いじめられる子供の性格や原因は?4つの対策や仕返し方法をご紹介します

いじめられる子供は、環境を変えてもいじめられてしまうということが珍しくないようです。

 

今回はいじめられる子供の性格や原因、いじめの内容などについてご紹介します。対策と仕返し方法も覚えておくと良いかもしれません。

いじめられる子供の性格4種

いじめ1

 

まずはいじめられる子供の性格について見ていきましょう。いじめられる子供にはやはり共通の性格があるようで、ネットでたくさん情報が見つかりましたよ。共通する基本的な性格をご紹介します。

 

目立つ

何もしなくても、ぱっと見て目立ってしまう子供です。リーダーシップを発揮するとか、頭が良いとか、スポーツ万能だとか、そういう目立ち方ではなく、なんとなく目立ってしまう、群衆から浮くようなタイプのことです。

 

みんなと違うのは、どうしてもいじめの対象になりやすいでしょう。

 

気が弱い

気が弱すぎていじめても反逆してこないと思える子供です。また、おとなしすぎて無口な場合、無視していると勘違いされることもありますし、へらへらと気弱に笑っていると、舐められることになりかねません。

 

こいつには何をしても大丈夫だ、と思われたらエスカレートする一方と言えるでしょう。

 

真面目すぎる

真面目な子は、ちょっとしたことでも悩んでしまったり、言われたことをあれこれ気にしてしまうものです。また、融通が利かない、冗談が通じない、空気が読めない、暗い、と思われかねません。

 

いじめる側から見たら、かっこうのターゲットになりやすいでしょう。

 

周りと同じことができない

なぜか周りと同じ事ができない子供がいます。どうしても失敗してしまう、足を引っ張ってしまう、なぜか上手くいかない・・・。周囲に同調できないと、どうしても目をつけられやすく、いじめの対象になるでしょう。

 

 

 

いじめられる子供の原因

いじめ2

 

結局、いじめられる子供の原因というのは、周囲から浮てしまっていて目を付けられやすいタイプか、もしくは、いじめても気が弱くて反逆してこない、いじめた側が困らないタイプ、であると言えるでしょう。

 

子供のいじめはある種の本能的なモノで、自分より弱い人間、いじめやすい人間、いじめ勝ちできる人間を、敏感に察知して、獲物にしているわけです。大人と違って、複雑な利害関係は含まれません。

 

端的に、いじめて面白いか、いじめて気分がスッとするか、程度のことでいじめを行います。

 

このため、子供の人間性はまったく関係なく、獲物として好都合かどうかが優先されます。たったこれだけでジャッジするのですが、該当してしまう子供はどこでも該当するのですね。いじめられる子供は、まさにいじめるのに好都合のタイプと言えるでしょう。

 

 

 

いじめられる子供の内容

いじめ3

 

いじめられる子供の内容について見ていきましょう。小学生の場合は、一対一のトラブルが発端であることも多いのですが、中学生の場合は、ちょっと傾向が変わり、集団で個人を攻撃するようなものが多いです。

 

発端になるのは、些細なことで、いじめられる子供の原因にあるように、浮いている、気が弱い、を中心に、○○のせいで試合に負けたから、○○がサボって足をひっぱったから、○○がテストの点を自慢したから、とほぼ何にでも難癖を付けることができます。

 

いじめられる子供の側の問題と言うよりは、どちらかというと、いじめる側の都合の方が大きく、たまたまいじめる相手がいなかったから、むしゃくしゃしていたから、ちょうど獲物を探していたから、など、いじめられる側にとっては災難としか言い様がありません。

 

しかし、これがリアルな現実と言えるでしょう。

 

 

 

いじめられる子供の6つの理由

いじめ4

 

いじめられる子供の理由、すなわち、いじめる側の理由について見ていきましょう。いじめるにはいじめる側の身勝手な理由があるのです。ご紹介しましょう。

 

正義感

まわりと違う事をするタイプ、もしくは目立ってしまうタイプを見つけると、「こいつは集団を乱している」と感じるタイプもいます。そして、「自分がなんとかしなくては」と正義感からいじめを始めるケースもあるのです。

 

