国際結婚する日本人の割合と離婚率!問題9つや10人の芸能人まとめ

国際化が進む日本ですが、国際結婚に憧れている人は多いと思います。外国人と結婚するって、なんかカッコ良いですよね。

 

ただ、国際結婚は良い事ばかりではなく、大変なことや問題が起こりやすいのも現実です。

 

国際結婚をする日本人の割合や国際結婚の離婚率、国際結婚で大変なことや起こりやすい問題、国際結婚をした芸能人をまとめました。

国際結婚する日本人の割合と相手の国

国際結婚をする日本人は、どのくらいいるのでしょうか?一昔前と比べると、街中で外国人を見かけることがとても多くなったので、国際結婚する日本人は増えて居そうな気がしますよね。

 

国際結婚をする日本人の割合と相手の国を調べてみました。

 

 

国際結婚をする日本人の割合

国際結婚をする日本人の割合は、3.3%です。

 

厚生労働省の平成28年人口動態調査によると、平成27年の国際結婚は2万976組で平成27年度の全婚姻件数の3.3%となっています。

 

出典:mhlw.go.jp

 

そして、国際結婚の割合は右肩下がりになっています。ちょっと意外ですよね。平成18年をピークにして、徐々に国際結婚をする日本人は減っているんですね。

 

グラフを見るとわかるのが、妻が日本人で国際結婚をする割合は平成に入ってからはほぼ変わっていないことです。

 

夫が日本人で外国人女性と国際結婚をする割合がどんどん減少しているんですね。

 

 

相手の国はどこが多い?

さて、国際結婚をする日本人は、どこの国の人と結婚することが多いのでしょうか?

 

出典:mhlw.go.jp

 

夫が日本人の場合の相手の国

第1位 中国
第2位 フィリピン
第3位 韓国・朝鮮

 

妻が日本人の場合の相手の国

第1位 韓国・朝鮮

第2位 アメリカ

第3位 中国

夫が日本人か、妻が日本人かで第2位の国が変わるのは面白いですね。夫が日本人の場合は、フィリピン人女性との結婚が多く、妻が日本人の場合はアメリカ人男性との結婚が多いんです。

 

 

国際結婚は離婚率が高い

 

国際結婚をしたカップルは、離婚率が高いというイメージがあるかもしれません。本当に、離婚率が高いのか、厚生労働省のデータから見ていきましょう。

 

厚生労働省の離婚率の計算式は「年間離婚届出件数÷10月1日時点の日本人口×1000」ですので、厳密な離婚率は計算できません。

 

そのため、ここでは平成27年の国際結婚の件数と国際結婚から離婚した件数を比べてみることで、離婚率としてみます。

 

平成27年の離婚率(国際結婚)

・国際結婚の件数=2万976件

・国際結婚の離婚件数=1万3675件

これを計算してみると、65%は離婚すると考えられます。もちろん、毎年国際結婚をしているカップル数は違いますので、厳密に65%の国際結婚のカップルが離婚しているとは断言できません。

 

ただ、これを見ると、国際結婚の離婚率はとても高いことは間違いなさそうですね。

 

ちなみに、日本での婚姻件数と離婚件数をご紹介します。

 

平成27年の離婚率(日本)

・婚姻件数=63万5156件

・離婚件数=22万6215件

これを見ると、日本(国際結婚)での離婚率(厳密には違う)は35%となっています。これを考えても、やっぱり国際結婚の離婚率が高いことは間違いないようです。

 

 

国際結婚で大変なこと&起こりやすい問題9つ

国際結婚は離婚率が高いのはなぜでしょうか?国際結婚をするほど愛し合った2人なら、ずっとラブラブのままで生活していきそうなものなのに、なぜ離婚することが多くなるのか?

