電子タバコと加熱式タバコの違い&健康への害や危険性まとめ

電子タバコや加熱式タバコは、ここ数年で爆発的な人気になっていますね。

 

あなたは電子タバコと加熱式タバコの違いを知っていますか?また、電子タバコや加熱式タバコの害や危険性を正しく把握しているでしょうか?

 

電子タバコや加熱式タバコはメリットばかりが取り上げられていて、デメリットである害や危険性は知らない、もしくは「害はない」と思っている人も多いと思います。

 

今回は、電子タバコと加熱式タバコの違いや害・危険性を詳しく説明していきます。電子タバコや加熱式タバコに興味がある人は、まずは読んでみてください。

電子タバコと加熱式タバコの違い

最近、電子タバコや加熱式タバコが人気ですが、電子タバコと加熱式タバコの違いがいまいちよくわからないという人も多いと思います。

 

電子タバコと加熱式タバコの違いについてまとめました。

 

 

言葉の正確な意味としては電子タバコも加熱式タバコも同じ

 

電子タバコと加熱式タバコ。言葉の意味としては、実は同じなんです。

 

簡単に言えば、「火を使わないタバコ=電子タバコ・加熱式タバコ」ですね。紙タバコ(紙巻きタバコ)は火を使って燃焼させることで、その煙を吸い込むタバコになります。

 

でも、電子タバコや加熱式タバコは、火を使いません。電子タバコも加熱式タバコも、原理は同じです。電熱線で液体やペースト状のタバコの葉を温めることで、水蒸気(エアロゾル)を発生させます。

 

電子タバコも加熱式タバコも、「電気を使って加熱して水蒸気を発生させる」ので、同じメカニズムのものなんですね。

 

 

一般的にはタバコの葉を使っているかどうか

 

では、電子タバコと加熱式タバコの違いは何でしょうか?実は、この2つの違いの定義はないんです。各種媒体・メディアも電子タバコと加熱式タバコの使い分けはまちまちです。

 

ただ、一般的には電子タバコと加熱式タバコの違いは、タバコの葉を使っているかどうか。つまり、ニコチンを摂取できるかどうかで使い分けていることが多いですね。

 

電子タバコは、タバコの葉を使わず、ニコチンなしのものを指すことが多いです。それに対して、加熱式タバコはタバコの葉を使ったもの、ニコチンを摂取できるタイプの電子タバコを指すことが多いです。

 

加熱式タバコ=IQOS、glo、Ploom Tech
電子タバコ=それ以外

 

簡単に言うと、こういう違い・分類になりますね。

 

 

電子タバコと加熱式タバコを徹底比較

 

この記事の中では、電子タバコと加熱式タバコの違いを「タバコの葉を使っているかどうか」という定義にして、電子タバコと加熱式タバコの違いを徹底的に比較していきます。

 

   電子タバコ  加熱式タバコ
ニコチンの有無  なし  あり
タールなどの有害物質  なし  大幅カットされる
吸うもの  煙  水蒸気
副流煙  なし  エアロゾル
未成年の可否  法律上は可  未成年は不可

 

電子タバコはニコチンもタールなどの有害物質もありません。それに対して、加熱式タバコはニコチンは紙タバコの80%程度、タールは10%程度を摂取すると言われています。

 

また、ニコチンを含んでいない電子タバコは、法律上未成年でもOKです。ただ、道徳上・教育上の問題としては疑問が残りますし、公共の場で未成年がタバコを吸っていたら、補導される可能性はあります。

 

 

条例での取り扱いは自治体によって違いがある

 

電子タバコと加熱式タバコの違いは、条例での取り扱いの違いもあります。税法上は電子タバコはタバコではなく、加熱式タバコはタバコに分類されます。

ただ、電子タバコも加熱式タバコも、ここ数年で人気が高まってきたので、きちんと法整備されていないのが実情です。

東京23区では、区によって電子タバコと加熱式タバコの取り扱いに違いがあります。

 

新宿区などでは電子タバコも加熱式タバコも路上喫煙OKですが、杉並区などでは電子タバコはOKで加熱式タバコはNGになっています。

そして、大田区・渋谷区・品川区では電子タバコも加熱式タバコも路上喫煙は禁止となっています。

電子タバコはタバコの葉を使っていなくても、自治体によってはタバコと同じ扱いをされることもありますし、ニコチンなしの電子タバコと思われずに、嫌な顔をされたり、注意されたりすることもあるでしょう。

だから、加熱式タバコはもちろんですが、電子タバコもマナーを守って喫煙することが大切です。

 