この場合、本人は正義感のため、罪悪感などまったくなく、むしろ意気揚々、自信満々にいじめることになります。いじめられる側から見たら最悪としか言い様がありません。

 

心の安定を保つため

不安を感じている場合、誰かをいじめることによって、心の安定を保つというモノがあります。抑圧された精神のぶつける先を求める行動と言えるでしょう。

 

たいへん自分本位な行動であり、本人は心の安定が見込めるかもしれませんが、いじめられる側はそれこそ犠牲としか言い様がないでしょう。

 

自分がいじめられないため

自分がいじめられないために、人をいじめる、というのもよくあるケースです。本当にいじめようともくろむのは数名ですが、その他大勢のギャラリーに、この心理が働きます。結果的に、集団によるいじめになります。

 

ストレス解消

非常に過度なストレスを感じていて、だれかに鬱憤をはらしたい、ストレスのはけ口を探している、と言うケースです。これもいじめられる側から見たら、災難としか言い様がないでしょう。

 

優越感

自分に劣等感がある場合、それをそらすために、他人を犠牲にするケースです。いじめることによって優越感を得て、周囲に力を誇示します。自分の劣等感も周囲に知られずに済むわけです。

 

家庭環境の問題

最後は家庭環境です。いじめをするのが当たりまえの家庭で育った場合、家庭外で同じ環境を再現します。どういう親に育てられたかは非常に大きいわけですね。

 

家庭では自分が親にいじめられているため、その分を他人にいじめ返します。親がやっている方法を、そっくりそのまま真似ることになります。

 

 

 

いじめられる子供ができる4つの対策

いじめ5

 

いじめられる子供の対策について見ていきましょう。悪循環から脱皮するのはなかなか大変ですが、対策的には4つ程度あります。ご紹介しましょう。

 

学校の先生に相談する

まずはド定番です。どんな先生かにもよりますが、とりあえずここから入るのが良いでしょう。大切なのは、いじめられていることをきちんと伝えておくことです。

 

すぐに解決しないとしても、報告は必須です。言わないでいると舐められてエスカレートするだけですので、きちんと言うようにしましょう。

 

クラスのキーマンに助けを求める

クラスにはたいてい中心人物がいます。もしもそんなキーマンが味方についてくれたら頼もしいですよね。この辺は、機会をみつけて、事前に親が、「なにかあったらお願いね」みたいに、接触しておくとよいです。ちょっとした保険ですね。

 

そのためには、だれがキーマンかを知っておく必要があるでしょう。

 

転校させる

いじめられてしまったら、距離を置くだけでなく、環境を変えるのも良い方法です。いっそのこと転校させてしまうのも選択肢の1つと言えるでしょう。子供に、「あなたのためなら何でもするわ」という姿勢を見せて安心させることもできます。

 

随時抵抗する

いじめられている側は深刻ですが、いじめている側は娯楽です。このため、どれだけ苦しんでいるかをほとんど分かっていません。大切なのは発言することです。嫌なら嫌と言わなくてはなりません。その都度、抵抗する、言う、ことが必要です。

 

 

 

いじめられる子供への4つの対処法

いじめ6

 

いじめられない子供へ育てる方法をご紹介しましょう。ちょっとしたことでずいぶん変わってくるので、知識は重要ですよ。ご紹介しましょう。

 

話しやすい環境にする

いじめられてしまった場合、なかなかそのことを親に言えないケースが多いです。子供なりにいろいろ考えてしまうのですね。ひとりで悩んで、最悪は自殺、と言うことになりかねません。なんでも話せるような環境を、日頃から作っておくことが大切です。

 

ポジティブに育てる

いじめられる子供は、いじめられると自分が悪いのではないかと考えがちです。本当はいじめている側が悪いのに、自己否定に走るのですね。このため、日頃から自己肯定できるようなポジティブさを身につけされることが大切です。

 

過保護にならない

過保護になると、場合によっては、ひとりで何もできない子供に育ってしまうこともあります。何もできずに周囲から浮いてしまうことも。いじめの原因になりかねないため、注意しましょう。

 

安心感を与える

日頃から、「あなたのためなら何でもするわ」という態度を示しておきましょう。孤立しても親だけは助けてくれる、という安心感は非常に有効です。子供がまったくの孤立状態になる、ということを防げるでしょう。