 

国際結婚は、日本人同士が結婚するよりも大変なことがたくさん起こるのです。結婚した後、いろいろな問題に直面して、離婚してしまう人も少なくありません。

 

国際結婚で大変なことや起こりやすい問題を9つご紹介していきます。

 

 

言葉の壁があって相互理解が大変

 

国際結婚で大変なことの1つ目は、言葉の壁です。国際結婚では、ほとんどのカップルが言葉の壁に直面します。

 

例えば、アメリカ人の夫と日本人の妻。日本人の妻がある程度英語を話せて、日常会話には何の問題もないという場合だとしても、言葉の壁は存在します。

 

日常会話での意思疎通はできても、ちょっとしたニュアンスが通じていなかったり、理解し合えたと思っても、実は理解できていなくて、誤解が生じることはよくあることです。

 

「母国語でコミュニケーションが取れない。伝えたいことが伝わらない」というストレスは、想像以上のものがあります。

 

そのため、細かい部分や深いところまで、きちんと理解し合えなかったり、言葉でのコミュニケーションにストレスを感じるようになってしまうことがあるんですね。

 

 

宗教・文化的な違いがある

 

国際結婚での問題点の2つ目は、宗教・文化的な違いです。宗教が違うのは、大きいですよね。一般的な日本人は「これ」という宗教を持っていないと思います。

 

でも、外国では宗教を持っているのが当たり前です。もし、イスラム教の男性と結婚したら、どうなるでしょうか?

 

イスラム教ではイスラム教徒以外との結婚は認められていないので、日本人の女性はイスラム教に改宗しなければいけないんです。

 

イスラム教に改宗したら、お酒・豚肉はNG。女性はスカーフのようなもので頭や顔を隠さなければいけませんし、近親者以外には目立たないようにしていなければいけません。

 

イスラム教の例を取りましたが、別にイスラム教でなくても、国が違えば宗教・文化的な違いは必ずあります。

 

日本人には受け入れがたい文化も世界にはたくさんあります。隣の国の韓国ですら文化的な違いは大きいですよね。アメリカでもそうです。

 

だから、国際結婚をすると、宗教・文化的な違いに戸惑い、問題が起こってしまうのです。

 

 

食習慣の違いに戸惑う

 

国際結婚は食習慣の違いも大変です。先ほどのイスラム教の例を取ると、豚肉やお酒は厳禁。ハラルフードを食べなければいけません。

 

欧米にはビーガン(菜食主義者)も増えています。別にあなたに菜食主義になることを強要しなくても、いつも一緒に食事をとるとなると、大変ですよね。食事作りにも苦労します。

 

そのほか、世界中には「は?こんなもの食べるの?」という食材がたくさんあります。また、日本の食文化を相手に理解してもらえないことも多々あります。

 

1日3回食べる食事で、その習慣・好みが異なると、最初は何とか我慢できても、少しずつストレスが溜まって、喧嘩の原因になるなどの問題が起こるんです。

 

 

家族・親戚づきあいの違い

 

国際結婚では、家族・親戚づきあいの問題が起こることが少なくありません。

 

日本では核家族化が進んでいますが、国によっては家族が全員一緒に住む、家族どころか親戚も一緒に住むのが当たり前。一緒に住まなくても、濃密な付き合いをすることが当然という国があります。

 

そうすると、新居に相手の家族が押しかけてくることになるので、当然ストレスが溜まりますよね。

 

また、日本人の感覚からすると、「マザコンか!」というほど母と息子の仲が良いのが普通という国もあります。

 

だから、国際結婚をすると、相手の家族や親せきに悩まされて、夫婦間の問題に発展してしまうことがあるんです。

 

 

金銭面での苦労

 

国際結婚では金銭面での苦労をすることもあります。これは、相手が発展途上国出身だった場合に多い苦労ですね。

 

発展途上国の人にとっては、「日本人=超金持ち」です。相手自身はそう思っていなくても、相手の家族がそう思っています。

 

そうすると、家族に毎月仕送りをしなければいけないことがあります。

 

別に裕福な生活ではなく、極標準的な生活レベルなのに、相手の家族に毎月仕送りをしなければいけないとなると、ストレスは溜まりまくりですよね。

 

 

里帰りだけで大出費

 

国際結婚で大変なことは、里帰りの出費です。あなたが相手の国に住んでいた場合、日本に里帰りするとなると、それだけで数十万円の出費になると思います。

 

相手が日本に住んでいる場合でも、相手が自分の国に里帰りをすると、同じくらいの出費になりますよね。

 

