医療脱毛の効果や回数と料金まとめ!痛い時の対処法も徹底紹介

「永久脱毛がしたい!」、「ムダ毛処理の手間から解放されたい!」という人は、医療脱毛に挑戦してみましょう。医療脱毛は、美容クリニックで行っている脱毛方法のことです。

 

医療脱毛の効果や回数・期間・料金、痛いのかどうかなどをまとめました。ムダ毛がないツルツル素肌になりたい人は、医療脱毛にチャレンジしてみましょう!

医療脱毛とは?

785fc1750088e12b6a3edeb93037fa18_s

 

医療脱毛とは、美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックなど、医師がいる医療施設で行う脱毛のことです。この「医師がいる」という点が、エステや脱毛サロンとの最も大きな違いですね。

 

医師がいることで、医療行為を行うことができますので、エステや脱毛サロンでは禁止されていることも行うことができます。

 

つまり、より脱毛効果の高い施術を受けることができるというわけですね。医療脱毛とは、主に2つの種類があります。

 

・レーザー脱毛
・ニードル脱毛

 

レーザー脱毛は、レーザーを毛根に照射することで脱毛を行います。ニードル脱毛とは絶縁針を皮膚に刺すことで、脱毛をする方法になります。

 

一昔前は医療期間で行う脱毛と言えば、ニードル脱毛が主流でしたが、現在はレーザー脱毛が主流になっていて、ニードル脱毛はごく少数派になっています。

 

そのため、ここでは医療脱毛=レーザー脱毛として、これからのお話を進めていきます。

 

 

医療脱毛の効果

医療脱毛は、医師が行う脱毛です。(実際のクリニックでは医師の指示のもと、看護師がレーザー照射を行うケースが多いですが)

 

医療脱毛の効果はどのようなものなのか。エステや脱毛サロンとは、どう違うのかを説明していきます。

 

 

光脱毛よりも効果が高い

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s

 

医療脱毛は光脱毛よりも効果が高いことが特徴です。光脱毛は、医療資格を持たないエステティシャンなどが扱うものですので、出力が規制されていて、一定レベルの出力以上は照射できません。

 

それに対して、医療脱毛は免許を持った医師が指示して、医師または看護師が施術を行いますので、光脱毛では認められていないレベルの出力を照射することができます。

 

具体的には、光脱毛は広範囲の波長の光を照射するので、エネルギーが分散されるのですが、医療脱毛は単一の波長の光をレーザー照射するので、エネルギーが集中するため、高い効果を得られるのです。

 

そのため、医療脱毛や光脱毛に比べると、施術の回数が少なくて済みますし、早く脱毛が終わって、ツルツル&スベスベのムダ毛のない素肌を手に入れることができるのです。

 

 

永久脱毛ができる!

828325ea1ed97010ebf54d8d52f0ea93_s

 

医療脱毛は、脱毛効果が高いため、永久脱毛をすることができます。脱毛サロンの光脱毛では、永久脱毛はできないって知っていますか?

 

光脱毛でもムダ毛のないツルツル素肌になることができますが、一定期間を置いた後に、またムダ毛が少し生えてきてしまうことがあります。これは、光脱毛は光の出力が弱いため、完全に毛が生えてこないようにはできないからです。

 

そのため、光脱毛は「準永久脱毛」、「不再生脱毛」と呼ばれています。

 

それに対して、医療脱毛は永久脱毛をすることができます。むしろ、医療脱毛でないと永久脱毛はできないのです。

 

厚生省・医事課より 「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる」との回答が出されており、 医療機関以外では永久脱毛行為は禁止されています。

 

引用:永久脱毛は医療行為です|日本医学脱毛協会

 

正しい意味での永久脱毛は、レーザーあるいは絶縁針によってしか実現しません。

 

引用:知っておきたい永久脱毛Q&A一般編|日本医学脱毛協会

 

医療脱毛でしっかりと脱毛を完了させれば、永久脱毛ができます。永久脱毛ができるということは、もう二度とムダ毛処理をしなくて良いということなんです!

 

 

トラブルが起こった時も安心!

