ラウンジの給料や年収と仕事内容&キャバクラとの違いまとめ【スナックとクラブの中間】

夜の仕事の1つに「ラウンジ」があります。夜の仕事をしたいと思っているけれど、「ラウンジとは一体どんなところなのかわからない。」、「キャバクラとの違いは何?」、「給料はいくら位稼げるの?」などの疑問を持っている女性は少なくないですよね。

 

今回は夜の仕事の中でもラウンジに焦点を当てて、ラウンジの給料や年収、仕事内容、特徴、キャバクラとの違いを徹底解説します。夜の仕事選びの参考にしてくださいね。

ラウンジの給料・年収

ラウンジで働いた場合の給料や年収をご紹介します。ラウンジで働くと、キャバクラよりも稼げるのかどうか気になる人も多いと思います。

 

 

ラウンジの時給の相場

 

ラウンジの時給の目安は、時給4000円~となります。これは、もちろん地域やお店によって大きく異なるので、あくまで目安としてみてください。

 

都市部のラウンジなら時給はもっと高くなることがありますし、高級志向が強いラウンジの場合も時給は高めになります。逆に郊外のラウンジ、敷居が低いラウンジは時給が安めになります。

 

東京の高級志向のラウンジで働いている女の子は、時給8000円以上の子もいます。

 

また、美人でお客さんからの人気が高い女の子は、「日給4万円保証」のように日給制、しかも高額な日給の給料になっていることもあります。ちなみに、「日給4万円保証」というのは、「最低でも4万円」ということですから、それ以上稼げるケースがほとんどです。

 

 

ラウンジはインセンティブが付くことが多い

 

ラウンジで働くと、時給以外の給料が付くことが多いです。それは、インセンティブですね。具体的には、ドリンクバックだったり、同伴バックだったりですね。

 

つまり、頑張って沢山の売り上げを稼ぎだせば、それだけあなたもガッチリ稼ぐことができるということになります。

 

 

ラウンジは待機中は時給が付かないこともある

 

ラウンジではお客さんが来ない時には、待機部屋で待機していないといけません。ラウンジによっては、待機中は時給が発生しないことがあります。

 

つまり、お客さんの横に座って接客していないと稼げないということになります。

 

お客さんから人気がある女の子はどんどん稼ぐことができるものの、入店したばかりの子やあまりお客さんが付いていない女の子は、どうしても待機が多くなるので、稼げないのです。

 

この待機中に時給が付くかつかないかは、お店によって違いますので、入店前にしっかり確認しておきましょう。

 

あまり夜の仕事の経験がない人は、時給は少し安くても、待機中もきちんと給料をつけてくれるラウンジを選んだほうが良いと思います。

 

 

ラウンジで働いた場合の給料・年収

 

ラウンジで働いた場合の給料や年収を計算してみましょう。ラウンジの時給はお店や個人によって異なりますし、ドリンクバックや同伴バックによって異なりますので、これも時給同様に「目安」として考えてください。

 

<時給4000円で1日4時間、週3回働いた場合>

・日給=1万6000円

・月給=19万2000円

・年収=230万4000円

 

<日給4万円保証+インセンティブで時給5000円、1日5時間、週5回働いた場合>

・日給=6万5000円

・月給=130万円

・年収=1560万円

 

ラウンジはお客さんからの人気が高ければ、ビックリするほどの給料・年収を稼ぎ出すことができる仕事なんですね。

 

 

ラウンジの仕事内容や特徴、キャバクラとの違い

ラウンジの給料や年収をご紹介しましたが、「結局、ラウンジってどんなところ?キャバクラとの違いは何?」、「どんな仕事をするの?」と疑問に思っている人も多いと思います。

 

ラウンジでの仕事内容やラウンジの特徴、キャバクラとの違いを説明していきます。

 

 

ラウンジの仕事内容は基本的にお酒の席での接待行為

 

ラウンジでの女の子の仕事内容は、基本的にお酒の席での接待行為です。男性のお客さんの隣に座って、お酒を作ったり、会話で楽しませたりする仕事ですね。

 

これはキャバクラと同じような仕事内容になりますね。ただ、キャバクラとの違いは、1対1かどうかです。

 