 

 

 

いじめられる子供を持つ親ができる5つの仕返し方法

いじめ7

 

子供がいじめられた場合、親ができる仕返しについて見ていきましょう。意外とたくさん方法があって、選び放題ですよ。親が徹底抗戦の構えを見せるのも有効と言えそうです。ご紹介しましょう。

 

担任教師を介して相手の親に謝罪させる

まずは担任教師ですよね。この場合、強い態度と決意で、相手の親の謝罪を求めるようにします。ここで弱気だと、うやむやにされたり、舐められたりする原因になります。

 

誰だって、面倒なことに手を出したくないため、逆に説得される羽目になりかねません。強気の態度と決意で挑みましょう。

 

上位機関に通報する

学校のもう1つ上の機関に通報するのも有効です。つまり教育委員会ですね。最近はネットで調べればすぐに見つかるので、接触するのはまったく難しくありません。

 

しかし、教育委員会であっても、面倒なことに巻き込まれたくない、というのは同じのため、ここでも強気の態度と決意が必要です。

 

議員に通報する

教育に力を入れている議員を探して通報する方法です。教師と教育委員会は仲間内のため、なかなか動かないケースもあり、そういう場合に有効な方法と言えるでしょう。基本は市議会議員です。

 

教育やいじめに関して活動をしている市議会議員を見つけて、窮状を訴えます。直接が無理な場合は、民生委員に頼むか、弁護士を通じて接触することになります。

 

警察へ通報する

暴力を受けた場合、モノを盗まれた場合、ネット上で悪口を書かれた場合、などは警察に通報しましょう。きちんと被害届を出しておき、対応を依頼しましょう。この辺をいい加減にすると、解決の道がなくなります。きちんと行うようにしましょう。

 

弁護士に相談する

弁護士に相談して、対策を練りましょう。ほとんどの場合、証拠を集めるように言われるでしょう。相談前から証拠収集に力を入れておくと良いです。また、金銭的な余裕がない場合は、法テラスなどを活用すると良いです。お金をかけなくても、法的ないじめ対策ができます。

 

 

 

いじめられる子供についての口コミ

いじめ8

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめられる子供には周囲のサポートも大切

01474e26b2ee04750bbafc6e414ea104_s

 

いかがでしたか?いじめはなかなか深刻のため、きちんと知識を付けておくにこしたことはありません。

 

未然に防げればそれが一番良いですが、そうもいきませんよね。全方位で対策を取ると良いでしょう。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

以上、いじめられる子供についてのおまとめでした。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

学校でのぼっちがつらい…7つの原因や対策・改善方法をご紹介します

いじめられやすい人の特徴6選!原因と内容・対策法も徹底紹介

オワハラの意味&事例と3つの対処法!企業が他社の内定辞退を迫る

実在!オタサーの姫「髪型・服・メイク・性格」の特徴16個まとめ

大学のアカハラの基準と事例!被害者にならない4つの対策まとめ

音信不通の友達が心配!連絡をしない5つの心理状態や3つの原因・8つの探す方法・対処法まとめ

不登校の定義と原因2つ!生徒の将来や復帰のタイミングも総まとめ

【甘え?】学校に行きたくない7つの理由や対処法まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

キャバ嬢がLINEを未読スルーする心理!冷たくなる10の理由と7つの対策

お腹周りの脂肪の原因と落とし方!運動と食事で内臓脂肪を減らす秘訣を徹底紹介

【子供】キッズ脱毛は効果ある?料金や口コミ&おすすめサロンまとめ

電子タバコの種類別おすすめランキング24選と口コミ!7つの選び方も総まとめ

実在!オタサーの姫「髪型・服・メイク・性格」の特徴16個まとめ

結婚できない男の特徴5つと原因・対処法まとめ【気持ち悪い?】

枝毛の種類と6つの原因&8つのケア・ 対処法まとめ

エラ張りの解消改善方法5選!なくすには整形で削るのが一番!?

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

寝て終わる休日はもったいない!暇な休みを有意義に過ごす8つの対処法

高梨沙羅の二重と鼻は整形?化粧効果?その真相とメイク方法まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す