【女性】FAGAの育毛剤の選び方とおすすめ3選!年代別の選び方も紹介

薄毛に悩んでいる女性は多いと思います。薄毛は男性だけのものではなく、女性も薄毛になるんです。女性の薄毛はFAGAと言います。

 

FAGAで悩んでいる女性のために、育毛剤の選び方やおすすめのFAGA用の育毛剤をご紹介します。女性の薄毛は諦めてはいけません。育毛剤を使えば、またきれいな髪の毛が生えて来るはずです!

FAGAとは?

女性の薄毛は、FAGAと言います。FAGA用の育毛剤を選ぶ前に、まずはFAGAの基礎知識や原因などを知っておきましょう。

 

それを知らないと、どんな育毛剤を選ぶべきかが見えてきませんよね。

 

 

FAGAとは女性の薄毛

 

FAGAとは、「Female Androgenetic Alopecia」の略で、日本語に訳すと女性男性型脱毛症です。男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)と言いますが、女性の薄毛であるFAGAとは区別されています。

 

男性の薄毛は頭頂部や前髪の生え際など一部分の髪の毛が薄くなることが多いですが、女性の薄毛は、一部分ではなく、全体が薄くなることが特徴です。

 

全体が少しずつ薄くなるので、FAGAはなかなか気づかないことが多く、気づいた時にはFAGAがだいぶ進行してしまっていることが多いんです。

 

 

FAGAの原因

 

FAGAはなぜ起こるのか、その原因を知っておきましょう。FAGAの原因を知ることが、育毛剤を選ぶ時の参考になるのです。

 

FAGAは主に次の2つが原因になっています。

 

・ホルモンバランスの乱れ
・頭皮環境の悪化

 

 

■ホルモンバランスの乱れ

女性のFAGAはホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが多くなることが主原因になります。

 

そもそもFAGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生して起こります。

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長期を短くしてしまう作用があるので、髪の毛が薄くなってしまうのです。

 

 

つまり、体内でホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが優位になってしまうと、FAGAの直接的な原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が増えてしまうので、薄毛が進行しやすくなるのです。

 

ホルモンバランスが乱れる原因には、次のようなものがあります。

 

・加齢
・ストレス
・不規則な生活習慣
・生活環境の変化
・無理なダイエット
・冷え性
 
これらの原因で、ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増えてしまうので、FAGAが起こる可能性があります。

 

 

■頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪化することでも、FAGAは進行します。頭皮が汚い、頭皮の血行が悪く、髪の毛を生やすのに十分な酸素や栄養が送られないなど、髪の毛が生えにくい頭皮環境になってしまうと、髪の毛は生えてきにくくなりますし、抜けやすくなります。

 

頭皮環境は、直接的にFAGAの原因になるわけではありませんが、間接的な原因になりますし、FAGAを進行させるものです。

 

頭皮環境が悪化する原因には、次のようなものがあります。

 

・ストレス
・不規則な生活習慣
・偏った食生活(栄養不足)
・無理なダイエット
・冷え性
・貧血
・間違ったヘアケア

 

これらを見てわかると思いますが、ホルモンバランスの乱れと頭皮環境の悪化の原因は、共通している部分が多いです。

 

だから、ホルモンバランスが乱れると同時に頭皮環境が悪化することが多く、女性の薄毛はどんどん悪化してしまうことがあります。

 

 

FAGAの育毛剤の選び方3つのポイント

FAGAに悩んでいる女性は、育毛剤を使うことで、また髪の毛が生えてきて、豊かでつややかな髪の毛に戻ることがあります。

 

だから、まずはFAGAに悩んでいるなら、育毛剤を使ってみましょう。最近は、女性用の育毛剤がたくさん出ていますので、どれを選べば良いかわからないと思います。

 

FAGAの育毛剤を選ぶ時のポイントを3つご紹介します。

 

 

女性用の育毛剤かどうか

 

まずは、女性用の育毛剤かどうかを確認しましょう。育毛剤には、男性用と女性用の育毛剤があります。

 

男性用の育毛剤は、とにかく男性ホルモンを抑制するタイプが多いですが、女性用の育毛剤は男性ホルモンの抑制よりも、栄養補給や血行促進などを重点を置いているので、女性のFAGAにより効果が出るようにしているのです。

 

そのため、FAGAの育毛剤を選ぶ時には、必ず女性用の育毛剤の中から選んで下さい。

 

