一躍人気者に。

 

1966年に文学座を退団した後も、数多くのテレビドラマや映画に出演し、個性派女優の代表として確たる地位を築きました。

 

1977年、バラエティ番組のオークションコーナーで売るものがないという理由から「悠木千帆」という芸名を競売にかけ、自身は樹木希林に改名。

 

ドラマで共演を果たした郷ひろみさんとのデュエット「林檎殺人事件」が大ヒットを記録するなど、幅広い活躍を見せました。

 

最近では、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール賞」を受賞した「万引き家族」に出演し、その存在感のある演技が絶賛されていました。

 

 

1973年ロックミュージシャンの内田裕也さんと結婚するも、1年半で別居し最期まで別居婚という独特の夫婦関係を続けてきました。

 

2人の間には也哉子さんという娘が1人います。

 

 

また、自らのがんを飄々と告白。がんと共に生きる姿を新聞に寄稿したり、メディアでのインタビューにお馴染みの樹木希林節で答えていらっしゃいました。

 

2018年9月15日、惜しまれながらも逝去されました。

 

 

樹木希林の目がおかしいと話題 

 

出典:http://top1news.net/

 

樹木希林さんと言うと、「個性派女優」「自然体女優」など言われることが多いですが、かなり独特の世界観を持った方だというイメージが強いですよね。

 

そのため、昔から数多くのテレビドラマや映画に出演していますが、容姿よりも言動に注目が集まることが多いです。

 

 

しかしある時から、「樹木希林さんの目がおかしい」「あれ?昔こんなだった?」など、樹木希林さんの目に関して、昔と違う気づいた人もいたはずです。

 

噂になって初めて注目してみると、確かに両目で視線の先が異なる感じがしていました。さすがにこれは演技ではなかろうと思われます。

 

 

樹木希林の目がおかしい原因とは?

 

出典:https://www.daily.co.jp/

 

実は、樹木希林さんは自身の左目に病気を抱えており、2003年1月に失明したそうです。

 

この事実は樹木希林さん自身が公表していて、隠されてきたことではありません。

 

しかし、自身の病気の話題を大げさに取り上げることはなく、これまでと変わらず女優として存在感を発揮していたため、失明の事実を知らなかった人もいたでしょう。

 

 

そして、樹木希林さんが左目を失明することとなった原因は、「網膜剥離」という病気です。

 

この病気は、眼球にある「網膜」という、光を感受する組織が剥がれ、その間に体液が流れ込んで最悪の場合失明に至る病気です。

 

網膜剥離を発症した当時、樹木希林さんは61歳。健康体の人でも、次第に体にトラブルが表れる年齢です。樹木希林さんの網膜剥離も加齢に伴う病だったのでしょう。

 

ある朝、樹木希林さんが目覚めると突然、左目が見えない状態だったそう。突然光を失った樹木希林さんは、次のように語っています。

 

 

一瞬絶望しました。

明日、死ねるわけじゃない。ずっとこれで生きていくのかと思ったら…。

それも人生ながら、事あるごとにため息はついていました。

 

 

悟りを開いたように肝の座った大女優でも、絶望を味わったほどの恐怖だったのです。

 

昨日まで見えていたはずの目から一切光を感じられなくなってしまうなんて、想像もできません。

 

 

しかし、樹木希林さんは失明した後に手術を勧められた際、なんと手術を拒否したのです。

 

網膜剥離は、初期段階であれば95%完治する病気だと言われていますが、樹木希林さんの場合、病気が発覚した際に詳しい原因が分からなかったそう。

 

そのため医師は、手術をして原因を解明し治療に当たることを勧めました。

 

それに対して樹木希林さんは、「手術をしても100%治りそうもない。今までいろいろなものが見え過ぎたから。」と言って手術をしないという選択をしたのです。

 

その結果、左目の網膜剥離を発症してから2ヶ月後の2003年3月に樹木希林さんは左目の視力を完全に失いました。

 

 

普通なら藁にもすがる思いで、なんとか視力を取り戻す方法にしがみつくものです。

 

しかし、左目の視力を失ったまま生きていくことに不安だったはずの樹木希林さんは、そのままの自分を受け入れ、病気に抗おうとはしなかったのです。

 

ただ個性派と言われるだけではなく、長い芸能人生の中で見たくないもの、見なくていいものをたくさん見てきた樹木希林さんは、一種の悟りのような境地を開いていたのかもしれません。

 

見えないという運命を受け入れ、失明するとわかっていて手術をしない決断をした樹木希林さんは、やっぱりただ者ではありません。

 

 

樹木希林の若い頃~現在(最近)の画像で目を検証

2003年に左目を失明したとのことですが、病気を公表するまではあまりその変化に世間が気づくことはありませんでした。

 

普段テレビ出演が多いわけではないですし、役柄を演じているとどこまでが演技なのかわからないほど自然体なため、失明した後の目の変化もそれほど分からなかったのです。

 

失明する前の若い頃と最近の樹木希林さんを比較してみましょう。

 

 

出典:https://hirosroom.com/

 

若い頃から、老人の役などを演じることもあった樹木希林さん。昔から貫禄が感じられますね。特別に美人というわけではないですが、自分を強く持っている雰囲気が伝わってきます。

 

この頃は、カメラに両目の視点が合っています

 

 

では失明後はどうでしょうか。

 

 

出典:https://movie.walkerplus.com/

 

亡くなる少し前の樹木希林さんです。確かにどの写真を見ても左目は同じ視点のまま止まっています。

 

お母さんやおばあちゃんなどの役柄が多かったせいか、久しぶりにテレビで樹木希林さんを見て、目が不自由になっていてもそれほどの違和感を覚えないものです。

 