2f7496ac6fa0ea82b39e646dd5735525_s

 

医療脱毛は、万が一脱毛に関するトラブルが起こった時も安心です。光脱毛やレーザー脱毛は、毛根にダメージを与える施術ですから、副作用やトラブルが起こることがあります。

 

・ヤケド
・毛嚢炎
・硬毛化、多毛化

 

これらのトラブルは、脱毛の施術を受ける限り起こり得るものです。絶対に100%安全でトラブルはないとは、どこの脱毛サロンも美容クリニックも言い切れないのです。

 

ただ、医療脱毛の場合は医師がいますので、万が一上記のような皮膚トラブル・副作用が起こった時も、的確に素早く対処してもらえます。

 

脱毛が原因で起こった皮膚トラブルは、無料で治療をしてもらえることもあるんです。

 

脱毛サロンやエステだったら、その場では治療ができませんし、きちんとした保証がないことも多いですから、万が一のことを考えると、脱毛をするなら医療脱毛を選んだほうが安心と言えるでしょう。

 

 

医療脱毛の回数・期間・料金

医療脱毛の回数や期間、料金について説明していきます。脱毛をする場合、この「回数」、「期間」、「料金」は最も気になる点ですよね。

 

 

医療脱毛の回数

32a66951f3d357985bedf49fb429a23a_s

 

医療脱毛の回数は部位によって多少異なりますし、個人差はありますが、おおむね5~6回の施術で、永久脱毛をすることができます。

 

脱毛サロンでは12回以上施術を受けないと、脱毛が完了しないことも多いですし、さらに12回施術を受けても永久脱毛ができるわけではありません。

 

それを考えると、医療脱毛は光脱毛の半分の回数で永久脱毛ができますので、効率が良いと言えますね。

 

 

医療脱毛は毛周期を考慮して!

医療脱毛は5~6回の施術を受ければ、永久脱毛をすることができますが、5~6回の施術を受ける期間について説明するためには、まずは毛周期を説明しなければいけません。

 

毛周期とは毛が生え変わる周期のことで、成長期→退行期→休止期を繰り返して、毛髪は生え変わっていきます。

 

img_02

出典:musee-pla.com

 

 

医療脱毛は、毛周期の中で成長期に行わないと、意味がありません。というよりも、レーザーが照射されません。

 

医療用レーザーは黒いものに反応して、黒いものにだけ照射されるような仕組みになっています。毛根にはメラニン色素がたっぷりありますので、それに反応して照射されるんですね。

 

成長期は毛根の毛母細胞の細胞分裂が活発で、どんどん毛髪が伸びていく時期になります。そのため、毛根にはメラニン細胞がたくさんありますので、成長期に医療脱毛の施術を受けると、毛根にしっかりと照射されるようになるんです。

 

でも、退行期や休止期は細胞分裂はほぼ行われません。休止期はもう髪の毛が自然に抜け落ちるのを待つ時期になります。そのため、毛根にはメラニン色素がなくなってしまっているので、レーザーが反応せずに照射されないんです。

 

そのため、医療脱毛は毛周期の成長期に合わせたサイクルで行わなければいけません。毛周期は部位によって多少異なりますが、2~3ヶ月になりますので、医療脱毛は2~3ヶ月おきに行います。

 

ただ、医療脱毛を行っているクリニックの多くは2ヶ月(8週間)ごとの施術を勧めているところが多いですね。

 

 

医療脱毛の期間

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

 

医療脱毛は2ヶ月ごとにレーザー脱毛の施術を行うことが一般的です。これを考慮して、回数5~6回で永久脱毛ができるとすると、医療脱毛の期間は1年程度ということになります。

 

ただ、毛深い人は回数がもっとかかることもありますし、産毛が多い背中などはレーザー脱毛の効果が出にくく、回数がもっと必要になります。

 

また、忙しい人や思うように予約が取れない場合は、2ヶ月ごとに施術を受けられず、もっと機関が空いてしまうことがあるので、2年程度かかることもあるかもしれません。

 

 

医療脱毛の料金

dollar-163473_640

 

医療脱毛にかかる料金はどのくらいでしょうか?医療脱毛は医師が行いますし、光脱毛よりも効果が高いので、脱毛サロンよりも料金が高めになっています。おおよそ脱毛サロンの2~3倍ですね。

 

また、両脇は安く値段設定をしているところが多いですね。両脇の脱毛は挑戦しやすい値段設定になっていて、ほかの部位に勧誘して利益を出すようにしているんだと思います。

 

では、代表的な美容クリニックごとの両脇と両膝下の料金をご紹介します。(2017年7月時点)

 

■湘南美容外科

・両脇=3400円(回数無制限)

・両膝下=1回1万7410円

 

■高須クリニック

・両脇=1回1万4000円(初回~5回目まで)

・両膝下=1回4万円(初回=5回目まで)

 

■アシアナクリニック

・両脇=5回1万3750円

・両膝下=5回4万1250円

 

■リゼ

・両脇=5回1万8800円

・両膝下=5回8万9800円

 

 

医療脱毛は痛いって本当?