 

電子タバコは害はないけれど…

次は、電子タバコの害や危険性を確認していきましょう。電子タバコは、「害はないから安全」と思っている人は多いと思います。

 

本当に害はないのか、危険性はないのかを説明していきます。

 

 

電子タバコはニコチンやタールはないから害はない

 

電子タバコはタバコの葉を使っていません。

 

一般的にVapeと呼ばれるリキッド式の電子タバコだと、海外ではニコチンが含まれているものがありますが、日本では液体の中にニコチンを入れることは薬事法で禁止されていますので、「電子タバコ=ニコチンはない、タバコの葉を使っていない」と考えてOKです。

 

タバコの葉を使っていなければ、ニコチンやタールなどの有害物質は一切ないことになります。

 

だから、一般的な紙タバコに比べて、害はなく健康に良いことは間違いありません。

 

 

バッテリーの爆発の危険はあるかも…

 

電子タバコはニコチンやタールの害はないから、絶対に安全であると言い切れるかというと、そういうわけでもありません。

 

電子タバコは違うベクトルの危険が潜んでいる可能性があるんです。違うベクトルの危険とは、ずばり爆発です。

 

電子タバコはリチウムイオン電池(バッテリー)が電熱線を加熱して、水蒸気を発生させる仕組なのですが、リチウムイオン電池が異常発熱して、爆発するという事故が起こっています。

 

米フロリダ州セントピーターズバーグで5日、男性がペン型電子たばこの爆発のため死亡する事故があった。同州ピネラス郡当局は15日、破片が頭蓋骨に突き刺さってできた外傷が死因だったと検視報告書などから断定した。

 

引用:電子たばこ爆発で男性死亡、破片が頭に 米フロリダ州 – BBCニュース

 

電子タバコが爆発して、破片が頭蓋骨に突き刺さり死亡…。危険なことこの上ないですね…。この事故は、超レアなケースかと思いきや、そういうわけでもなさそうです。

 

米消防局によると、2009年から2016年の間に電子たばこによる爆発事故や火災は、個別のもので195件あり、133人の重傷者を出した。そのうち38人は特に重いけがだった。

 

引用:電子たばこ爆発で男性死亡、破片が頭に 米フロリダ州 – BBCニュース

 

アメリカでは7年間で爆発事故が195件!!!年間28件ペースです。これを考えると、ある意味で電子タバコは危険であり、害があると言えるでしょう。だって、爆発で頭蓋骨に破片が突き刺さるんですから。

 

これは、電子タバコが熱くなったら、使用をやめる。長時間充電をしない。燃えやすいものの近くで充電しないなどの注意を守っていれば、さほど心配する必要はありません。

 

でも、電子タバコを使うなら、この危険性は頭の片隅には置いておいた方が良いですね。

 

 

加熱式タバコの害と危険性

次は、加熱式タバコの害と危険性について説明します。加熱式タバコは「安全!健康にも良い!」と言われることが多いですが、本当にそうなのか?を徹底的に検証していきます。

 

 

加熱式タバコはタバコの葉を使っている

 

加熱式タバコは健康への害はないから安全と言われることが多いです。でも、1つ忘れてはいけないことは、加熱式タバコはタバコの葉を使っていることです。

 

タバコの葉を使っているということは、やっぱりタバコと一緒なんですよね。

 

加熱式タバコは、紙タバコと比較すると、ニコチンは80%摂取できる。でも、低温で加熱しているから、タールは大幅カットできて10%しか摂取しなくて済むとされています。

 

でも、いくらタールを大幅カットできたとしても、10%は摂取していることになるので、結局は健康への悪影響は出てくるし、がんの危険性も喫煙者に比べると高くなることが推測されるんです。

 

 

有害物質は少ないけれど、健康への害が少ないという根拠はない

 

加熱式タバコは、タールなどの有害物質を大幅にカットすることができます。ただ、タールを従来の紙タバコよりも90%もカットできたからといって、どのくらい健康への害が少なくなるのか、危険性が低下するのかはわかっていません。

 

これらの新型タバコの使用と病気や死亡リスクとの関連性についての科学的証拠が得られるまでには、かなりの時間を要します。現時点では明らかでなく、推測にすぎません。

 

引用:非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに対する日本呼吸器学会の見解

 

タールなどの有害物質は確かに少ないですが、タールが少ないから加熱式タバコに害はないかというと、それはまだわからないんですね。タール量と健康への影響は比例するとは限りませんから。

 

