仕事辞めたい…その3つの理由と4つのおすすめ対処法をご紹介します

「仕事を辞めたい」と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。

 

今回は、仕事を辞めたいと思う主な理由と、辞めたいと思ったときにおすすめの対処法についてご紹介します。

「仕事を辞めたい」と思う人は多い

1

 

仕事を辞めたいと考える人はかなり多いようで、ネットでたくさん情報がありましたよ。年齢的にもほとんど全年齢といっていいほど幅広いようです。いくつになっても、会社を辞めたくなるのは、ちょっとびっくりですね。

 

年齢が上がって立場が安定したり、精神的に成熟すれば悩みがなくなったりという問題では決してないということです。それどころかより複雑な問題が起こるのかもしれません。

 

仕事は私生活を充実させるための義務のように思っている人もいれば、仕事そのものに充実を求める人もいると思いますが、いずれでも仕事を辞めたいと考えることがあるのです。詳しく見て行きましょう。

 

 

仕事を辞めたいと思う3つの理由

2

 

仕事を辞めたい理由について見て行きましょう。年代のよって若干違ってくるとは思いますが、とりあえず20~30代のケースについてまとめてみました。

 

1位・・・給与の安さ

2位・・・人間関係

3位・・・仕事内容

 

いずれもあるあるという感じではないでしょうか。この結果を見てなんとなく思ったことは、日本独特の問題ではないかということです。日本企業の終身雇用や年功序列は崩れつつあると言いますが、その大もとになっている雇用体制はまったく変わっていないです。

 

つまり、就職ではなく就社であるというシステムのことですね。会社に入るといろんな部署に回されて、いろんな仕事をしなくてはならず、給与も安く、人間関係もドライとはとても言えず、仕事内容も希望通りには行きません。

 

海外の雇用体制を考えると、これらの問題はかなり少なくなるのでは?と思えてしまうのです。給与だって、職種ごとですので、キャリアアップしてより上の職種につけば良いだけ。そろそろ日本の就社システムも限界なのかもしれません。

 

 

 

【仕事を辞めたい理由1位】給与の安さ

3

 

まずは、仕事を辞めたい理由のランキング1位である給与の安さについて見て行きましょう。日本の企業、特に大きければ大きいほど、会社側が人材を育てるシステムが整っています。つまり、人材育成のために莫大な投資をしているのですね。

 

最近はだんだん減ってきているようですが、それでも新入社員は育てなければ戦力にならないという風潮はとても大きいです。

 

そういうわけで、人材を育てるために払っている金額を含めて、社員一人あたりの人件費を計算すると、けっこうな金額になるのです。最終的に社員の手元に入るのが少ないと言うことですね。

 

これを将来的な投資と考えるか、給与が安すぎるか、どちらかは人によりますが、圧倒的に後者が大いに違いありません。

 

たいていどこの企業でも同じようなシステムになっているため、日本で転職しても、給与が一気に跳ね上がるということは幻想であり、実際、難しいです。最近は副業可の企業も増えてきているようですが、ダブルワークもどうかと思います。

 

結果的に、八方ふさがりになり、なんとなく不満が募って辞めてしまうものかもしれません。もしも本当に辞めたい場合は、きちんと先の雇用先をキープしてから考えるようにした方が良いでしょう。

 

 

 

【仕事を辞めたい理由2位】人間関係

4

 

人間関係は非常に深刻で、最悪の場合は、パワハラ、モラハラ、いやがらせ、などの被害者になって会社を辞めると言うケースも少なくありません。

 

この場合、パワハラ、モラハラ、いやがらせをしている加害者は、たいていストレスの多い境遇にあり、問題を背負っているケースが多いです。つまり、ストレスの発散目的が主流なのですね。

 

難しいのは、そういう点を周囲に悟られないように巧妙に行うことです。いかにも被害者側に非があるというようにもっていくことが多いのです。こういう獲物を狙っているタイプに目を付けられた日には、災難としか言い様がありません。

 

一般的に、優しすぎる人、気を遣う人、気が弱すぎる人、など、いじめても反撃してこない人、もしくは加害者側に被害が及ばないタイプを確信犯的に狙うため、狙われる人は、どこに行っても狙われる、ということも少なくありません。

 

これって本当に最悪としか言い様がないですよね。悪循環を断ち切るためには、会社を変えるのではなく、もっと根本的な何らかの変化が必要になるでしょう。

 

