ガールズバーの給料や年収&仕事内容!キャバクラとの違いも徹底解説

女性が手っ取り早く稼ごうと思ったら、夜の仕事を選択するのが一番確実ですよね。でも、夜の仕事っていろいろあって、何が違うのかがわからない。どれが私に合っているのかわからないという女性も多いと思います。

 

今回は、夜の仕事の1つであるガールズバーについて徹底解説します。ガールズバーの給料・年収や仕事内容、特徴、キャバクラとの違いについてまとめました。

ガールズバーの給料や年収を徹底解説!

まずは、ガールズバーの給料・年収について、詳しく見ていきましょう。夜の仕事の1つであるガールズバーで働くと、どのくらいの給料が稼げるのでしょうか?

 

 

ガールズバーの時給の目安

 

ガールズバーの給料は、基本的に時給制になっています。ガールズバーの時給は、東京の場合は2000円が平均になっています。地方だったら、1200~1500円程度のところもありますね。

 

キャバクラの時給は、東京の場合は4000円~が目安になりますので、ガールズバーはキャバクラよりも給料は安めということになります。

 

 

ガールズバーの給料は時給以外にもある

 

ガールズバーの時給は2000円前後になりますが、実はガールズバーで働くと、時給以外にも給料が発生することがあります。ガールズバーでの時給以外の給料とは、ドリンクバックですね。

 

ドリンクバックとは、接客しているお客さんがドリンク(お酒)を注文すると、女の子にその利益の一部が還元される制度のことです。1杯あたり200~500円程度のことが多いです。

 

このドリンクバックがあるかどうか、またドリンクバックの金額はお店によって異なりますが、ドリンクバックがあるガールズバーで働くと、時給以外にお給料がもらえますので、頑張った分だけ稼ぐことができます。

 

 

天引きには要注意!

 

夜の仕事の場合、時給をそのまま丸ごともらえることは、実は少ないことを知っておく必要があります。時給から、なんだかんだと天引きをされてしまうことが多いんです。

 

キャバクラの場合は衣装代やヘアメイク、送迎などで天引きされますが、ガールズバーの場合、キャバクラほどではなくても、次のような名目で給料を天引きされることがあります。

 

・研修費
・福利厚生費
・衣装代
・送迎代

 

ただ、ガールズバーによっては給料天引きが全くなく、時給をそのままもらえることもありますので、入店前には天引きはあるのか、またどのくらい天引きされるのかは確認しておかないといけません。

 

 

ガールズバーの給料・年収を計算してみよう

 

ガールズバーで働いた時の給料や年収を計算してみましょう。最初に言っておきたいのは、時給や天引きなどはお店によって異なりますし、働く時間によっても給料・年収は大きく違いますので、今から説明するものはあくまで「ガールズバーの給料の一例」であることです。

 

<時給2000円で1日5時間、週3回働いた場合(ドリンクバックなし、天引きなし)>

・日給=1万円

・月給=12万円

・年収=144万円

 

<時給2000円で1日5時間、週5日働いた場合(ドリンクバックあり、天引きなし)>

・日給=1万円+1000円(ドリンクバック1杯200円、1時間1杯ペース)

・月給=22万円

・年収=264万円

 

これを見るとわかると思いますが、ガールズバーの給料・年収は実はそこまで高くないのです。ガールズバー一本で働くというよりも、学生やOLさんがバイト感覚で働くのに向いていますね。

 

 

ガールズバーの仕事内容や特徴~キャバクラとの違い~

次に、ガールズバーの仕事内容や特徴を見ていきましょう。この仕事内容や特徴を見れば、キャバクラとの違いが明確にわかると思います。

 

ガールズバーとキャバクラって、結局一緒でしょ?と思っているかもしれませんが、実は全然違うものなんです。

 

 

基本はお酒の席での接客

 

ガールズバーの仕事内容は、基本的にはお酒の席での接客です。これは、キャバクラと同じようなものですね。

 

