結婚式の服装のマナーとおすすめのドレスまとめ【和装/洋装】

結婚式にお呼ばれした場合、どんな服装で行けば良いのか、どんなドレスだとマナー違反になるのか、いまいちよくわからないという女性は多いと思います。

 

せっかく招待してもらった結婚式や披露宴で、マナー違反にならないためにも、結婚式にふさわしい服装やNGの服装を確認しておきましょう。

結婚式のNGの服装やドレスをチェック

まずは、結婚式や披露宴にお呼ばれした時のマナー違反になる服装やドレスをチェックしておきましょう。どんなにかわいいドレスでも、マナー違反であれば、それは結婚式にはふさわしくない服装になります。

 

結婚式や披露宴の服装は、意外とたくさんのNG項目がありますので、どんなドレスが良いかを選ぶ前に、まずは結婚式の服装のマナーとNG項目を確認しておきましょう。

 

 

白のドレスはNG!

 

結婚式の服装で、一番NGなのは白のドレスを着ることです。結婚式や披露宴において、白のドレスは主役である花嫁のためのものです。

 

招待客・参列客が来て良い色ではありません。ウェディングドレスの色、花嫁のドレスの色である白のドレスを着て参列したら、間違いなく周囲の人からひそひそと「何?あの非常識な女性…」と言われてしまいます。

 

または、「以前は花嫁の恋敵で、新郎に振られた経験でもあるのかしら?嫌がらせのために、参列したのかしら?」とあらぬ疑いをかけられる可能性もあります。

 

だから、結婚式の服装は白のドレスは絶対にNGなのです。

 

 

全身真っ黒もダメ

 

結婚式のドレスを選ぶ時に、無難に黒のドレスにしようと思っている人もいるかもしれません。黒は落ち着いて見えますし、引き締め効果もあるので、人気の色ではあります。

 

ただ、全身真っ黒にならないように気を付けましょう。全身真っ黒の服装をすると、「お葬式」や「喪服」をイメージさせるので、お祝いの席の結婚式にはふさわしくありません。

 

もし、黒のドレスを選ぶ時にはボレロや小物は明るめの色を選ぶようにしてください。そうすれば、黒のドレスを選んでもOKです。

 

 

毛皮は避ける

 

結婚式では、毛皮の服装はNGです。毛皮は「殺生」をイメージさせるので、おめでたい席の結婚式にはふさわしくないのです。

 

ボレロやバッグなどで毛皮が付いているものは避けましょう。フェイクファーだとしても、毛皮をイメージさせるので、避けたほうが無難です。

 

 

チャイナドレスなどの民族衣装は避けて

 

結婚式でのNGの服装、4つ目は民族衣装です。その国では正装とされる民族衣装でも、日本では「コスプレ」のように思われることがありますし、日本では正装とみなされないものが多いです。

 

だから、結婚式ではチャイナドレス(中国)やアオザイ(ベトナム)などの民族衣装を着るのは避けたほうが良いでしょう。日本で正装とみなされるのは和装と洋装のみになります。

 

 

露出が多いのもダメ

 

結婚式の服装は露出が多いものは、マナー違反とされています。肩出しをしていたり、ミニスカートだったりですね。肌の露出が多いドレスは、フォーマルな場にふさわしくありません。

 

夜に行われる結婚式の二次会だったら、露出が多いものもOKですが、昼間に行われる結婚式や披露宴は、肩は出さないデザイン、もしくはボレロを着るようにする。スカート丈は膝丈にするようにしてください。

 

 

結婚式の服装は靴や小物も注意して

結婚式の服装を考える時には、ドレスだけではなく靴や小物にも気を使わなければいけません。靴や小物も含めてファッションになります。そして、靴や小物にも意外とNGのものやマナー違反の項目が多いんです。

 

 

サンダルはダメ

 

結婚式の服装では、サンダルやミュールはNGです。サンダルやミュールはかわいいですが、ちょっとカジュアルすぎるので、結婚式にはふさわしくありません。つま先が隠れていて、踵があるパンプスが良いです。

 

もちろん、スニーカーはダメですし、ブーツもカジュアルすぎるので、結婚式の服装にはNGですから注意してください。

 

そして、パンプスでもぺったんこの靴はNGです。ヒールが5センチ以上あって、ヒールが細めのパンプスを選ぶようにしてください。

 

 

アニマル柄も良くありません。

 

結婚式の服装を選ぶ時には、アニマル柄は避けましょう。アニマル柄のパンプスやバッグなどがありますが、結婚式の時には避けましょう。

 

アニマル柄の服は、毛皮と同様に「殺生」のイメージがありますので、結婚式の時に身につけるのはマナー違反になるのです。

 

 

昼間はキラキラ系のアクセサリーは避ける

 

結婚式や披露宴は、昼間に行われることが多いですが、昼間の結婚式や披露宴の場合、アクセサリーはキラキラ系は避けましょう。

 

光物のキラキラ系のアクセサリーは、昼間は反射してしまいますし、過度にキラキラして派手さが目立つので、マナー違反とまでは言いませんが、避けたほうが無難です。

 

昼間の結婚式や披露宴では、パールなど落ち着いたアクセサリーをつけることをおすすめします。また、プラチナやゴールドでもシンプルなものなら、昼間の結婚式や披露宴でもOKです。

 

要は派手過ぎないことが、結婚式の服装のアクセサリーを選ぶ時には重要なのです。

 

 

黒のストッキングもやめよう

 