しかし、若い頃と比べると本物のおばあちゃんになっていたのですね。

 

 

「自然体で演じることが役者の醍醐味」と言っていた樹木希林さん。どこまでが演技で、どこまでが自分自身なのか、境界線が本人にもわからないほど、ありのままを演じていたと言います。

 

ある日突然、失明してしまい絶望を味わった後でさえ、演技に病気の影響を感じさせないのが、大女優としてのプライドだったのかもしれませんね。

 

 

樹木希林の現在 【2018年9月15日他界

 

出典:http://jonny.click/

 

2018年9月15日、樹木希林さんは他界されました。

 

日本を代表する個性派女優と言われ、どの作品のおいても唯一無二の存在感を示し続けてきた樹木希林さん。最期は家族に看取られ、安らかに眠りについたそうです。

 

 

樹木希林さんは2004年に乳がんを発症して以降、2013年には全身にがんが転移したことを公表しており、それでも手術や抗がん剤などの治療は一切行ってこなかったそう。

 

2018年初めには、がんは骨にまで転移していたと言います。

 

 

日一日、体ががんに侵されていくのを、樹木希林さんは抗うことなく受け入れてきました。

 

樹木希林さんの関係者や家族が、日々身体中ががんに侵され衰えていく様子に心を病んでいく中、逆に周りへの気遣いを見せていたと言います。

 

樹木希林さんの人間としての深さを思い知らされますね。

 

 

樹木希林さんの出演が話題となった「万引き家族」では、舞台挨拶や映画祭などに体力が許す限り登場し、役者としての使命をまっとうしました。

 

明確な死因については公表されていませんが、2018年8月13日には友人宅の階段で転び、大腿骨を骨折して入院するなど、まさに満身創痍の状態だったようです。

 

 

義理の息子、俳優の本木雅弘さんが、病床の樹木希林さんのイラスト付きのコメントを紹介し、「なかなかしぶといおばあさんです」という樹木希林さんらしい言葉も記憶に新しいですよね。

 

そんな樹木希林節に安心を覚えた数週間後の訃報は、芸能界だけでなく、多くの人を驚かせました。

 

40年もの間、別居婚状態にあった夫の内田裕也さんも、訃報が届いた当初あまりのショックにコメントさえ出せる状態ではなかったそう。

 

その後各社に送られた内田裕也さんのコメントでは、「啓子今までありがとう」と感謝を伝えるとともに、「見事な女性でした」と讃えました

 

結婚生活のほとんどを別居状態で過ごしてきた内田さんですが、どんな不祥事も正面から受け止め全力でフォローしてくれた妻の死は、本当に辛いことだったようです。

 

 

多くの人に愛され、敬われる存在であった樹木希林さんの、安らかなご冥福をお祈りします。

 

 

樹木希林さんについての総まとめ

・樹木希林さんの目がおかしいのは、2003年3月に左目の「網膜剥離」で失明したから

・樹木希林さんの若い頃は、カメラに両目の焦点が合っている

・樹木希林さんの現在は、2004年に乳がんを発症し、2013年には全身にがんが転移、2018年9月15日に他界している

 

2018年9月15日に他界された樹木希林さん。

 

若い頃から、個性派女優としての地位を築き、「自然体」を演じることに徹してきた樹木希林さんは、多くの作品で自身の生き方を示してきました。

 

数年前から、「目がおかしい」と視点の合わない左目に関してネットでは噂になっていましたが、2003年に網膜剥離により失明していたことを公表。

 

2004年には乳がんを発症し、2013年には全身がんに侵されていることを告白しました。

 

 

病気という運命を受け入れ終活をしていた樹木希林さんの最期は、とても静かで安らかだったと言います。

 

樹木希林さんの生き方そのものが、日常のふとした小さな幸せが大切なんだという気持ちを教えてくれました。

 

 

樹木希林さんのご冥福をお祈りします。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

【病気】鷲尾いさ子の難病の病名はALS?その症状まとめ【筋萎縮性側索硬化症】

ハイヒールモモコの病気「帯状疱疹」&激痩せた現在の画像まとめ

和田アキ子の病気まとめ|子宮がん・肺気腫・シェーグレン症候群の壮絶エピソード

泰葉の頭おかしい奇行3選!病気の真相など若い頃から現在まで総まとめ

鬼束ちひろの現在!病気の噂&昔からの容姿の変化を画像で検証

希良梨の病気「子宮頸がん」とは?GTO女優が現在まで壮絶な闘病生活

Superfly

Superfly越智志帆の病気は喉頭がん?現在までの病状まとめ

加賀美早紀の現在!旦那や息子&子宮頸がんの余命や病状まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

大竹一樹と嫁・中村仁美の子供や結婚情報!現在は息子が有名私立小学校に入学

加藤綾菜の年齢&実家や出身高校!加藤茶との子供や怪しい料理も総まとめ

蒼井優と岡田准一の熱愛報道&破局原因2つまとめ!共演者キラーの初スキャンダル

古市憲寿

古市憲寿の彼女や結婚情報!家族観や嫁がいる噂も総まとめ

芦田愛菜の鼻が変?可愛くなくなった?昔と現在の画像で検証

アンジェリーナジョリー激やせ!昔と現在の画像&体重変化まとめ

川村エミコ

川村エミコの元カレと現在の彼氏!松本光一社長との熱愛と破局その後まで

ヒモ男と噂の芸能人TOP10!恋人や奥さんの収入で生活

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

バストの測定位置と測り方&平均サイズまとめ!ブラジャー選びには重要

奥菜恵と斎藤工の熱愛&破局原因まとめ!嘉門洋子が関係との噂

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す