借金返済方法とポイント9つ!毎月の返済額を減らす&収支と支出の把握方法も徹底解説

多額の借金がある人の生活は非常に苦しく、早期完済のために今の生活を見直す必要があります。

 

今回は借金を返済する方法3つ、返済ポイント9つ、毎月の返済額を減らす方法3つ、支出入を把握し見直す方法などを紹介します。

 

借金の返済方法3つ!

 

Debt-women_org-Slider-2

 

借金の額がどんどん増えていくと、一体どうすれば全ての借金を返済できるのだろうか、と頭を抱えてしまうかもしれません。

 

楽に、早く全ての借金を返済したい、と思われることでしょう。

 

 

しかし、借金の返済方法は大きく分けて3つの方法しかありません。

 

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

 

 

①自力で徐々に返済する

 

1つ目の借金返済方法は自力で返していくことです。

 

借金を返済するための方法に、裏技などという甘いものは存在しません。

 

基本的には借金したお金は毎月コツコツと返済していく必要があります。

 

これが最も一般的で、基本的な借金返済方法と言えるでしょう。

 

 

この方法は、借金の総額が100万円前後で、自分の収入のみで何とか返済できる範囲、という場合に当てはまります。

 

また、借金の金額や境遇的に他の2つの返済方法のメリットがない、という場合は、この方法が良いでしょう。

 

 

②第三者を使って強制的に返済額を減らす

 

2つ目の方法は第三者の手を借りて強制的に返済額を減らしていく、というものです。

 

弁護士や司法書士に助けを求めることが出来ます。

 

このようにして借金を返済する方法を「債務処理」といいます。

 

債務処理にはいくつかの種類があります。

 

 

自己破産

 

債務処理の1つ目の方法は「自己破産」というものです。

 

これは借金をすべて帳消しにすることが出来ます。

 

他の手続きであれば、借金の金額を減らすことはできても、その後も返済し続けなければなりません。

 

自己破産は債務整理することにより、借金が事実上0円になりますので、非常に優れているといえる返済方法でしょう。

 

 

任意整理

 

2つ目の方法は「任意整理」です。

 

借金を話し合いによって減らしてもらうことが出来ます。

 

元本まで減らしてもらうことはできないでしょう。

 

しかし、発生している利息を減らしてもらったり、過払い金があるのなら回収することもできます。

 

もし、債権者に任意整理の同意をしてもらうことが出来たのなら、借金は3~5年ほどの分割払いで借金を返済していくことが出来ます。

 

 

特定調停

 

「特定調停」という方法もあります。

 

これは簡易裁判所を利用して借金の返済額を調整してもらう方法です。

 

少額の借金について争うときには簡易裁判所が使用されます。

 

日本には現在483か所あるようです。

 

 

債務者と債権者が裁判所の仲介の下、話し合いを行い、返済負担額を減額してもらうことが出来るでしょう。

 

この場合は、これから支払っていく上で生じる利息分をカットしてもらえる可能性があります。

 

 

個人再生

 

「個人再生」という方法もあります。

 

これは債務を5分の一に圧縮して、残りの返済するべき債務を3~5年かけて返済していくという方法です。

 

自己破産の時と同じように裁判所に申し立てしなければなりません。

 

そうすることで個人再生の手続きを進めることが出来ます。

 

 

債務が全て無くなるわけではないので、自己破産よりは圧縮幅は狭いものになります。

 

しかし任意整理や特定調停よりも、かなり負担が少なくなる債務処理方法といえます。

 

 

③借り換えやローンを利用する

 

3つ目の借金返済方法はローンを利用する、というものです。

 

ローンを利用するという返済方法は、根本的には自力で返済するという方法になります。

 

しかし、借金が高額になっている場合は、借り換えやローンを使うことで毎月の返済額を少なくしたり返済期間を短くすることができるのでおすすめです。

 

次のような点に借金の状況が当てはまっているのであれば、借り換えやローンを利用するのが最適でしょう。

 

 

・100万円を超える高額の借金がある

・金利が高くて返しても返しても借金が減らない

・複数の業者からお金を借りている

 

 

借り換えとは、A社から借りていたお金をB社から借りて完全返済することで、借りているお金は変わらずとも、返さなければいけない期間や金利を変化させることが出来ます。

 

おまとめローンを利用すると、複数社から借りていたお金を1社から借りたお金ですべて返済し、新たに借りた1社からの借金のみを返済していく、という方法です。

 

 

 

借金返済方法のポイント9つ!