 

医薬品かどうか

 

次に、医薬品かどうかをチェックしましょう。医薬品は「薬」ですので、医薬品の育毛剤は、女性のFAGAに効果があると厚生労働省がお墨付きを与えたものです。

 

つまり、医薬品の育毛剤は、それだけ効果が高く、FAGAの改善が期待できることになるのです。

 

医薬品の女性用育毛剤に含まれるミノキシジルやパントスチンです。ミノキシジルは市販の育毛剤に配合されていますが、パントスチンは日本では市販されていないので、自己責任で個人輸入業者から購入することになります。

 

医薬品の育毛剤よりもやや効果が落ちるのが、医薬部外品の育毛剤です。医薬部外品は治療効果はないものの、予防や改善が期待できると厚生労働省が認めているものですね。医薬部外品の女性用の育毛剤はたくさんあります。

 

FAGAの治療効果を考えると、医薬品>>>医薬部外品です。ただ、医薬品は副作用があることがあるので、安全性で言えば、医薬部外品>医薬品になります。

 

ただ、市販されている医薬品の育毛剤は、そこまで重篤な副作用が出ることはないので、正しく使えば、それほど副作用を心配する必要はないでしょう。本気でFAGAを治したいなら、医薬品の育毛剤を選んだほうが良いと思います。

 

 

無理なく使い続けられる価格か

 

女性用の育毛剤を選び方の3つ目は、無理なく使い続けられるかです。育毛剤は、決して安いものではありません。むしろ、高いと感じる人が多いと思います。

 

そして、育毛剤は使い始めてすぐに効果が出るものではありません。髪の毛のヘアサイクルは、2~6年周期であり、髪の毛が生えてくる準備期間である休止期は数ヶ月になります。

 

つまり、最低でも数ヶ月は使い続けないと、「髪の毛が生えてきた・増えた」という実感はわかないんです。

 

実感がわくためには、できれば半年は続けたいところです。そして、髪の毛が生えてきたからといって、そこで育毛剤を使うのをパタッと止めてしまうと、またFAGAが進行してしまうことがあります。

 

だから、育毛剤を選ぶ時には、無理なく使い続けられる価格かどうかを重視しなければいけないのです。

 

 

年齢に合った女性用の育毛剤の選び方

女性がFAGAの育毛剤を選ぶ時には、年齢に合った育毛剤を選ぶのも良いと思います。年齢に合ったものを選ぶと、さらに高い育毛効果を期待することができるのです。

 

 

20~30代の育毛剤の選び方

 

まずは、20~30代の女性の育毛剤の選び方です。20~30代の女性は、ホルモンバランスよりも頭皮環境の改善を重視して、育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

20~30代の女性は、過度なダイエットやストレス、不規則な生活などが原因で、FAGAが進行している可能性が高いです。

 

だから、頭皮に必要な栄養を補給して、髪の毛が生えてきやすい頭皮環境を作ると、FAGAが改善することが多いのです。

 

もちろん、育毛剤を使うのと同時に、次のようなことにも注意してください。

 

・無理なダイエットはしない
・ストレスはこまめに発散する
・規則正しい生活を心がける
・栄養のバランスが取れた食事を摂る
 

頭皮環境を改善できる育毛剤を使い、さらに生活習慣を改善することで、FAGAを治すことができるはずです。

 

 

40代以上の育毛剤の選び方

 

40代以上でFAGAに悩んでいる人は、医薬品でFAGAをしっかり治療できたり、ホルモンバランスを整える効果が高い育毛剤を選びましょう。

 

40代以上になると、更年期に入りますので、女性ホルモンの分泌量が減り、相対的に男性ホルモンの量が多くなり、それが原因でFAGAが進行している可能性が高いです。

 

そのため、ミノキシジルが配合されている医薬品でFAGAをしっかり治療したり、ホルモンバランスを整えるような効果がある育毛剤を選ぶと、FAGAを治すことができると思います。

 

 

FAGAの育毛剤のおすすめ3選!

