エナジードリンクの種類や効果&危険性と副作用まとめ【カフェインの過剰摂取に注意!】

あなたはエナジードリンクを日常的に飲んでいますか?飲んだらシャキッとするエナジードリンクは、勉強の前や残業する時、夜遊びに行く前に飲んでいる人が多いかもしれませんね。

 

ただ、エナジードリンクは場合によっては危険なこともあります。エナジードリンクの種類とカフェイン含有量、エナジードリンクの効果と副作用&危険性をまとめました。 

エナジードリンクの種類とカフェイン含有量

ここ数年、エナジードリンクはたくさん発売されるようになりましたよね。たくさんあって、どのエナジードリンクを選べば良いのか迷ってしまう人も多いかもしれません。

 

エナジードリンクの代表的な種類とカフェイン含有量をまとめました。エナジードリンクを選ぶ時の参考にしてください。

 

 

Red Bull(レッドブル)

Red-Bull-Energy-Drink-Can-JP-closed

 

レッドブルは、日本で一番有名なエナジードリンクであり、世界で最も有名なエナジードリンクだと思います。

 

エナジードリンクといえば、レッドブルを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

 

【栄養成分100mlあたり】

・エネルギー 46kcal

・カフェイン 32mg

・タンパク質 0g

・脂質 0g

・炭水化物 10.7g

・ナトリウム 80mg

・アルギニン 120mg

・ナイアシン 3mg

・パントテン酸 2mg

・ビタミンB6 2mg

・ビタミンB2 0.09mg

・ビタミンB12 2μg

 

 

 

MONSTER ENERGY(モンスターエナジー)

B007TFPHZM_1_151215135654._SX262_

出典:amazon.co.jp

 

モンスターエナジーはアメリカを中心に販売されていたエナジードリンクで、日本では2012年から販売されています。日本では355ml缶が主流ですが、アメリカでは700mlのビッグサイズが売られています。

 

【栄養成分100mlあたり】

・エネルギー 50kcal

・カフェイン 40mg

・炭水化物 12.6g

・タンパク質 0g
・脂質 0g
・ナトリウム 78mg
・ビタミンB6 0.8mg
・ビタミンB2 0.7mg
・ナイアシン 8.5mg
・ビタミンB12 1‐6ug 
・L-アルギニン 125mg
・D-リボース 125mg
・高麗人参 82mg
・L-カルニチン 29mg

 

 

 

burn

51M+FmgrTML._SL1024_

出典:amazon.co.jp

 

burnはコカ・コーラ社が販売しているエナジードリンクで、一般的な成分に加えて、マカエキス、アサイーエキス、ガラナエキスが含まれていることが特徴です。

 

【栄養成分100mlあたり】

・エネルギー 48kcal

・カフェイン 32mg

・炭水化物 12g

・タンパク質 0g
・脂質 0g
・ナトリウム 12mg
・アルギニン 125mg
・マカエキス

・アサイーエキス
・ガラナエキス

 

 

ROCKST★R(ロックスター)

download

出典:amazon.co.jp

 

 

ロックスターはアメリカ生まれのエナジードリンクで、日本では250ml缶で販売されています。高麗人参やイチョウの葉エキスなどが含まれていることが特徴です。

 

【栄養成分100mlあたり】

・エネルギー 58kcal

・カフェイン 48mg

・炭水化物 14.1g

・タンパク質 0.3g
・脂質 0.1g
・ナトリウム 24.1mg
・ナイアシン 8mg
・パントテン酸 4mg
・ビタミンB2 1.44mg
・ビタミンB6  0.8mg
・イチョウの葉抽出物 60g
・L-アルギニン 120mg
・イノシトール 10mg
・L-カルニチン 10mg
・ガラナ抽出物 10mg
・高麗人参抽出物 10mg
・マリアアザミ抽出物 8mg

 

 

RAIZIN(ライジン)

41nocNoOfuL

出典:amazon.co.jp

 

ライジンはリポビタンDで有名な大正製薬が販売しているエナジードリンクで、ショウガの成分が入っていて、ちょっと辛口なテイストになっています。カフェインはやや少なめですね。

 

【栄養成分100mlあたり】

・エネルギー 43.1kcal

・炭水化物 10.6g

・カフェイン 27mg

・たんぱく質 0g
・脂質 0g
・ナトリウム 21.1mg
・ビタミンB2 2mg
・ビタミンB6 2.2mg
・ナイアシン 11mg
・イノシトール 27mg
・ショウガ抽出物

 

 

SHARK(シャーク)

31e4Vnx1GXL

出典:amazon.co.jp 

 

シャークはタイのバンコク生まれのエナジードリンクです。エナジードリンクと言えば、ヨーロッパやアメリカ生まれのものが多い中、東南アジア生まれのものは、ちょっと珍しいですね。

 

でも、世界シェアは第2位で、世界90か国で愛されているエナジードリンクなのです。カフェインがとても少ないことがこのシャークの特徴ですね。

 