 

161024104027100045

 

お金を借りることが簡単にできる現代では、借金に溺れてしまい、どんどん返済できない状況に追い込まれている人も少なくありません。

 

正しい返済方法についての知識を学び、返済計画をきちんと立てる必要があります。

 

そうしなければ、いざ返済しようと思ったときには、とてつもない額の借金が立ちはだかることになりかねません。

 

借金の返済を早くするためのポイント9つを紹介していきたいと思います。

 

 

①自分自身の支出&収入を明確にする

 

まずしなければならないことは、自分自身の支出や収入をはっきり明確にしておくことです。

 

そうしなければ返済計画を立てることはできません。

 

なんとなく毎月これだけ返していけば、いつか返済できるだろう、というぼやけた計画では早く返済できません。

 

 

毎月の収入と支出を比べて、毎月どれくらいのお金を借金返済のために使えるのかを知るようにしましょう。

 

そうすれば、毎月いくらまでなら無理なく借金返済にお金をあてられるか、ということが分かるようになるでしょう。

 

 

②返済日を知る

 

返済しなければならない返済日を知りましょう。

 

借金をしている会社によって返済日は異なります

 

全部が全部月末、または月初めという訳ではないので注意しましょう。

 

 

返済日を知らず、知らない間に引き落とされていた、という曖昧な認識でいると、借金返済が延滞してしまうことにもなりかねません。

 

そうなると、返さなければいけない額がいつの間にか増えていた、という危機的な状況に陥ることも珍しくありません。

 

返済日はきちんと把握するようにしましょう。

 

 

遅延損害金は利子よりも高いので注意してください。

 

返すべきお金をできるだけ増やさず、減らすように努力すれば、借金を早く返済することが出来るでしょう。

 

 

③返済計画を立てる

 

借金を減らすには、借金の返済計画をきちんと立てることがどうしても必要です。

 

この返済計画には、月に○万円は返済に充てる、という計画だけではありません。

 

「いつ完済できるか」という完全返済の目標を定めた上で、計画を立てなければなりません。

 

 

返済金額が多ければ多いほど、毎月○万円と決めて返済していても、一体いつになったら返済が完了するのかがはっきり分かりません。

 

そのため、新たに借金をしてさらに借金が増えてしまうことも。

 

そうなると返済期間が長引き、難しい状況に陥りかねません。

 

完済日を明確にしましょう。

 

 

④借金の元金を減らす

 

借金を全額、できるだけ早く完済するには、借金の元金を減らすように工夫しましょう。

 

 

例えば50万円の借金を年利18パーセントで持っているとします。

 

1か月後には7397円の利息が生じることになりますね。

 

 

利息のことを考えずに、毎月1万円を返済しようと決めるとします。

 

そうすると利息の7397円分と、借金のうち2603円しか返済できないことになります。

 

このような返済計画だといつまでたっても借金は減りません。

 

 

ですから、元金を減らしていくことを考えて、借金の元金1万円を毎月返していくように計画します。

 

そしてこれにプラスして、利息の7397円を毎月払うようにするべきです。

 

そうすれば借金そのものが確実に減っていくことでしょう。

 

 

⑤給料日後返済を心がける

 

借金を早く返済するための一つのコツは、給料日後すぐに返せるだけのお金を返しておくという方法です。

 

毎月、月末に余ったお金で借金を返済していては、いつまでたっても返済が終わらないことでしょう。

 

給料日に給料が入ったら、その月のうち生活するために必要なお金だけを残して、先に借金返済をすると、借金の完済に近づけるでしょう。

 

 

⑥臨時収入は返済に使う

 

毎月の給料以外で臨時収入が入ったときは、そのお金を返済に回すようにしましょう。

 

そうすれば、借金返済計画よりも早く完済が出来るでしょう。

 

入ったお金をそのまま自分のために使うのは、借金を完済してからにしましょう。

 

 

⑦最低限貯金する

 

借金の返済と共に、貯金しておくことも大切です。

 

借金をしながらさらに借金していくと、いつまでたっても完済できず、ずっと借金返済のために働いていることになってしまいます。

 