FAGAを治す育毛剤の選び方をご紹介しましたが、次は具体的におすすめの育毛剤をご紹介します。今からご紹介する育毛剤は、FAGAに効果が高くお勧めのものであることは、間違いないのですが、効果には個人差がありますので、その点は注意してください。

 

どんな育毛剤にも、人によって「合う合わない」があるので、選ぶ時の参考にして、自分に合った育毛剤を見つけてくださいね。

 

 

リアップリジェンヌ

出典:taisho.co.jp

 

おすすめのFAGA育毛剤の1つ目は、リアップリジェンヌです。リアップリジェンヌは、日本で市販されている唯一の医薬品の育毛剤です。

 

リアップリジェンヌにはミノキシジルという成分が含まれています。このミノキシジルは、AGA・FAGAによる薄毛に対しての発毛効果が認められているんです。

 

リアップリジェンヌは、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(脱け毛)進行予防」を効能・効果に持つ女性用発毛剤(第1類医薬品)です。 すでに90ヵ国で使われている有効成分ミノキシジルが、髪の深部に働きかけ、髪に生み出す力を与えます。

 

引用:製品情報 | リアップリジェンヌ | 抜け毛、薄毛に悩む女性のための発毛剤 | 大正製薬

 

だから、本気でFAGAを治したいと思っている人は、リアップリジェンヌを使うことをおすすめします。特に、FAGAの進行が進みやすい40代以上の女性におすすめです。

 

 

ベルタ育毛剤

出典:belta-shop.jp

 

おすすめのFAGAの育毛剤、2つ目はベルタ育毛剤です。ベルタ育毛剤は、20~30代の女性におすすめです。

 

ベルタ育毛剤は、頭皮環境が悪化したことで、FAGAになっている人に効果が高いんです。ベルタ育毛剤は育毛成分を1000分の1にナノ化したことで、頭皮に浸透しやすくしているのです。

 

また、頭皮ケアに有効な成分を56種類も配合しているので、頭皮環境を改善するにはピッタリの育毛剤です。

 

化粧水のような上品でかわいいデザインも嬉しいですね。

 

 

マイナチュレ

出典:my-nature.jp

 

おすすめのFAGAの育毛剤の3つ目は、マイナチュレです。マイナチュレは、ホルモンバランスを整えてくれる作用がありますので、40代以上の女性にもおすすめですし、頭皮環境を整える効果があるので、20~30代の女性にもおすすめの育毛剤です。

 

マイナチュレには、オウゴンエキスという漢方の成分が含まれています。このオウゴンエキスは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを抑制する効果があるので、FAGAの進行を止めてくれるんです。

 

また、育毛効果があるとされる天然成分や髪の毛を生やすために必要なアミノ酸もたっぷり含まれているので、FAGAに悩んでいる女性にはおすすめなんです。

 

 

まとめ

FAGAの基礎知識や原因、育毛剤の選び方、おすすめの育毛剤をまとめましたが、いかがでしたか?FAGAに悩んでいる女性はあなただけではありません。

 

FAGAは進行する前に早めに育毛剤を使ったり、生活習慣を変えるなどの対処をすれば、進行を止めることができますので、薄毛に悩んでいるなら、早めに育毛剤を使いましょう。

 

また、育毛剤を使っても、あまり思ったような効果が得られない時には、FAGAの治療をしているクリニックを受診するのも良いと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

女性用の育毛剤|抜け毛に効果的な育毛剤5選&選び方のポイントまとめ

女性用育毛剤15選とおすすめランキング最新版!選び方5つのポイントも徹底解説

女性用育毛剤の選び方|市販の人気5選&おすすめネット商品5選まとめ!口コミあり

育毛剤の種類と効果&副作用を徹底解説!危険が少ない8つの育毛剤も紹介

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ダイエットでハゲる!?抜け毛の対策&薄毛になる5つの理由まとめ

いい匂いのボディクリーム!おすすめ人気ランキング35選【高級編&プチプラ編】

室内ジャングルジムおすすめ20選!人気ランキングと選び方【最新版】

着圧レギンスおすすめランキングTOP20!選び方&足が細くなる理由3つも解説

今治タオルのおすすめ22選!人気ランキングと選び方【最新版】

手袋のレディース人気ブランド25選と選び方!コーデも総まとめ【最新版】

女性用育毛剤15選とおすすめランキング最新版!選び方5つのポイントも徹底解説

ぽっちゃり女子の体型の基準!服のコーデ5つの選び方も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

低身長女性に似合うファッション!2つの基本と9つのポイントまとめ

踏み台昇降の効果と消費カロリー!ダイエット方法や痩せない時の4つのポイントまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す