【栄養成分100mlあたり】

・エネルギー 60kcal

・天然カフェイン 8mg

・炭水化物 15g

・タンパク質 0g

・脂質 0g

・イノシトール 20mg

・ビタミンB6 2mg

・ビタミンB2  0.6mg

・ビタミンB1 0.1mg

・ビタミンB12 1.2mcg

・イノシトール 20mg

・ガラナエキス 0.6mg

・ナイアシンアミド 8mg

 

 

 

エナジードリンクの効果

エナジードリンクは、頭がシャキッとして、一定時間は元気にバリバリ動けるとされる清涼飲料水ですね。

 

確かに、エナジードリンクはその名前の通り、元気になるための成分が入っています。でも、まるで特効薬のように劇的な効果が期待できるわけではありません。

 

エナジードリンクは薬ではなく、あくまで「清涼飲料水」ですから、そこまで劇的な効果はないのです。そこは誤解はないようにしておきましょう。

 

また、細かい効果はそれぞれのエナジードリンクに含まれている成分によって異なります。

 

それを踏まえた上で、エナジードリンクにはどのような効果があるのかを説明していきます。

 

 

眠気を吹き飛ばす効果

0746d311d53fa2f903779c020dc0c372_s

 

エナジードリンクには、眠気を吹き飛ばす効果があります。エナジードリンクには、カフェインが含まれています。カフェインには交感神経を刺激して、眠気を吹き飛ばす覚醒効果があるのです。

 

覚醒効果がありますので、いまから夜遊びに行く時や徹夜で勉強・仕事をしなければいけない時には、エナジードリンクを飲むと良いでしょう。

 

 

脳を活性化させる効果

phone-1052023_640

 

エナジードリンクには、脳を活性化させる効果もあります。エナジードリンクには糖分がたっぷり含まれています。基本的には、炭酸飲料ですから。

 

糖は脳のエネルギーになるものですから、脳にエネルギーを供給することができて、脳が活性化します。

 

この面からも、勉強の前や仕事の前にエナジードリンクを飲んでおくと、勉強や仕事の効率を上げることができるんですね。

 

 

集中力を高める効果

エナジードリンクには、集中力を高める効果もあります。これは、カフェインと糖分の合わせ技の効果です。

 

カフェインによる覚醒効果と、脳へのエネルギー供給で、集中力を高めることができるんです。集中力が必要な場面では、エナジードリンクを飲んでおくと、しっかりと集中することができると思います。

 

 

エナジードリンクの副作用や危険性

エナジードリンクは眠気を吹き飛ばし、脳を活性化して、集中力を高める効果があります。でも、エナジードリンクは良い効果ばかりではありません。

 

エナジードリンクを飲むことでの副作用や危険性もあるのです。エナジードリンクの副作用や危険性を細かく説明していきます。

 

 

アメリカでは死亡事故も!

34b098d201bf377036df2324d1256ee4_s

 

「エナジードリンクは危険なの?たかがジュースでしょ?」と思う人も多いかもしれません。確かに、エナジードリンクは医薬部外品でもありませんし、アルコールや薬でもありません。分類上は清涼飲料水になりますので、ジュースと一緒です。

 

でも、エナジードリンクの飲み過ぎで、死亡事故が起こっています。また、救急搬送例も少なくありません。

 

米メリーランド(Maryland )州で19日、栄養ドリンク「モンスター・エナジー(Monster Energy)」に含まれる多量のカフェインが原因で娘(14)が死亡したとし、遺族らが製造会社を相手取って訴えを起こした。

 

引用:カフェイン過剰摂取で少女死亡、遺族が栄養飲料製造会社を提訴 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

また、最近では日本でもカフェインの過剰摂取による死亡事故が起こっていることがわかっています。

 

カフェインを多く含んだ眠気防止の薬や清涼飲料による中毒で、2011年度からの5年間に少なくとも101人が病院に運ばれ、うち3人は死亡したことが、日本中毒学会の実態調査でわかった。ほかにも重大事故が起きており、若者を中心に「乱用」されている可能性がある。

 

引用:カフェイン中毒、5年で101人搬送 若者中心に乱用?:朝日新聞デジタル

 

日本でも若者を中心に、エナジードリンクなどを愛飲する人が増えていて、5年間で少なくとも101人も救急搬送されて、3人は死に至っているのです。

 

エナジードリンクは、一歩間違うと命に関わる飲み物ですので、その危険性や副作用はきちんと把握しておく必要があります。

 

 

エナジードリンクは急性カフェイン中毒になる!

db591317a7bf044607e47db535a1f124_s

 

エナジードリンクの効果は、カフェインによるものですね。カフェインには覚せい作用があるため、眠くならないし、集中力を高めることができるです。

 

でも、カフェインを摂取しすぎるのはとても危険です。カフェインは適量を摂取すると良い効果があるのですが、過剰摂取は副作用をもたらすのです。

 