だから、加熱式タバコが害はない、危険性は少ないかどうかがわかるのは、今の若い世代が高齢者になる頃なので、今はまだわからないというのが現実なのです。

 

 

加熱式タバコは副流煙はないがエアロゾルはある

 

加熱式タバコが健康への害はないと言われる理由の1つに、副流煙がないことがあります。

 

受動喫煙は、周囲の人の健康を害しますが、加熱式タバコには副流煙がないから、害はない・危険はないと言われているんです。

 

確かに、加熱式タバコには副流煙はありません。煙はなく水蒸気を吸い込むので、副流煙は出ないんです。

 

ただ、エアロゾルは出ます。エアロゾルとは霧のようなものですね。水蒸気を吸いこんで吐き出せば、エアロゾルは出るんです。

 

ちなみに、この加熱式タバコのエアロゾルには、ニコチンはもちろん、有害物質が含まれていることが確認されています。

 

このエアロゾルにはニコチンだけでなく,タバコ特異的ニトロソアミンやホルムアルデヒドなどの発がん性物質が含まれていることが報告されている

 

引用:加熱式タバコによる室内汚染:呼気に含まれるエアロゾルの実態 大和 浩 産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室 教授

 

そして、エアロゾルは2mの距離に広がることがわかっていますので、副流煙はなくても、エアロゾルが出て、しかもそれには有害物質が含まれているので、周囲の人への健康の害はあると言えるのです。

 

 

加熱式タバコは健康に害のあるものという認識を持とう

 

加熱式タバコは、安全性ばかりが取り上げられていて、健康への害や危険性はほとんど触れられていないのが実情です。

 

でも、加熱式タバコはタバコの葉を使っているのですから、多かれ少なかれ、健康への害はありますし、危険性もあります。

 

ただ、その害は少ないかもしれないというだけです。そして、「少ないかもしれない」というだけで、害が少ないとは断言できないんです。

 

だから、加熱式タバコは安全であるとは思わずに、健康に害があるもの(害の程度はいまだ不明)という認識を持っておかないといけないのです。

 

 

電子タバコと加熱式タバコの違いについてのまとめ

・電子タバコの害と危険性
「電子タバコはニコチンやタールがないため害はない」「電子タバコはバッテリー爆発の危険性はある」


・加熱式タバコの害と危険性
「加熱式タバコはタバコの葉を使っている」「有害分質は少ないが健康への害が少ないという根拠はなし」「副流煙はないがエアロゾルはある」「加熱式タバコは健康に害がある」

 

電子タバコと加熱式タバコの違いやそれぞれの害・危険性についてまとめましたが、いかがでしたか?

 

電子タバコはニコチンを含まないもの、加熱式タバコはタバコの葉を使っているものという違いがあります。

 

加熱式タバコは健康への害はないと思われがちですが、そんなことはありませんので、その害や危険性を十分に理解してから使用するようにしましょう。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

女性に人気のタバコ銘柄ランキングBEST20【かわいいパッケージ&メンソールが人気】

電子タバコの種類別おすすめランキング24選と口コミ!7つの選び方も総まとめ

禁酒の6つの効果とメリット&9つの方法!禁断症状も徹底解説

加熱式タバコの種類&おすすめランキング12選【IQOS・glo・プルームテック】

【アイコス】IQOSの健康への害&10のメリットと7つのデメリットを総まとめ

【アイコス】IQOSは9種類!おすすめのフレーバーランキングまとめ

禁煙する13の効果&痩せる8つの方法!太るのは禁断症状の1つ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

Iライン脱毛の効果と4つのやり方まとめ【生理の時も衛生的】

カラコンで失明の危険性!効果や6つの安全な使用方法も徹底解説

山野ゆりと相葉雅紀の熱愛~キス画像や号泣謝罪&現在や結婚情報も総まとめ

木村沙織がかわいい!髪型や私服の画像も大量まとめ

レーザー脱毛と光脱毛の違いを6つの側面から比較!どちらがおすすめかも徹底解説

Vライン脱毛の効果と形&5つのやり方まとめ!デリケート部位なので要注意

パパ活ならユニバース倶楽部がおすすめ!全国14ヶ所の拠点や4つのメリットも紹介

エナジードリンクの種類や効果&危険性と副作用まとめ【カフェインの過剰摂取に注意!】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

柏木由紀は胴長&鼻がブサイク?鼻や目の整形疑惑も検証【画像多数】

ベビーシャンプーのおすすめ人気ランキング12選!5つの選び方も解説【最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す