ウェーブスライダーの効果や消費カロリー&使い方とおすすめ種類まとめ

ウェーブスライダーというエクササイズグッズをご存知ですか?ウェーブスライダーは、テレビショッピングで人気に火が付いたエクササイズグッズで、くびれを作りたい女性にはおすすめしたいグッズなんです。

 

ウェーブスライダーの消費カロリーやダイエット効果、使用方法などをまとめました。ウェーブスライダーを買おうかどうか迷っている方は、必見ですよ!

人気のウェーブスライダーとは?

ウェーブスライダーはテレビショッピングで人気にになったエクササイズグッズです。

 

出典:amazon.co.jp

 

こちらがウェーブスライダーですね。このウェーブスライダーは波打つように8の字に揺れるので、この上に座るとそれだけでエクササイズができるというグッズなんです。

 

出典:amazon.co.jp

 

座っているだけで、お腹周りを中心にダイエットができるので、人気なんですね。

 

 

ウェーブスライダーの消費カロリー

 

ウェーブスライダーはエクササイズグッズですので、ダイエット効果を期待できます。ダイエットをしたい人にとっては気になるのは消費カロリーですよね。

 

ウェーブスライダーを販売している「はぴねすくらぶ」の公式サイトには、ウェーブスライダーの消費カロリーは記載されていません。

 

そのため、消費カロリーはあくまで推測になりますが、ウェーブスライダーの動きは軽めのロデオスポーツに近いので、国立健康・栄養研究所の「改訂版『身体活動のメッツ(METs)表」によると、ウェーブスライダーのMETsは4.0と推測できます。

 

そうすると、ここから消費カロリーを計算できますね。体重50kgの場合は、次のような計算になります。

 

1.05×4METs×50kg×1時間=210kcal

 

つまり、体重50kgの人が1時間ウェーブスライダーを行うと、大体210kcalを消費できるということになります。

 

これは、ゆっくり自転車に乗ったり、バレーボールをしたりするのと同じ程度の消費カロリーになります。座ったままでこのくらいのカロリーが消費できると思えば、ウェーブスライダーの利用価値は高いと言えるのではないでしょうか?

 

 

ウェーブスライダーは筋トレ効果が高い

 

ウェーブスライダーはダイエットができるエクササイズグッズです。ただ、ウェーブスライダーは、脂肪を燃焼させてダイエットするというよりも、筋トレをして引き締めることでサイズダウンさせるという効果を期待したほうが良いでしょう。

 

つまり、有酸素運動ではなく、筋トレをするためのグッズということですね。ウェーブスライダーは体重減少ではなく、どちらかと言えば、筋トレをして体を引き締めてサイズダウンができるエクササイズグッズなんです。

 

 

ウェーブスライダーの6つの効果

人気のウェーブスライダーは、どんな効果があるのでしょうか?ウェーブスライダーを使った場合の6つの効果をご紹介します。

 

 

ウエスト周囲のダイエット効果

 

ウェーブスライダーはウェスト周囲のダイエット効果が期待できます。つまり、ウエスト周りがスッキリして、くびれができるんです。

 

ウェーブスライダーは座面が8の字にウェーブして動きますので、そこに座ると、お腹周り・骨盤周りを重点的にエクササイズすることができます。

 

腹直筋や腹斜筋を鍛えて、さらにお腹周りの脂肪を燃焼させることができるので、ポッコリお腹をペタンコにして、さらにきゅっとくびれたウエストを作ることができます。

 

 

下半身のダイエット効果

 

ウェーブスライダーは、お尻や太ももなどの下半身のダイエット効果もあります。座った状態で、座面がウェーブしながら8の字に動くので、お尻の筋肉も当然鍛えることができますし、太ももも一緒に動きますので、お尻や太ももの筋肉を引き締めることができるんです。

 

だから、ウェーブスライダーを使っていると、お尻がキュッと引き締まり小尻効果が期待できますし、太ももも細く引き締まってくるのです。

 

 

姿勢改善効果

 

ウェーブスライダーは、動いている座面の上で、バランスを取りながら座るので、体幹の筋肉を鍛えることができます。

 

体幹の筋肉、つまりインナーマッスルを鍛えると、姿勢がよくなりますよね。特に、猫背気味の人や反り腰の人は、背筋がピンと伸びた状態を楽に保つことができます。

 

姿勢がよくなると、それだけでダイエットに成功したように見えますし、スタイルがよく見えるんです。

 

一度、背筋を伸ばしてみてください。お腹は引っ込みますし、背が少し高く見えますので、相対的に小顔に見えます。さらに、胸を張るので、胸が少し大きく見えるんです。

 

ウェーブスライダーで体幹を鍛えれば、それだけでスタイルをよく見せることができるというわけですね。

 

 

腰周囲のリラックス効果

 

ウェーブスライダーは、腰周辺のリラックス効果も期待できます。デスクワークや立ち仕事の人は、腰の筋肉が凝り固まっていて、腰痛に悩まされている人が多いと思います。

 

そんな人はウェーブスライダーを使うと、腰周辺の筋肉をしっかり動かすことができるので、筋肉のコリをほぐして、リラックスすることができるんです。

 

ウェーブスライダーを使った後は、腰が軽くなったように感じるという感想を持つ人も多いんですよ!

