脱毛が痛い原因と痛みの部位ランキング!7つの対策も総まとめ【痛くない施術もある!】

「脱毛をしたいけれど、痛いのが怖いし嫌」という女性は多いと思います。確かに、脱毛は痛いと聞きますよね。

 

脱毛の痛みが心配なあなたのために、脱毛が痛い原因と脱毛の種類別の痛みの強さ、脱毛の痛い部位のランキング、脱毛の痛みを和らげる対策などをまとめました。

 

痛みに弱いあなたも大丈夫!痛みを軽減したり、痛みを感じない状態で脱毛をすることができるんです!

脱毛が痛い原因

脱毛をすると痛いですよね。脱毛の痛みは、「輪ゴムではじかれたような痛み」と表現されることが多いです。

 

では、なぜ脱毛をすると痛いのか?脱毛の原因を考えていきましょう。

 

 

医療脱毛&光脱毛のメカニズム

美容クリニックで医療レーザー脱毛をする時も、脱毛サロンで光脱毛をする時も、「パチン」という痛みを感じます。

 

なぜ脱毛は痛いのか、その原因を考えるには、医療脱毛や光脱毛のメカニズムを理解する必要があります。

 

 

医療脱毛や光脱毛は、毛穴1つ1つにレーザーや光を照射します。そうすると、そのエネルギーは黒い毛に吸収されて、熱に変わり、その熱で毛根を破壊するのです。

 

医療脱毛や光脱毛は、レーザーや光を照射して毛根を破壊するので、脱毛をすることができるんですね。

 

 

脱毛は火傷をしているのと同じようなものだから痛い!

 

では、なぜ脱毛すると痛いのでしょうか?先ほど、レーザーや光を照射すると、それが熱に変わるとお話しました。

 

その熱で毛根を破壊するんでしたよね。これって、つまり火傷をしているのと同じような状態なんです。熱で組織を破壊する。まさに、やけどと同じです。

 

脱毛で痛みを感じる理由は、レーザーを照射したときに毛根周辺の皮膚にもダメージが及び火傷してしまうためです。

 

引用:医療脱毛、もう痛くない!痛みの理由や対策方法について|横浜の美容皮膚科メアリクリニック

 

レーザーや光は毛根に集中的に照射しますが、熱を帯びると、毛根の周囲の皮膚にまで熱が伝わりますので、どうしても毛根周囲の皮膚が火傷してしまうんですね。

 

ただ、一点集中の火傷であり、痛いですが、治療が必要なほどの火傷ではありませんので、痛みはレーザー(光)を照射した一瞬だけ感じて、痛みはすぐに引いていくのが普通です。

 

 

種類別の脱毛の痛みの強さと痛い部位ランキング

脱毛が痛いのは、そのメカニズム的に仕方がないことです。ただ、どの脱毛でも同じくらい痛いというわけではありませんし、全身のどの部位の脱毛をしても同じくらい痛いというわけでもありません。

 

脱毛の痛みは、脱毛の種類によって違いますし、どのくらい痛いのかも部位によって異なります。

 

 

脱毛の種類別の痛みの強さランキング

 

まずは、脱毛の種類別の痛みの強さをランキング形式で見ていきましょう。

 

一般的に、脱毛の種類は次の3つがあります。

 

脱毛の種類

1.レーザー脱毛(医療脱毛)
2.光脱毛
3.ニードル脱毛

レーザー脱毛はクリニックで行う一般的な脱毛で、光脱毛は脱毛サロンで行う脱毛ですね。

 

ニードル脱毛は、クリニックで行う脱毛で針を毛穴1つ1つに刺して、そこに電流を流すことで、脱毛をする方法です。

 

では、この3種類の脱毛の中で、どれが一番痛いのかをランキングでご紹介します。

第1位 ニードル脱毛
第2位 レーザー脱毛
第3位 光脱毛

ニードル脱毛が一番痛いのは、言うまでもありませんね。針を刺して電流を流すのですから、痛いのも当然です。

 

次に痛いのは、レーザー脱毛です。レーザー脱毛は医師がいるクリニックでしか扱えないくらい、レーザーの出力が高いので、脱毛効果は大きいですが、その分痛いです。

 

そして、第3位が光脱毛です。光脱毛は医師がいない脱毛サロン・エステサロンでも扱えますし、自宅で自分で施術を行うことができます。

 

それだけレーザーの出力は弱いんです。ただ、痛みが全くないというわけではなく、それなりに痛いです。また、脱毛効果は弱めなので、永久脱毛をすることはできません。

 

 

脱毛の痛い部位ランキング

 