キャバクラではお客さん1人に対して、女の子が1人ついて接客するケースが多いですが、ラウンジでは女の子1人でお客さん複数人を接客することが多いです。

 

お客さんの人数や、店内の混雑具合では1対1のこともありますが、ラウンジでは絶対に1対1で接客するというわけではないのです。

 

もちろん、このシステムはお店によって異なりますが、1人で複数人のお客さんを楽しませないといけないので、ラウンジでは高い接客スキルが求められるのです。

 

 

ラウンジの定義は実はとても曖昧

 

ラウンジの仕事内容はお酒の席での接待行為ですが、具体的にラウンジとはどんなところなのか気になりますよね。

 

実は、ラウンジの定義はとても曖昧で、「これがラウンジです!」と断言できるものはありません。そのお店が「うちはラウンジです」と言えば、そのお店はラウンジになります。

 

ラウンジのイメージとしては、高級クラブとスナックの間の雰囲気で、キャバクラよりもやや高級志向が強いことでしょうか。

 

ただ、スナックと変わらないようなラウンジもある一方で、会員制の高級ラウンジも存在しますので、その線引きは非常に難しいですね。

 

また、ラウンジは店内が広々としていて、ゆったりとした雰囲気でお酒を楽しめるところが多い傾向にあります。

 

 

ラウンジとキャバクラの違い

 

ラウンジとキャバクラは、結局何が違うの?と疑問に思っている人も少なくないと思います。

 

これは、先ほども言ったように「ラウンジ」の定義が曖昧なので、これは絶対に違うというポイントはないのですが、一般的なラウンジとキャバクラの違いを説明していきます。

 

<ラウンジとキャバクラの違い>
1.キャバクラよりもラウンジの方が高級感がある
2.ラウンジはお客さんの年齢も高めで、社会的地位が高い人が多い
3.ラウンジは指名制ではなく、永久指名(担当制)のことが多い
4.女の子の年齢はラウンジの方が高め
5.ラウンジは時間制ではなくフリータイムのところが多い
 

この4つがラウンジとキャバクラの違いになります。キャバクラよりもラウンジの方が、料金設定が高めなので、お客さんは自然と年齢層が高く、お金に余裕があるような社会的地位が高い人が多くなります。

 

また、キャバクラは時間制で、1時間〇〇円としていますが、ラウンジは時間制ではなく、フリータイムにしていて、ボトルキープをすれば、時間を気にせずゆっくり飲むことができるようにしているところが多いですね。(もちろん、時間制のラウンジも存在します)

 

そして、キャバクラでは女の子の指名制度がありますが、ラウンジでは永久指名になることが多いです。1度そのお客さんについたら、ずっとそのお客さんの担当になりますので、つぎにそのお客さんが来たら、自動的にその人の接客をすることになります。

 

永久指名制(担当制)の場合は、担当したお客さんに、次も来店してもらえるかが重要になりますので、こまめに連絡を取ったり、積極的に営業メールやLINEができる女の子がラウンジに向いています。

 

ラウンジはお客さんの年齢層が高めで、「キャピキャピ感♪」を出すよりも、落ち着いた雰囲気を出す女の子が好まれますので、キャバクラよりも女の子の年齢層はやや高めになります。

 

 

高級感を出すことが大切

 

ラウンジはキャバクラよりも高級志向のところが多いので、お客さんも高級感を求めて来店します。キャバクラではなく、ラウンジに行くことが、一種のステータスになっているのです。

 

だから、ラウンジで働く女の子は容姿が綺麗なことはもちろん大切ですが、高級感を出すことも大切です。

 

安っぽいドレスやヘアスタイル、ネイルはNGですので、それなりの高級感があるドレスやヘアスタイルにしなければいけません。もちろん、お店でドレスのレンタルやヘアセットをやってくれるところがあります。ただ、お店のものを利用すると、給料天引きになりますので注意してください。

 

また、立ち振る舞いや会話の内容なども高級感を出すように注意してください。

 

 

ラウンジをおすすめしたいのはこんな人!