 

最低限の貯金を毎月行うようにすれば、まとまったお金が必要な時に借金することなく、貯金したお金で間に合わせることが出来るでしょう。

 

借金返済を計画通り進めていくとともに、もう借金しなくてもいいように環境を整えていくことも必要です。

 

 

⑧借金の一本化を行う

 

借金をできるだけ少なくして、早く返済するために、借金の借り換えや一本化を行うことが出来ます。

 

例えば年利の低い銀行から、借金を返済するためのお金を借りて、年利の高い借金を返済することが出来ます。

 

そうすることで少しでも借金の全額を減らすことが出来るでしょう。

 

 

しかし、借金の借り換えや一本化には審査があります。

 

そのため全ての人がこれを行えるわけではありません。

 

どうしてもこの方法が行いたいのであれば、挑戦してみましょう。

 

 

⑨新たな借金をしない

 

あなたのタイプが、借金の返済が遅れていつまでも借金返済に追われているタイプなら、その返済しなければいけない借金以外の借金を新たに増やさないようにしましょう。

 

借金しながら借金を続けているといつまでたっても返済金額は減りません。

 

 

 

借金返済のために自分の収支を把握する方法2つ!

 

secret-payment-repayment-and-debt-consolidation2

 

自分の収支のバランスを知らなければ、返済計画を立てることはできません。

 

借金がなかなか減らなくて、どうしたらいいかわからない、という方は、まずは自分の支出と収入の金額をしっかり知っておく必要があるでしょう。

 

では、どのように自分の収支を把握することが出来るでしょうか?

 

ここでは2つの方法をご紹介したいと思います。

 

 

①家計簿を使う

 

1つ目の方法は家計簿を使う、というものです。

 

家計簿にその日の収入と支出額をきちんと記録していきましょう。

 

書き出すことでどれだけ使ったのかを知ることが出来ます。

 

 

家計簿をつけるときには、調整できない固定費などの生活費と、節約できる毎月変動する生活費を分けて記録すると良いでしょう。

 

今の時代スマホのアプリでも簡単に記録をつけることが出来ます。

 

 

②生活費の割合を計算

 

自分の生活費を知って、どのくらいの収入を借金返済のために使うことが出来るかを、知る必要があります。

 

収入の中で生活費が占めている割合が多いと、借金がなかなか返済できず苦しくなることでしょう。

 

 

しかし、先ほど紹介したように家計簿をしっかりつけておくなら、節約できる部分の支出額が分かります

 

生活費をいくらか削って借金返済に充てることが出来るはずです。

 

 

 

借金の毎月の返済額を減らす方法3つ!

 

imagesATV4AIT2

 

では、毎月の借金返済計画を立てたところで、全体の借金額を減らすためにはどうすればよいのでしょうか。

 

裏技のようなものはありませんが、以下の3つの方法でできるだけ借金額を減らして、早く返済することが出来るかもしれません。

 

 

①高金利の借入先から返済

 

1つ目の方法は、高金利の借入先から借金しているものを優先的に返済していく、という方法です。

 

複数の業者から借り入れをしているのであれば、この方法が適用できます。

 

借金残高が少なくなっていたり、利息が高い業者への返済をできるだけ早く済ませましょう。

 

そうすれば、借金完済までにかかる利息をできるだけ抑えることが出来るでしょう。

 

 

残高が少なくなればなるほど年利が上がっていきます。

 

ですから、残高が少ない借金をなるべく早めに完済することで、利息を抑えられます。

 

 

②繰り上げ返済

 

利息を抑えて、トータルの借金を減らすために繰り上げ返済は非常に良い方法かもしれません。

 

繰り上げ返済とは、毎月決められた返済金額よりも多くの金額を余裕のあるときにまとめて返済する、という方法です。

 

そうすることで返済する利息を減らすことが出来ます。

 

 

うまく節約できていたり、収入が増えたり、臨時収入があった時などは、繰り上げ返済を行うと、全体の返済金額を減らすことが出来るでしょう。

 

 

③金融機関に相談

 

借金があまりにも高額であったり、年利が高くていつまでたっても返済できない、といった状態が生じていませんか?