日本人同士なら、里帰りをするにしても、数万円程度で済むのが普通ですが、国際結婚だとかなりの額がかかってしまうんです。

 

 

ビザや子どもの国籍問題

 

国際結婚で起こりやすい問題は、ビザや子どもの国籍問題もあります。日本の永住権目的に日本人と結婚したい発展途上国の人は少なくありません。

 

また、諸外国の中には、結婚していても在住ビザがなかなか取得できないこともあります。そもそも、結婚手続きがなかなか進まずに、大変なこともたくさんありますよね。

 

そして、子どもができた時には、どちらの国籍にするかで揉めることもあります。日本は22歳になる時に国籍を選択すれば良いとしていますが、二重国籍を認めている国、一切認めていない国といろいろあります。

 

国際結婚は国籍、諸手続き、ビザなどで、いろいろ面倒で大変で、時間がかかることが多いんです。

 

 

子どもの教育に関する問題

 

国際結婚では、子どもの教育問題があります。国際結婚だと、どちらの国の教育制度で教育を受けさせるべきなのかという問題が発生します。

 

住んでいる国の教育水準が低い場合、日本式の教育を受けさせたいと思うものですよね。また、日本語をきちんと話せるようになってほしいとも思うと思います。

 

でも、あなたの相手は、自分の国の教育を受けさせて、自分の国の言葉を話せるようになってほしいと思うものです。

 

どういう教育をするのが一番子供のためになるのか?国際結婚をしたカップルは、いろいろ悩みながら子どもの教育を考えているんです。

 

 

周囲の偏見がある

 

国際結婚で大変なことは、周囲の偏見があることです。

 

発展途上国の人と結婚した場合、「騙されているんじゃないの?」と思われることがあります。

 

先進国の人と結婚したら、そのような偏見はありませんが、「外国人」というだけで受け付けないという人もいます。高齢者に多いですね。

 

逆に、あなたが相手の国に住んでも、その国の人たちから偏見の目で見られることは少なくありません。

 

国際結婚は周囲から偏見の目で見られても、我慢しなければいけません。

 

 

国際結婚をした芸能人10人

続いて、国際結婚をした芸能人をご紹介します。芸能界にも、国際結婚をした人はたくさんいるんですよ。

 

 

ディーン・フジオカさん

出典:twitter.com

 

国際結婚をした芸能人、1人目はディーン・フジオカさんです。2015年にNHKの朝ドラ「あさが来た」で大ブレイクしたディーン・フジオカさんの奥様は、中国系インドネシア人です。

 

2012年にご結婚されて、2013年には双子のお子さんが生まれていて、2017年には第三子も誕生しています。

 

 

寺島しのぶさん

出典:twitter.com

 

国際結婚をした芸能人、2人目は寺島しのぶさんです。寺島しのぶさんは、2007年にユダヤ系フランス人のローラン・グナシアさんとご結婚されています。

 

お子さんは、初のハーフの歌舞伎役者として注目を集めていますよね。

 

 

宇多田ヒカルさん

出典:twitter.com

 

宇多田ヒカルさんも国際結婚をしていた芸能人の1人ですね。2014年2月にイタリア人の男性とご結婚されて、2015年7月には第一子が誕生しています。

 

現在は離婚されていますが、アメリカ生まれ・アメリカ育ちの宇多田ヒカルさんにとっては、普通の日本人よりも国際結婚のハードルは低そうですね。

 

 

岩井志麻子さん

出典:twitter.com

 

国際結婚をした芸能人、次は作家でタレントの岩井志麻子さんです。2008年3月に、18歳年下の韓国人男性と結婚したことを発表しています。

 

18歳年下の男性と国際結婚。とてもパワフルですよね。

 

 

関根麻里さん・Kさん夫妻

出典:twitter.com

 

タレントの関根麻里さんも、国際結婚をした芸能人です。関根麻里さんは2014年に韓国人歌手のKさんと御結婚されています。

 

 

ジョンレノンさん・オノヨーコさん夫妻

出典:twitter.com

 