次に、部位別の脱毛の痛みランキングを見ていきましょう。脱毛の部位によって、痛さは違ってくるんです。

 

第1位 VIO(特にVとI)
第2位 鼻の下
第3位 手や足の指
第4位 膝
第5位 わきの下

 

脱毛で痛みが強くなる条件は次の5つがあります。

 

脱毛の痛みが強くなる条件

・毛が太い
・肌が敏感な部位
・産毛の部位
・皮膚が薄い部位
・色素沈着が起こっている部位

ムダ毛が太い部位は、レーザーが強く反応して、熱が強くなるので、痛みが強くなります。また、色素沈着が起こっている部位も、皮膚が黒っぽくなっていて、そこにレーザーが反応しやすくなりますので、痛いことが多いですね。

 

肌が敏感な部位は、痛みを感じやすいですし、皮膚が薄く骨や関節に近い部位だと、痛みがダイレクトに伝わりやすくなります。

 

そして、産毛は黒い色素が少ないため、レーザーや光が反応しにくく、エネルギー出力を最大にしないと、脱毛効果が得られません。

 

だから、産毛を脱毛しようとすると、痛みが強くなるのです。

 

この5つの条件を考慮して、脱毛が痛い部位をランキングにすると、先ほどご紹介したように、第1位はVIO(特にVI)、第2位が鼻の下、第3位が手や足の指、第4位が膝、第5位がわきの下になるんですね。

 

もちろん、痛みの感じ方は人それぞれですし、色素沈着している部位は、人によって違いますので、必ずこの順位通りで痛いというわけではないので、あくまで参考程度にしてください。

 

ただ、この5つの部位は、基本的に「痛い!」と考えて間違いないでしょう。

 

 

脱毛が痛い時の7つの対策

「脱毛をしたいけれど、痛いのが嫌だから、なかなか脱毛に踏み切れない…」という女性は意外と多いですよね。

 

そんなあなたは、脱毛が痛い時の7つの対策を試してみましょう。そうすれば、「あれ、意外と痛くないじゃん!」と思えるはずですよ。

 

 

日焼けはしない!

 

脱毛が痛いのが嫌な人は、絶対に日焼けをしないようにしましょう。日焼けをすると、皮膚の中にメラニン色素が作られます。

 

そうすると、レーザ―が皮膚の中のメラニン色素に反応するので、痛みが強くなってしまうんです。また、日焼けをすると、肌が炎症を起こして、敏感な状態になります。そのため、痛みがさらに強くなるんですね。

 

だから、脱毛の施術を受けることになったら、その期間は絶対に日焼けをしないようにしましょう。

 

「絶対に紫外線を浴びない!メラニン色素を作らない!」という気持ちで、いつも以上に紫外線対策を頑張るようにしてください。

 

 

生理中は避ける

 

脱毛の施術は、生理中は避けましょう。生理中は、ホルモンバランスの関係でいつも以上に肌が敏感になっています。

 

今まで普通に使っていた基礎化粧品なのに、生理中にはなぜか「ピリピリして痛かった」という経験がある人も多いですよね。

 

あれは、生理中は肌が敏感になっているからです。肌が敏感になっていれば、当然脱毛の施術を受けた時には、いつも以上に「痛い!」と感じます。

 

だから、生理中に脱毛の施術を受けるのはやめておきましょう。もし、脱毛の予約した日が生理になっていたら、予約日をずらしてもらったほうが良いと思います。

 

 

肌の保湿をしておく

 

痛いのが苦手な人は、脱毛の施術の前から、しっかり肌の保湿をしておきましょう。肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下していますので、肌が敏感な状態になっています。

 

先ほども言った通り、肌が敏感になっていると、痛みを感じやすいので、脱毛の施術を受ける日には肌が万全な状態になっているように、しっかり保湿をしておく必要があります。

 

あなたの肌に合う保湿クリームを朝晩しっかり塗って、肌を健やかな状態に保つようにして下さいね。

 

 

しっかり冷やしてから施術を受ける

 

脱毛が痛いから不安に思っている人は、施術を受ける前にしっかり冷やしてもらうのも有効な対策です。

 

皮膚をしっかり冷やすと、痛覚がマヒしますので、痛みを感じにくくなります。また、冷やすことで、火傷による炎症を抑えられるので、さらに痛みが軽減されるのです。

 

一般的に、脱毛の施術前は冷却ジェルを塗ったり、冷却ガスを当てながら施術を行います。

 

痛いのが心配な人は、「痛いのが心配だから、しっかり冷やしてください」とお願いしておくと良いですよ。

 

 