ガールズバーのキャストは、「女性バーテンダー」という位置づけになります。お酒を作ったり、お客さんとお話しながら、接客を行います。

 

また、ガールズバーによっては、チラシ配りなども仕事の1つに含まれます。ガールズバーはキャバクラとは違って、キャッチによる客引きが禁止されていないので、お店の女の子が自ら街中で男性に声をかけたり、チラシを配ったりして、客引きをすることがあります。

 

チラシ配りをして客引きをすることで、お客さんを捕まえたら、インセンティブとしてその女の子の給料に還元されることが多いです。

 

 

キャバクラとの一番大きな違いはカウンター越しかどうか

 

ガールズバーの仕事内容は、お酒の席での接客ですが、これだけを見るとキャバクラとの違いが全く分からないと思います。

 

ただ、ガールズバーでの接客は、キャバクラとは違います。キャバクラとの一番大きな違いは、ガールズバーはカウンター越しに接客をすることです。

 

そのため、キャバクラのようにお客さんの隣に座って接客することはありません。ガールズバーでは、カウンター越しでないと接客できないのです。

 

これはキャバクラのように風俗営業許可店ではなく、ガールズバーは飲食店(深夜酒類提供飲食店)として営業しているため、あくまでアルコール類を提供するだけのお店であり、キャバクラのような接待行為は認められていないため、カウンター越しでの接客になります。

 

もし、キャバクラのように、お客さんの隣に座って接客すると、法律違反になりますので摘発を受けることになります。

 

 

ガールズバーは終日営業OK

 

先ほど、ガールズバーは風俗営業許可店ではなく、飲食店という分類であることをお話しました。そのため、ガールズバーは営業時間の制限はなく、終日営業OKになります。

 

キャバクラは風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)によって、深夜0時~日の出までは接待行為ができないと決められています。

 

だから、キャバクラは基本的に深夜0~1時で営業終了になります。でも、ガールズバーは飲食店になりますので、接待行為はできませんが、24時間営業することができます。

 

そのため、ガールズバーは19時頃から明け方まで営業しているところが少なくありません。

 

長時間働いて、ガッチリ働きたいという女性は、キャバクラよりもガールズバーの方が時給は低いものの、長時間働けますので、日給は高くなることがあるためおすすめなんです。

 

特に、夜のお店の集客は23時以降が本番になりますので、ドリンクバックがあるようなガールズバーで深夜以降に働くと、それなりに稼ぐことも可能です。

 

 

ガールズバーのキャストは若い子が多い

 

ガールズバーの仕事内容や特徴について、次はキャスト(働く女の子)の年齢についてです。ガールズバーは飲食店ですので、22時までなら高校生でも働くことができます。22時以降は18歳以上でないといけませんね。

 

こういった理由もあって、ガールズバーの女の子の年齢層は、キャバクラよりも若めで20代前半の女の子が中心になります。

 

そのため、もしあなたがアラサー以上であるなら、ガールズバーで仕事をすると、浮いた存在になったり、年齢的に不採用になることもあります。

 

 

ガールズバーは私服でOKのところが多い

 

ガールズバーでの仕事は、カウンター越しでのお酒の席での接客です。キャバクラの場合、きらびやかなドレスを着て仕事をすることが普通ですが、ガールズバーの場合は、私服で接客OKのところも少なくありません。

 

私服で接客できる場合、衣装代の天引きがないので、助かりますね。ただ、ガールズバーによってはコスプレのような衣装で働かなくてはいけないところもあります。

 

どのような服で働くかは、ガールズバーによって違います。キャバクラのようなドレスを着るところはほとんどないですが、入店前には私服でOKなのか、何か衣装があるのかは確認しておきましょう。

 

 

ノルマなしで気楽に働ける

 

ガールズバーとキャバクラの違いは、ノルマがあるかどうかもあります。

 

キャバクラの場合は、売り上げのノルマが課せられることがあり、お客さんに営業メールをしたり、積極的に同伴をしたり、アフターに行ったりしなければいけないこともあります。

 

また、店内での売り上げランキングが毎月発表されて、プレッシャーをかけられることも少なくありません。

 

でも、ガールズバーはノルマなしのところが多いので、気楽に働くことができます。ノルマなしなので、キャバクラにありがちなギスギスした人間関係もなく、同僚の女の子とも仲良く良い関係を築きながら楽しく働けることが多いですね。

 

ガールズバーは夜の仕事未経験者におすすめ!