ジョンレノンさんとオノヨーコさん夫妻も、国際結婚カップルですね。ジョンレノンさんとオノヨーコさんは、1966年に出会い、1969年に御結婚されています。

 

 

川崎麻世さん・カイヤさん夫妻

出典:zakzak.co.jp

 

川崎麻世さんとカイヤさん夫妻も、国際結婚の芸能人ですね。川崎麻世さんは1990年にアメリカ人のカイヤさんとご結婚されています。

 

不倫をしたり、別居をしたりしているのに、なぜか離婚しない不思議な夫婦ですよね。この夫婦を見ていると、夫婦には色々な形があるのだとしみじみ思います。

 

 

 

後藤久美子さん・ジャンアレジさん夫妻

出典:officiallyjd.com

 

後藤久美子さんも、国際結婚した芸能人です。ご存知の通り、後藤久美子さんは元F1レーサーでフランス人のジャンアレジさんと御結婚されています。

 

正式には事実婚状態なので、正式な婚姻手続きをしたわけではありませんが、1995年から交際を続けて、3人のお子さんに恵まれています。

 

 

佐藤江梨子さん

出典:parismag.jp

 

国際結婚した芸能人、9人目は女優でタレントの佐藤江梨子さんです。佐藤江梨子さんは、2015年にブラジル人男性とご結婚されています。

 

 

 

蝶野正洋さん

出典:lineblog.me

 

蝶野正洋さんも、国際結婚している芸能人の1人です。蝶野正洋さんは1991年にドイツ人女性とご結婚されています。2人のお子さんにも恵まれ、いまだにラブラブなご夫婦の様ですよ。

 

 

国際結婚についてのまとめ

・国際結婚をする日本人の割合は「3.3%」(平成27年度)


・相手国1位「中国人や韓国・朝鮮人」


・国際結婚の65%は離婚している


・国際結婚で大変なこと&起こりやすい問題
「言葉の壁がある」「宗教・文化的な違いがある」「食習慣の違いに戸惑う」「家族や親戚づきあいの違い」「金銭面のクオル」「里帰りだけで大出費」「ビザや子供の国籍問題」「子供の教育の問題」「周囲の偏見がある」

国際結婚する日本人の割合や離婚率、国際結婚で大変なことや起こりやすい問題、国際結婚した芸能人をまとめましたが、いかがでしたか?

 

国際結婚に憧れている人は多いと思いますが、現実は意外と大変です。それでも、色々な苦難を乗り越えつつ、2人で頑張れば、ずっとラブラブでいることができますよ!

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

両想いの雰囲気あるある!11のサインと確かめる5つの方法まとめ

プロポーズのタイミング・場所・言葉!成功のための6つのこと総まとめ

付き合う前に手を繋ぐ男性の心理と6つのタイミング【本気か遊びかを見極めよ!】

デキ婚する女の5つの特徴!入籍のタイミングはいつかも総まとめ

A型男性の6つの性格の特徴や恋愛傾向&落とし方7つ【相性の良い血液型も紹介】

既婚者の上司を好きに…対処方法&振り向かせる方法や恋愛の注意点まとめ

お見合いアプリ&サイト5選まとめ【タイプ別のおすすめ】

別れ話はLINE?直接話し合い?切り出し方の例文と注意点まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

永野芽郁の子役時代がかわいい!今は鼻がかわいくない?画像まとめ

後藤真希の旦那と子供&現在まとめ!結婚相手との間に娘と息子が1人ずつ

河西智美の性病疑惑の真相!ファンの反応やこれまでの問題児っぷりも紹介

藤崎奈々子の病気・チョコレート嚢胞の症状や原因&現在まとめ

ヒモ男と噂の芸能人TOP10!恋人や奥さんの収入で生活

保田圭の車がベンツで炎上|旦那の愛車の乗り換えまとめ

水沢アリーの顔の整形!昔と現在の画像まとめ|目・鼻・顎が変わりすぎと話題

安藤サクラはブサイクで障害あり?噂の真相を検証

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

自力で二重まぶたにする方法まとめ!5つのステップで遺伝に打ち勝つ!

ニキビの芯を出す・潰す方法まとめ【皮膚科で潰した方が安全】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す