 

 

上半身の筋トレ効果

 

ウェーブスライダーは脚をそろえて横乗りをすると、お腹周りを重点的に鍛えることができますが、脚を開いて縦乗りをすると、上半身のエクササイズにもなるんです。

 

脚を開いて縦乗りをすると、横乗りよりもさらにバランスをとる必要がありますので、背筋や大胸筋などにも力が入り、筋肉を鍛え得ることが可能になります。

 

ウェーブスライダーは上半身・お腹周り・下半身すべての筋肉を鍛えることができるエクササイズマシンなのです。

 

 

便秘解消効果

 

ウェーブスライダーは、便秘解消効果もあります。ウェーブスライダーは、お腹周りをしっかり動かしますので、大腸を刺激することができます。

 

お腹周りを鵜後して、大腸を刺激すると、大腸の動きが良くなって、便が腸内を移動しやすくなり、便秘が解消するんです。

 

便秘気味の女性は、食物繊維や水をたくさん摂取することも大切ですが、ウェーブスライダーを使ってダイエットしながら、便秘を解消するのも良いかもしれません。

 

 

ウェーブスライダーの使用方法

ウェーブスライダーを実際に使う時の使用方法をご紹介していきます。ウェーブスライダーはとても簡単に使えますが、ちょっとした使用方法のコツを知っておくと、さらに効果的にダイエット&筋トレができると思います。

 

 

10分座るだけでOK

 

ウェーブスライダーの基本的な使い方は、10分間座るだけでOKです。ウェーブスライダーは10分間のオートタイマーが付いているので、スタートしてから10分経てば勝手に止まってくれます。もちろん、途中で止めることもOKです。

 

ウェーブスライダーは次の3つのモードから選ぶことができます。

 

・速い
・遅い
・自動

 

最初は遅いから始めて、少しずつ負荷を上げていくようにすると良いでしょう。

 

 

イスに置いて使うとより効果的

 

ウェーブスライダーは床に置いて、その上に座って使用する方法も良いのですが、イスなどの台に置いて、その上に座ってエクササイズする方法だと、さらに効果的に鍛えることができます。

 

イスの上にウェーブスライダーを置いて使うと、下半身もしっかりエクササイズすることができますし、足を浮かせて使用する方法だと、さらにバランスを取らなくてはいけないので、体幹やお腹周りをしっかり鍛えることができるんです。

 

 

テレビやスマホを見ながらでもOK

 

ウェーブスライダーの良いところは、ただ座っていればエクササイズができるという点です。だから、ウェーブスライダーはテレビを見ながらでも、スマホをしながらでも、家族と話しながらでも使うことができるのです。

 

「ながらエクササイズ」ができるので、忙しい人や面倒くさがりの人でも、気軽に続けることができるんです。ストレスなく、自然にエクササイズを続けられるかどうかは、ダイエットを成功させられるかどうかの大きな分かれ道ですよね。

 

 

ウェーブスライダーのおすすめはこちら

ウェーブスライダーは、ウェーブスライダーとウェーブスライダーパワーXの2種類があります。似たようなエクササイズのグッズはありますが、ウェーブスライダーはこの2種類であり、やはり本家のウェーブスライダーがおすすめです。

 

ウェーブスライダーとウェーブスライダーパワーXの違いは、その負荷です。ウェーブスライダーパワーXの方が、ウェーブの角度が大きく、回転速度も速いのです。

 

だから、よりエクササイズ効果&ダイエット効果を得たい場合には、ウェーブスライダーパワーXがおすすめですが、日ごろまったく運動をしていない人は、普通のウェーブスライダーをおすすめします。

 

こちらが、ウェーブスライダーですね。

 

出典:amazon.co.jp

 

ウェーブスライダーパワーXはこちらです。

 

出典:amazon.co.jp

 

価格は、ウェーブスライダーパワーXのほうがやや高めです。

 

・ウェーブスライダー=1万800円
・ウェーブスライダーパワーX=1万2800円

 

お腹周りをしっかりエクササイズしたい人、ながらエクササイズをしたい人は、ぜひウェーブスライダーを使ってみましょう。

 

 

まとめ

ウェーブスライダーのダイエット効果や消費カロリー、使用方法のポイント、ウェーブスライダーのおすすめなどをまとめました。ウェーブスライダーはお腹周りはもちろん、上半身&下半身を鍛えられるエクササイズグッズです。

 

テレビを見ながらでもエクササイズできますので、なかなかエクササイズが続かないと悩んでいる人におすすめですよ!

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

セルライトローラーの人気ランキング18選!選び方とおすすめ商品まとめ【最新版】

お腹痩せにおすすめのダイエット器具9選!楽に腹筋を割って痩せる!

美顔ローラーおすすめランキング16選!選び方&使い方&注意点も総まとめ

トランポリンの効果&ダイエット方法7選!おすすめ人気ランキングも総まとめ

バランスボールで腹筋をトレーニングする方法10選!下腹部もスッキリぺたんこに!

脚痩せグッズおすすめ24選!3つの選び方と人気ランキングまとめ【最新版】

【最新版】ダイエットブログ人気12選【日記・40代以上・産後・糖質制限】

体重計・体組成計のおすすめランキングTOP25!選び方6つのポイントも総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

筋トレの最適頻度&部位別の超回復期間まとめ!超回復を早める方法7選も紹介

女性のハゲや薄毛治療!4種類の薬の効果と副作用まとめ【FAGA】

髪の毛をツヤツヤにする方法9選!これで綺麗なモテ髪を手に入れよう!

ブラジリアンワックス脱毛は痛い?その効果や6つのデメリットを徹底解説

ライト脱毛の仕組みや回数・期間・口コミまとめ【永久脱毛の効果はない?】

おしゃれなハンドソープ33選!選び方と人気ランキングまとめ【最新版・インスタ映え】

社会人女子におすすめの習い事ランキング20【出会いがある!自分磨きができる!】

人気のヘアアイロン!種類別おすすめランキング40選&選び方3つのポイントまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ラウンジの給料や年収と仕事内容&キャバクラとの違いまとめ【スナックとクラブの中間】

【妊娠】着床出血のメカニズムと時期、症状、生理との見分け方6つのまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す