 

ガールズバ―の給料やキャバクラとの違いについて見てきましたが、ガールズバーって給料は高くないけれど、気軽に始められそうというイメージを持った人も多いのではないでしょうか。

 

ガールズバーはお客さんの隣に座って接客するわけではありませんので、キャバクラなどのほかの夜の仕事よりも気楽に始めることができます。

 

夜の仕事をしたことがない人は、まずはガールズバーから始めてみると、無理なく働いていけるのではないでしょうか。

 

また、学生さんやOLのダブルワークとしてもおすすめですね。

 

 

ガールズバーの給料・年収・仕事内容と特徴についてのまとめ

・ガールズバーの給料
「時給2000円平均(東京)」「時給以外のドリンクバック」「天引きがある」「年収は144~264万円」


・ガールズバーの仕事内容と特徴
「女性バーテンダー」「チラシ配り」「カウター越しの接客」「終日営業がある」「20代前半の女の子が多い」「私服OK」「ノルマがない」


・ガールズバーは夜の仕事未経験者におすすめ

ガールズバーの給料・年収や仕事内容や特徴、キャバクラとの違いをまとめました。ガールズバーは給料は高くないものの、気楽に始められる夜の仕事ですので、夜の仕事に興味を持っているけれど、何となく不安という女性におすすめです。

 

ガールズバーで働いてみて、「もっと稼ぎたい!」とか「私は夜の仕事に向いている」と感じたら、キャバクラなどの本格的な夜の仕事をしてみてはいかがでしょうか?

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

高級クラブの給料や年収と仕事内容&キャバクラとの違いまとめ【ホステスの世界は厳しい!】

女性大学教授の年収や給料&仕事内容まとめ【仕事は研究・教育・学務の3つ】

ラウンジの給料や年収と仕事内容&キャバクラとの違いまとめ【スナックとクラブの中間】

派遣社員の年収や給料!6つのメリットと7つのデメリットまとめ【気楽に働きたい人におすすめ】

システムエンジニアの年収!仕事内容やSE関連の資格を総まとめ

平均年収を男性・女性別&年代別で徹底比較【収入分布・業種別の平均年収もあり】

エステティシャンの給料や平均年収&仕事内容・16種類の資格まとめ

フラワーコーディネーターの給料や年収!仕事内容&なる方法も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

コンディショナー/トリートメント/リンスの違い&順番まとめ!おすすめ商品9選も紹介

【病気?】やる気が出ない8つ原因と対処法10選【仕事も家事も嫌】

【女子アナ】女性アナウンサーの年収と給料や仕事内容&就職方法まとめ

ストレートパーマの値段・持ち・時間!縮毛矯正との違い&失敗例と対処法まとめ

安住紳一郎の彼女遍歴&結婚しない理由!性格と年収も総まとめ

エンダモロジーの効果は?キャビテーションとの違いや口コミ・食事の注意点まとめ

母子家庭の年収と貧困の原因!リアルな生活の実態・子供の5つの特徴まとめ

シングルマザーの平均年収は?収入を増やすコツとおすすめの仕事まとめ【看護師がコスパ最高!】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

付き合う前に3回目のデート!男性心理と女性心理|脈あり・脈なしの4つの見分け方まとめ

腕の脱毛の効果が出る回数や期間!4つのメリットと3つのデメリットも徹底紹介します

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す