 

 

【仕事を辞めたい理由3位】仕事内容

5

 

仕事内容で辞めたくなるということもあるようです。自分の希望の仕事ではない仕事に配属されてしまい、まったく興味が持てない、モチベーションが上がらない、ブルーになる、などが理由のようです。

 

これは本当に日本の雇用システムの問題であり、職種ごとの雇用の海外では信じられない悩みとしか言い様がありません。

 

海外(欧米など)の場合には、例えば、経理だったら、ずーっと経理の職に応募して、仕事をしていくことになります。経理職として、どんどん給与の高い会社へ転職していき、キャリアアップを実現させていくのです。

 

これに対して、日本は何でも屋で、いろんな部署に回されたり、同じ部署でもいろんな仕事を押しつけられたりすることが多いです。マルチ型のタイプにはよいでしょうが、そうでないタイプには苦痛になることもしばしば。スペシャリストにもなれませんよね。

 

いっそのこと海外雇用システムを採用している企業をさがして転職するか、もしくは独立するのもよいかもしれません。

 

 

 

仕事を辞めたいと思ったときの4つの対処法

6

 

仕事を辞めたいと思ったときの対処法について見て行きましょう。一旦深刻なほどに辞めたいと思ったら、現在の仕事がまるで手に着かなくなってしまったりと、なにかと支障も出てきますよね。そんな場合、どんな行動を起こしたら良いでしょうか?まとめてみました。

 

情報収集する

まずは手軽にネットで情報収集を始めましょう。いろんなキーワードで検索すれば、本当にたくさんの情報が得られるので、参考になることも多いでしょう。

 

集めた情報から、本当に転職しようか、と思うこともあれば、我慢して会社に残ろう、と思うこともあるかもしれません。現代は情報格差時代ですので、とにかく情報量が多いに超したことはありません。

 

周囲に相談する

友人や知人、または紹介された人など、誰にでも良いので、とにかく相談して、アピールしておくと良いでしょう。ネットではとても手に入らないリアルな情報が得られるかもしれません。

 

おおざっぱなことはネットで収集し、ピンポイントなことは口コミから得る、など、臨機応変に対処するとよいでしょう。

 

自己チェックする

本当に会社を辞めたいのか、それとも一時的な妄想なのか、その辺は自分でなければ誰にも分からない問題ですよね。なので、自己チェックを念入りに行いましょう。冷静かつ客観的、俯瞰的に考えていき、チェックします。

 

ネットで探せばチェック項目はたくさんあるので、プリントして、チェックして、その用紙もきちんととっておくことが大切です。いずれまた辞めたくなることがあるはずなので、そのときのために、参考資料にしておきましょう。

 

履歴書や職務経歴書を作る

履歴書や職務経歴書を実際に作ってみると良いでしょう。作ってみると、実際に転職できるかどうかがたいてい分かると思います。ここで、転職で成功できるほどのキャリアがない場合は、素直に残留し、キャリアアップに励むと良いでしょう。

 

明確な目的ができると、意外に会社に行くのも苦にならなくなります。

 

 

 

仕事を本当に辞めたいと思ったときにすべき3つのこと

7

 

仕事を本当に辞めたいと思ったら、何をしたら良いでしょうか?仕事が辛くてどうしようもない、もう限界、ということももちろんありますよね。そんな場合の気が楽になる方法をご紹介します。

 

生活費を計算してみる

まずはお金の計算です。入ってくるお金と出ていくお金をきちんと把握して、毎月いくらあれば生活できるのかを知っておくことが最低限必要になるでしょう。それさえ分かれば、あとはいくらでもマネジメントが可能ですよね。まずはお金から入ると良いでしょう。

 

失業手当を当てにする

雇用保険の失業手当を当てにするという方法もありますね。とりあげず、生活そのものは困ることもなく、時間もたっぷり得ることができます。休息をとって、それから第二の人生を計画することが可能になるでしょう。せっかくの権利ですから、最大限に使ってみるのも良いでしょう。

 

フリーランスで生きていく

日本国内であれば、たいてい何らかの方法で食べていけるので、多くを望まない場合はあまり心配する必要もないでしょう。しかも、最近はマッチングサイトの台頭で、さまざまな仕事の形態が出てきています。

 