 

夜の仕事にはキャバクラやガールズバーなどいろいろな種類がありますが、いろいろある夜の仕事の中で、ラウンジで働くことをおすすめしたいのは、次のような女性です。

 

・20代後半~30代前半の女性

・夜の仕事の経験がある

・ワイワイ騒ぐよりも落ち着いた雰囲気の方が好き

・夜の仕事でしっかり稼ぎたい 

・お客さんへの営業がマメにできる女性

 

このような女性は、ラウンジで夜の仕事をすると、ラウンジでガッチリ稼げます。また、自分の容姿に自信がある人も、ラウンジをおすすめしたいですね。

 

キャバクラはメイクや髪型を盛ることで、ある程度は誤魔化すことができますが、ラウンジでは高級志向のため、そこまでメイクや髪型を盛ることはせず、上品に仕上げるので、容姿が元から良い人はそれが際立つのです。

 

だから、容姿に自信がある人、モデルや芸能人並みの容姿の人は、キャバクラではなくラウンジで働いたほうが人気が出ますし、しっかり稼ぐことができると思います。

 

 

ラウンジの給料・年収と仕事内容・特徴についてのまとめ

・ラウンジの給料
「4000円~」「高級ラウンジの場合は8000円以上」「日給制のところもあり、4万円が平均」「人気があればインセンティブ給料を出してくれる」「待機中に時給が発生しないこともある」

・ラウンジの年収
「時給4000円で1日4時間週3回の場合は、230万4000円」「日給4万円保証でインセンティブ時給で5000円、1日5時間週5の場合は、1560万円」

・ラウンジとキャバクラの違いは、高級志向がキャバクラよりもやや強い

・ラウンジの特徴
「店内が広々としている」「ゆったりとした雰囲気でお酒が楽しめる」「担当制であることが多い」「お客さんの年齢が高めの傾向」「時間制ではなく、フリータイム」「高級志向がウリなので、安っぽいヘアスタイルやネイル、ドレスはNG」

・ラウンジで働くのにおすすめの人
「容姿に自信がある」「モデルや芸能人並みの体型を持っている」

 

ラウンジの給料・年収や仕事内容や特徴、キャバクラとの違いについてまとめましたが、いかがでしたか?ラウンジはこれという定義がないので、ハッキリ言えば、そのお店によって料金設定や雰囲気は千差万別です。

 

ただ、キャバクラよりは高級志向のところが多いので、落ち着いた雰囲気の女性におすすめの職場です。

 

ただ、キャバクラよりもしっかり稼げる分、それなりの接客スキルが求められることが多いですし、選考の時点で不採用になる女性も少なくないので、その点は覚悟しておきましょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

女性大学教授の年収や給料&仕事内容まとめ【仕事は研究・教育・学務の3つ】

平均年収を男性・女性別&年代別で徹底比較【収入分布・業種別の平均年収もあり】

キャビンアテンダントの給料や平均年収!CAになるための6つの条件も総まとめ

派遣社員の年収や給料!6つのメリットと7つのデメリットまとめ【気楽に働きたい人におすすめ】

テレフォンレディの実態は怪しい?給料や仕事内容・稼ぐための5つのコツまとめ

お金持ちの男性の職業9選&共通する12の特徴や生活まとめ

ネイリストの給料や年収&仕事内容と資格について総まとめ【実は体育会系】

歯科助手の給料・平均年収と仕事内容&なる方法まとめ【違法行為に注意】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

生理前症候群と妊娠初期症状の違い&4つの見分け方まとめ

整形した目の4つの特徴&見分け方まとめ!バレないコツも徹底解説

アデノイド顔貌の11個の症状や原因&6つの治し方・治療法まとめ

仕事のミスを隠すのはNG!落ち込む前に試したい対策法5つを徹底紹介!

つくし世代の意味や年齢&10の特徴!仕事や恋愛における付き合い方も総まとめ

アンニュイな女の特徴!髪型・メイク・ファッションと芸能人7人まとめ

モテる女の25の特徴!外見・顔・性格・ 服装のポイントを徹底紹介

三角顔に似合う髪型と前髪!5つの特徴やおすすめのヘアスタイルまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ショートブーツのレディース人気ブランド20選とおすすめコーデ【男ウケはまあまあ】

早産の原因とは?生存率・障害や後遺症との関係性もまとめ【予防法あり】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す