 

金融機関に相談して、借金金額を減らしてもらう方法を教えてもらうことが出来ます。

 

 

他者からの借り入れを全部立て替えてもらって、借入先を1本に絞れば利息をかなり減らすことが出来ます。

 

また、借金を返さなければいけない期限も伸びて、精神的にも負担を軽減することが出来るでしょう。

 

 

しかし、逆に返済総額が増えたり、過払い金の請求が出来なくなるようなときは、おまとめローンはしないほうが良いかもしれません。

 

また、利息が高くなるのであれば、借金を減らすための一本化が逆に返済金額を増やすことになりますので気を付けましょう。

 

 

 

借金返済のために支出を見直す7つの方法!

 

Beautiful asian businesswoman isolated on white background

 

借金を順調に着実に返済していくためには、節約が必要です。

 

借金を返済するために支出を減らしていくことが出来るでしょうか。

 

収入をいきなり増やすことは難しいかもしれませんが、支出を抑えることはできます。

 

 

借金が高額になっている人のほとんどは浪費癖があるからです。

 

これを機に節約し、支出をできるだけ抑え、浪費癖を克服するのはいかがでしょうか。

 

支出を抑えるための7つのポイントをご紹介します。

 

 

①優先順位を決める

 

まずは、支出に優先順位を定めるようにしましょう。

 

家計簿を作成して、収入と支出を記録し管理することを前述でおすすめしましたね。

 

その中の支出から優先順位を定めます。

 

例えば家賃や光熱費などの固定料金は、節約が難しいため優先順位の高い生活費となります。

 

 

しかし、接待費や自分の趣味のために使う生活費は、自分の意志で金額を変動させることが出来ます。

 

そのため優先順位の低い生活費とすることが出来ます。

 

このように優先順位の低い出費をできるだけ抑えることによって、支出を抑えることが出来るでしょう。

 

 

②コンビニに入らない

 

ついつい、コンビニに立ち寄ってしまう癖がある方は貯金が貯まらない、なぜかお金が無くなる、といった傾向にあるようです。

 

本当に必要な時、緊急時以外はコンビニに入らないようにしましょう。

 

 

コンビニは買いたくなるように商品陳列が工夫されています。

 

そのため買うつもりのなかった物まで、買ってしまうかもしれません。

 

必要ではないものにまでお金を浪費してしまわないようにしましょう。

 

 

③習慣となっている無駄遣いを減らす

 

借金をしてしまったのは大きな出費が重なったからだ、という人がいますが、実際はそうではありません。

 

毎日のちょっとずつの無駄遣いが貯金を蝕み、結果大きな借金へとつながっているのです。

 

 

例えば毎日、仕事に出かける前と退勤するときに缶コーヒーを購入しているとします。

 

自販機で買っていると大体1日に120円×2缶で240円使っていることになります。

 

これを1か月分に換算すると約7000円を缶コーヒーのために毎月使っていることになるのです。

 

 

④食費節約

 

一人暮らしをしているとどうしても、外食したりファーストフードで済ましてしまいたくなるのもわかります。

 

しかし、その毎日の積み重ねが食費を高くしているのです。

 

この食費を節約すれば、実は月に1~3万円近く食費を節約できます

 

 

その節約した分を借金返済のために充てることが出来ますね。

 

そうすれば、借金を早く完済することが出来るでしょう。

 

 

⑤賃料を減らす

 

月の出費で最も高いのは賃料ではないでしょうか。

 

なかなか削ることのできないものですが、実家に帰れるのであれば、借金を返すまでは実家に帰るという選択をするのもよいかもしれません。

 

 

それまで賃料に充てていたお金をすべて借金返済のために使えば、順調に借金を減らすことが出来るはずです。

 

すべて借金を返してからまた新しく一人暮らしを始めるのもよいことです。

 

 

⑥銀行口座を整理する

 

お金を管理している銀行の口座をしっかり把握するようにしましょう。

 

知らないうちに知らないところからお金が引き落とされている、ということが起きないようにしましょう。

 

給与や毎月引き落とされる口座、貯金などの口座が全てごちゃ混ぜになっていると、訳が分からなくなり、お金自体の管理が難しくなります。

 

 

できることなら、いくつか口座を持ちましょう

 

給料が振り込まれる口座、引き落としを行う口座、お金を貯めるための口座を分けることをお勧めします。

 

 

⑦一日の上限金額を決める

 

1日に使う上限金額を決めておくと、毎日のちょっとずつの無駄遣いを防ぐことが出来ます。

 

月々の生活費は決まっていても、月の終わりにお金がギリギリになって、厳しい生活になることがあるでしょう。

 

それなら月ではなく、1日の生活費を決めて、それ以上は決して使わないようにすれば、お金が月末にもしっかり残っているという状態にすることが出来ます。

 

 

 

借金返済のために収入を増やす方法3つ!