フリーランスで食べていくことも決してできないことではないのですね。今まで考えもしなかったような角度から、人生設計を改めてみるのも良いでしょう。なにも会社に属さなくてもよいのです。

 

 

 

仕事を辞めた方が良い3つのケース

8

 

仕事を辞めたいと思うことは誰にでもあることですが、そんな中でも、こういうケースは仕事を辞めた方が確かに良い、というものも存在するようです。そんな辞めた方がよいケースについてまとめてみました。

 

身体を壊しそう

仕事を辞めたい理由は色々あると思いますが、それが身体を壊しそうな程度の理由であった場合、これは辞めたほうが良いケースと言えるでしょう。身体が資本であって、健康でさえあれば、未来なんていくらでも作れます。壊す前に行動に移してみると良いでしょう。

 

人間関係が苦痛

人間関係が苦痛であると、休日も、寝ている間も苦痛になります。これはかなりの拷問ですよね。相手が人間であると、なかなか思い通りにいかず、戦った場合も勝てるとは限りません。なによりも長期化する恐れもあります。

 

そこまでしたい仕事かというと、ほとんどはノーであることが多いでしょう。結果的に、転職を考えるようになるでしょう。

 

やりたい仕事がある

これは、今の仕事がやりたくないのではなく、やりたい仕事が他にあると言うケースです。ポジティブととらえることもできて、チャンスと可能性があるのなら、チャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

ただし、新しい分野の仕事となると、ゼロからのスタートになります。その点のハンデを十分考えてから検討するようにしましょう。

 

 

仕事を辞めたいことについての口コミ

10

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を辞めたくなったら情報収集してみよう

ffd8a22f35b49d8c28dcd6a3e39e0e6b_s

 

・仕事を辞めたいと思う理由
「給料の安さ」「人間関係」「仕事内容」

・仕事を辞めたいと思った時の対処法
「情報収集して考える」「周囲に相談してみる」「客観的や俯瞰的に自己チェックする」「履歴書や職務経歴書を作る」

・仕事を本当に辞めたいと思った時にすべきこと
「生活費を計算する」「失業手当を当てにする」「フリーランスで生きていく」

・仕事を辞めたほうが良いケース
「身体を壊しそうになっている」「人間関係が苦痛に感じる」「やりたい仕事がある」

 

いかがでしたか?仕事を辞めたいと思うことは誰にでもあると思うので、参考になったのではないでしょうか。生活の糧なので、なにかと深刻ですよね。

 

しかし、悩んでいる時間ももったいないです。転職にしろ、残留にしろ、だらだら考えるのではなくて、期日を儲けたほうが良いでしょう。

 

最低限必要なのは、情報です。多くの情報を収集した上で検討すると良いです。

 

以上、仕事を辞めたいについてのおまとめでした。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

仕事に行きたくない…その4つの理由と対処法をご紹介します

音信不通の友達が心配!連絡をしない5つの心理状態や3つの原因・8つの探す方法・対処法まとめ

ママ友トラブルの原因は格差や嫉妬!4つのうまい付き合い方も徹底紹介

【病気?】やる気が出ない8つ原因と対処法10選【仕事も家事も嫌】

就職氷河期世代の年齢&特徴!最悪の末路や現在の内定率も徹底解説

新入社員が会社を辞めたい7つの理由と時期!辞める方法の7ステップまとめ

飲み会に行きたくない心理と上手な断り方の7パターンまとめ【ポジティブワードを添えて】

いじめられやすい人の特徴6選!原因と内容・対策法も徹底紹介

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

沢尻エリカの元旦那は高城剛!離婚の真相や子供の噂が出る理由も総まとめ

リケジョの9つの特徴とモテる理由!かわいい芸能人12名まとめ【理系女子】

痩身エステは痩せる?痩せない?種類や効果&口コミを徹底チェック!

結婚相談所の料金比較!成婚率や口コミ・トラブルも全部解説します!

マウスウォッシュおすすめランキング28選!選び方&口コミも総まとめ【最新版】

結婚できない女の特徴5つ!3つの原因と改善策も知って現状を打開しよう

家族が嫌いでストレスに感じる10個の原因と対処法【時間と距離が大切】

ガールズバーの給料や年収&仕事内容!キャバクラとの違いも徹底解説

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

家族が嫌いでストレスに感じる10個の原因と対処法【時間と距離が大切】

身長と遺伝の関係&他に背を決める4つの要因まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す