医療脱毛は効果が高く、永久脱毛をすることができますが、1つ不安なことがあると思います。それは、「医療脱毛って痛いって聞くけど、大丈夫かな?」という不安です。

 

確かに、医療脱毛は痛みが伴います。レーザーを毛根に照射するのですから、多少は痛いのです。光脱毛よりも医療脱毛は出力が強いので、効果が高い分、痛みも強いです。

 

 

医療脱毛はどのくらい痛い?

cab5756544b2f5e32b4c0074980038d7_s

 

では、医療脱毛はどのくらい痛いのでしょうか?医療脱毛の痛みを表す表現で、良く用いられる表現は、「輪ゴムではじかれたような痛み」ですね。

 

痛みの感じ方には個人差がありますが、痛いものの「耐え難い痛み」というわけではないと思って良いでしょう。

 

ただ、それは皮膚が厚い部分であって、指や脛の部分など皮膚が薄く骨が近い部分は、強い痛みを感じることがあります。

 

 

痛いのが苦手な人は麻酔薬を使うのもあり!

7a3d748773be5b0557749a62e17c4396_s

 

医療脱毛は光脱毛に比べて痛みが強いです。そのため、痛いのが苦手な人は、医療脱毛が怖くて、なかなか一歩を踏み出せないのではないでしょうか。

 

ただ、医療脱毛は早く確実に永久脱毛ができるというメリットがあります。痛いのがどうしても嫌という人は、麻酔薬を使って痛みを感じないようにして、施術を受けるのもありです。

 

医療脱毛はクリニックで行いますよね。そして、そこには医師もいます。そのため、塗るタイプの麻酔薬を処方してもらうことができます。

 

追加料金はかかりますが、それでも痛みを大幅に緩和して医療脱毛をすることができますので、痛いのが嫌な人は麻酔薬を使ってもらうと、永久脱毛をすることができると思います。

 

また、施術を受ける予約日までに、肌の状態と体調を整えておくことも大切です。肌の状態が悪いと、敏感な状態になって痛み強くなったり、施術後のヒリヒリ感が強く出ることがあるのです。

 

痛みを少しでも和らげるために、肌の状態と体調を整えて、それでも心配な人は塗るタイプの麻酔薬を使うようにしましょう。

 

 

まとめ

医療脱毛の効果や回数・期間・料金、痛いかどうかについてまとめました。医療脱毛は脱毛効果が高く、確実に永久脱毛をすることができますが、施術は光脱毛よりも痛いですので、心配な人は、塗る麻酔薬を使ってもらうと良いでしょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

自宅で永久脱毛は不可能!家脱毛の4つのやり方と5つの注意点まとめ

毛周期のサイクルと部位別の期間まとめ!休止期に脱毛の効果がない理由も徹底紹介

光脱毛で毛が抜ける仕組みと毛周期の関係!永久脱毛はできるのかも徹底解説

脱毛の種類7つと方法まとめ!各々のポイントやデメリットを徹底比較

全身脱毛の効果や料金と回数!5つのメリットと3つのデメリットも徹底紹介

脱毛の部位の人気ランキングTOP5まとめ!注意点や疑問も一挙解説

レーザー脱毛と光脱毛の違いを6つの側面から比較!どちらがおすすめかも徹底解説

脱毛と毛周期の関係!最適な施術のタイミングも総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

【子供】キッズ脱毛は効果ある?料金や口コミ&おすすめサロンまとめ

TBCスーパー脱毛は痛いけど効果あり?料金・回数・口コミまとめ

出産後の生理再開や妊娠可能な時期まとめ!2人目の妊娠は産後どのくらいの期間をあけるべき?

自宅で手や指のセルフ脱毛!その方法と4つのメリット&3つのデメリットまとめ

カリウムの基準値と2つのダイエット効果&多い食品まとめ【腎疾患がある人は要注意!】

フェイシャルエステの効果や相場!サロンの選び方に注意して体験してみよう

しらたきは低カロリー!ダイエット効果や方法・注意点・レシピ10選

レーザー脱毛に痛みと4つの副作用!回数や仕組みも総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

足立梨花はブサイク?かわいい?すっぴんや似てる芸能人も総まとめ

口臭の5つの原因&7つの予防・対策・改善法まとめ【チェック方法あり】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す