 

ad0b68851bc7ad368c05631e6edd1bf4_s-e1505280939165

 

もっと早く確実に借金を返済していくために収入を増やすという方法もあります。

 

では、どんな手段を用いて収入を増やしていけばよいのでしょうか?

 

 

①副業を始める

 

1つ目の方法は副業を始める、というものです。

 

バイトなどは時間的に難しいため、クラウドソーシングサービスを利用して、時間のあるときにできることを少しずつ始めると良いでしょう。

 

自分の持っている力を活かせる種類の副業を選ぶと良いでしょう。

 

 

②専門性を高める

 

自分に投資して専門性を高めることで、今現在従事している仕事での給与アップを狙ったり、副業でさらなる儲けを狙うことが出来ます。

 

自分の仕事への専門性を高めることは収入を増やすために不可欠です。

 

 

③使わないものは売却

 

使わない服や本、DVD、ゲームなどは買い取ってくれる業者に売却しましょう。

 

それほど大きなお金にはならないかもしれませんが、いつまでも眠っている不用品を家にためておくより、収入を少しでも増やすために役に立つでしょう。

 

 

 

借金の踏み倒しは借金返済方法ではない!

 

0502018

 

借金の踏み倒しはリスクが高く、これから先普通の生活を送っていけなくなる可能性のあるものです。

 

住民票を放棄し、最低でも10年は住民票がない状態で生活しなければならなくなります。

 

つまりホームレスです。

 

 

借金を返済するための方法として、絶対におすすめできないものです。

 

自分の人生を棒に振らないでください。

 

正しい方法で着実に、少しずつでも借金を返済するためにできることを行っていきましょう。

 

 

 

まとめ

 

img_01

 

借金返済が遅延すると、生活も苦しくなりますし、精神的にも大きな負担を抱えることになります。

 

借金が今現在あるのなら、自分にできる最善の方法でできるだけ早く借金を完済できるように頑張りましょう。

 

そして、できるだけ借金をしないように、少しずつでも貯金を増やしていきましょう。

 

これから先、自分のお金でやりくりできるように、お金をしっかり管理していきましょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ブスでもできる!レンタル彼女の実態や仕事内容・稼ぐコツまとめ

女性向けのお金の稼ぎ方!短期間で稼ぐ方法と仕事9選まとめ

お金持ちの男性の職業9選&共通する12の特徴や生活まとめ

テレフォンレディの実態は怪しい?給料や仕事内容・稼ぐための5つのコツまとめ

年収と手取りの違いは?計算方法と年代別の年収まとめ【年収-控除=手取り】

女性のカフェ店員の給料!平均年収やメリット・デメリットまとめ

高級クラブの給料や年収と仕事内容&キャバクラとの違いまとめ【ホステスの世界は厳しい!】

管理栄養士の平均年収や給料&仕事内容・2通りの資格取得方法まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

脱毛で硬毛化!原因や確率・4つの治療法と予防法まとめ

甘えん坊の彼氏の特徴や7つの心理&上手な5つの対応方法まとめ【男だって甘えたい】

鼻を高くする方法5選+α!低い原因も徹底解説【参考動画あり】

【最新版】貯金の平均まとめ!20代・30代・40代・50代と年代別に徹底紹介

【保存版】シングルマザー/母子家庭の手当7つ&使える制度8個を総まとめ!

体温が低い4つの原因&10個の上げる方法まとめ

主婦の資格おすすめ10選!再就職に役立つモノを厳選紹介

好きな人は彼女持ち…振り向かせる9つの方法と略奪する時の4つの注意点まとめ!

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

クリープパーマの持ちと特徴!デジタルパーマとの違い&失敗した時の対処法も総まとめ

女性用脱毛器おすすめランキングTOP10!効果&選び方のポイント5つも徹底解説

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す