結婚式の服装は、黒のストッキングは止めましょう。いくらドレスが明るめの色でも、黒のストッキングをはいてしまうと、「喪服」のイメージがついてしまうので、お祝いの場である結婚式にはふさわしくありません。

 

また、カラータイツは結婚式にはカジュアルすぎるので、NGです。素足ももちろんNGです。だから、結婚式や披露宴はベージュのストッキングをはくようにしましょう。

 

どんなドレスでも、結婚式や披露宴は必ずベージュのストッキングをはくようにしてくださいね。

 

 

結婚式におすすめのドレスや服装

結婚式の服装のマナーやNG項目がわかったところで、次は結婚式におすすめの服装やドレスを見ていきましょう。

 

マナーやNG項目がわかっても、「結局のところ、どんなドレスを着れば良いの?」と思う人もいますよね。

 

こんなドレスや服装をしておけば、間違いない!というおすすめのドレスや服装をご紹介します。

 

 

ボレロ+ワンピースドレス

結婚式の服装でオススメなのは、ボレロ+ワンピースドレスです。ワンピースドレスにボレロを羽織ることで、肌を隠すことができます。また、ワンピースが黒でも、ボレロを明るい色にすれば、全体的に明るい雰囲気になるのでおすすめなんです。

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

ボレロは二の腕を隠すことができますし、華やかで上品なイメージになりますので、おすすめですよ。

 

また、シンプルなデザインのドレスでも、ボレロを変えることで、かわいらしいイメージや上品なイメージ、エレガントなイメージといろいろなイメージになるので、ドレスの着回しにも役立ちますね。

 

 

袖ありの上品ドレス

結婚式におすすめのドレス、次は袖ありの上品なドレスです。ノースリーブではなく、袖があるドレスは上品さをアピールできます。

 

また、ボレロは若々しいイメージがありますので、30代以上の女性はボレロよりも袖ありの上品なドレスを選んだほうが、年齢相応の雰囲気になることができます。

 

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

こちらはシンプルな袖ありのドレスですね。シンプルですが、袖がレースになっていることで華やかさが出ていますし、画像のようにパールのアクセサリーやバッグでアクセントをつけると良いですね。

 

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

このドレスはフリルの袖になっているので、上品さがありますね。また、このようなフリルの袖だと、二の腕をしっかり隠せますので、二の腕が太いことに悩んでいる人にもおすすめのデザインです。

 

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

このようなデザインのドレスも「袖あり」とは違い、ケープのような感じですが、上品に見えますね。

 

 

振袖や訪問着

結婚式におすすめの服装、最後は和装です。どんなドレスにしようか決められないというなら、和装を選んでおけば間違いありません。独身の人は振袖か訪問着、既婚の女性は訪問着を着ることになります。

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

出典:item.rakuten.co.jp

 

着物は買うと高いですが、レンタルをすれば、そこまで高くありません。1万円前後からレンタル可能です。また、和装ならマナー違反になることもないので、おすすめなんです。

 

ただ、振袖の中には大振袖と中振袖、小振袖と種類があり、大振袖は披露宴で新婦が着ることがあります。その場合、新婦と被ってしまうことがありますので、あらかじめ新婦に振袖を着るかどうかを確認しましょう。

 

もし、新婦が振袖を着るなら、独身でも訪問着にしておいたほうが無難だと思います。

 

 

まとめ

結婚式の服装のマナーやNG項目、おすすめの服装やドレスなどをまとめました。結婚式にマナー違反の服装をしてしまうと、あなたが恥をかくだけでなく、結婚式や披露宴自体を台無しにしてしまう可能性があります。

 

だから、結婚式や披露宴に招待されたら、その場にふさわしい服装をするように心がけるようにしましょうね。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

婚約・結婚指輪の相場と人気ブランド8選!選ぶ5つのポイントも徹底紹介

デキ婚する女の5つの特徴!入籍のタイミングはいつかも総まとめ

結婚式の招待状の返信時期や書き方のマナー&メッセージの例文まとめ

友達への結婚祝い!プレゼント相場や人気ランキングを大公開!

結婚記念日の数え方とメッセージ&おすすめプレゼントまとめ!銀婚式や金婚式だけじゃない!

結婚式の髪型のマナー&長さ別のおすすめヘアアレンジまとめ【美容院でアレンジするのもあり】

結婚式や披露宴の平均費用の相場&かかるお金まとめ【ご祝儀で自己負担は減る?】

実家暮らしの女は結婚できない理由!何歳までOKなのかも徹底解説

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

結婚式や披露宴の平均費用の相場&かかるお金まとめ【ご祝儀で自己負担は減る?】

一重に合うアイシャドウの色と塗り方&人気おすすめ商品7選まとめ

クチャラーに殺意?3つの原因と5つの治し方・注意のポイントまとめ

乳液ランキングおすすめ40選!年代別TOP8と選び方まとめ【最新版】

人気のカラコン20選!年代別おすすめランキングTOP5【10代・ 20代・30代・40代】

街コンの女性の服装|6つのNGとおすすめコーデ全21パターンを紹介

女性の筋トレ50選!1週間のメニュー&自宅での自重まとめ【初心者向け】

アラサー女性のファッションブランドおすすめTOP10【最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

菜々緒は整形?昔のすっぴん&現在の顔の画像比較で検証!

正しい姿勢の作り方まとめ!立ち方と座り方の動画&6つのメリットも徹底解説!

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す