医療脱毛の時は麻酔を使ってもらう

 

もし、あなたがクリニックで医療レーザー脱毛を行うなら、麻酔を使ってもらうのも良い対策の1つです。医療レーザー脱毛は、脱毛効果が高い分痛いです。

 

でも、クリニックには医師がいますので、麻酔を使ってもらうことができるんです。麻酔は塗るタイプのものか笑気ガスのどちらかが一般的です。

 

麻酔を使う場合、追加料金がかかりますが、それでも痛いよりは良いですよね。

 

痛いとそれだけでストレスになりますし、脱毛の施術を受けるのが怖くなって、結局は脱毛に行かなくなり、ムダ毛は生えたままだし、お金の無駄になってしまうんです。

 

だから、痛みに弱い人は追加料金を払ってでも、麻酔を使っておくべきだと思います。

 

 

痛い時はスタッフにきちんと伝える

 

脱毛で痛いのが怖い時の対策、6つ目はスタッフに痛いこと、もしくは痛みに弱いことをあらかじめ伝えておきましょう。

 

施術をしてくれるスタッフは、あなたが痛いのが嫌であると知っていれば、レーザーや光の出力を抑えてくれます。

 

出力が弱いと、脱毛の効果は弱くなりますが、それでも痛いよりは良いですよね。あなたの痛みの感じ方を見ながら、エネルギー出力を調整してくれますので、痛いのが嫌なら最初に自己申告しておいてください。

 

 

痛くない脱毛方法を選ぶ

 

脱毛の痛み対策、最後は痛くない脱毛サロンを選ぶことです。最近は、痛くない脱毛の施術をする脱毛サロンが増えてきています。

 

痛くない脱毛は、「ハイパースキン法」や「S.S.C.方式」ですね。

 

ハイパースキン法は、毛根を破壊するという脱毛方法ではなく、38℃の特殊な光を当てて、発毛を予防するという脱毛方法になります。

 

光を当てるだけですので、痛みはありません。

 

S.S.C.方式は、ジェルを脱毛部位に塗って、その上から特殊な光を照射することで、脱毛を促すという脱毛方法です。これも、温かいと感じるだけで痛みはほぼありません。

 

痛いのが嫌という人は、このように痛みがない脱毛方法を選ぶと、「痛い」という不安や恐怖、ストレスから解放されて、ツルスベ肌になることができますよ。 

 

ハイパースキン法はディオーネやカレンで行っています。S.S.C.方式はミュゼや脱毛ラボで行っていますね。

 

 

まとめ

脱毛が痛い原因と脱毛の種類別痛みの強さランキング&部位別痛みの強さランキング、痛い時の対策をまとめましたが、いかがでしたか?

 

脱毛はそのメカニズム上、痛いのはある意味仕方がないことです。でも、ちょっとした工夫をすることで、痛みを軽減することができます。

 

どうしても痛いのが怖いなら、今は「痛くない」脱毛も開発されていますので、試してみると良いですよ!

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

光脱毛で毛が抜ける仕組みと毛周期の関係!永久脱毛はできるのかも徹底解説

ニードル脱毛の痛みの対策と副作用!効果や回数と料金も総まとめ

ライト脱毛の仕組みや回数・期間・口コミまとめ【永久脱毛の効果はない?】

レーザー脱毛に痛みと4つの副作用!回数や仕組みも総まとめ

永久脱毛の効果&回数や値段まとめ!3つのデメリット・体に悪い噂も徹底検証

自宅で永久脱毛は不可能!家脱毛の4つのやり方と5つの注意点まとめ

自宅で光脱毛の効果と6つのトラブル&対処法まとめ!痛みはある?

脱毛で硬毛化!原因や確率・4つの治療法と予防法まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

レディースマフラーのブランド人気30選!おすすめコーデも総まとめ【最新版】

アレルギー肌の特徴と原因&7つのスキンケア改善・対策法まとめ

不妊症の定義や原因・割合・チェックリスト・治療方法5選

CCクリームおすすめ20選!使い方と塗り方&部門別ランキング【プチプラ・デパコス】

女性のプロテインおすすめランキング44選【目的別】選び方&嬉しい効果3つも解説

女性モデルの体重やBMIランキングTOP28【ダイエットの目標に!】

女性の低身長の基準と10個の原因!芸能人6人も総まとめ【150cm未満】

コインケースのレディース人気ブランド35選!選び方とおすすめランキング【最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ケノンの脱毛効果や使い方!効果あり&なしの口コミも総まとめ

街コンの女性の服装|6つのNGとおすすめコーデ全21パターンを紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す