短時間に大量のカフェインを摂取すると、次のような症状が現れます。

<精神的な症状>
・緊張感
・多弁、気分紅葉
・不安や焦燥感
・精神錯乱
・幻覚や幻聴
・衝動性
・自殺企図
<身体的な症状>
・悪心や嘔吐
・不整脈
・頻脈
・動悸
・頻呼吸
・頻尿
・心室細動
 
精神症状で、衝動性が起こり、自殺企図が現れると、そのまま自分で命を絶とうとするリスクがあります。また、身体症状の心室細動は、そのまま心停止が起こるとても危険な不整脈なのです。

 

成人の場合、1時間以内に6.5mg /kg以上を摂取した場合、約50%がカフェインの急性中毒を起こします。3時間以内に17mg/kg以上のカフェインを摂取した場合は、全員が急性カフェイン中毒になるんです。

 

特に、3時間以内に17mg/kg以上を摂取すると、カフェイン中毒が急性化しやすいとされています。

 

17mg/kgということは、50kgの女性の場合、850mgに相当します。3時間以内に850mgのカフェインを摂取すると、重篤な急性カフェイン中毒になるんです。

 

例えば、先ほどご紹介したエナジードリンクの中でもカフェイン含有量が多めのROCK ST★Rは100mlあたり48mgのカフェインが含まれています。

 

ということは、1700mlを飲むと、850mgのカフェインを摂取したことになります。1700mlなんて無理!と思うかもしれませんが、1時間に500mlのペースで飲むと考えると、意外にすぐ飲めてしまいそうだと思いませんか?

 

そのため、エナジードリンクを飲む時には、カフェインの摂り過ぎに注意しましょう。

子どもは特に注意!

97d0c3e296e59bbcb0f0ea9733cd8a1d_s

 

エナジードリンクは、飲み過ぎると急性カフェイン中毒になり、命の危険さえ出てくるので、飲む量には注意をしなければいけません。

 

それでも、大人は1日1本程度にしておけば、問題ないはずです。ただ、子どもが飲む場合には大人以上に注意しなければいけません。

 

子どもはカフェイン中毒になりやすいのです。子どもは2.5mg/kgでカフェイン中毒の症状が現れ、幼いほど重篤な症状が現れやすいのです。15kgの子どもの場合、37.5mgの摂取でカフェイン中毒になってしまいます。

 

先ほどのROCK ST★Rは、1缶飲んだだけでも中毒症状が現れますので、基本的に子供にはエナジードリンクは飲ませないようにしてください。

 

 

アルコールと一緒に飲むのは危険

beer-2288121_640

 

エナジードリンクの副作用や危険性は、カフェイン中毒だけではありません。アルコールとエナジードリンクを一緒に飲むと、酔っぱらっているという意識があまりなく、ついつい飲み過ぎて、急性アルコール中毒になることがあるのです。

 

また、エナジードリンクを飲み過ぎて、カフェイン中毒も一緒に発症するリスクもあります。

 

若者の間でエナジードリンクとアルコールを混ぜて、カクテルのようにして飲むのが流行していますが、とても危険なの味方ですので止めるようにしてください。

 

 

 

エナジードリンクの種類・効果・副作用と危険性についてのまとめ

・エナジードリンクの種類とカフェインの量
「Red Bull(32mg)」「モンスターエナジー(40mg)」「brun(32mg)」「ROCKST★R(48mg)」「RAIZIN(27mg)」「SHARK(8mg)」


・エナジードリンクの効果
「眠気を吹き飛ばす」「脳を活性化させる」「集中力を高める」


・エナジードリンクの副作用と危険性
「アメリカで飲み過ぎの死亡事故が起きている」「急性カフェイン中毒になる」「子どもは特に注意」「アルコールと一緒に飲まない」

エナジードリンクの種類やカフェイン含有量、効果&危険性や副作用をまとめました。エナジードリンクは気軽にカフェインを摂ることができて、覚醒効果がありますが、カフェインの過剰摂取の危険性がありますので、飲みすぎには十分に注意してください。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

カリウムの基準値と2つのダイエット効果&多い食品まとめ【腎疾患がある人は要注意!】

エストロゲンを増やす食べ物9選&簡単レシピ5選!効果5つも紹介

塩分不足で起こる症状&5つの原因・病気まとめ

食物繊維の1日摂取量と6つの効果&ダイエットにピッタリの理由まとめ

アミノ酸とタンパク質の関係!それぞれの違いを4つの視点から徹底解説!

トランス脂肪酸の危険性&多く含む食品ランキングと対策まとめ

コラーゲンの効果&多く含む食品まとめ!効果的な摂取方法も徹底解説

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

万歩計おすすめ人気ランキング21選!効果や使い方&選び方も総まとめ【最新版】

ブラジリアンワックスでVIOセルフ脱毛!正しいやり方5ステップ・痛い時の4つの対処方法など徹底紹介

腕の脱毛の効果が出る回数や期間!4つのメリットと3つのデメリットも徹底紹介します

遺伝で決まる!日本人の二重の割合と4つの種類&女性芸能人まとめ

葉酸の取りすぎに4の副作用!妊娠前・妊娠初期に摂取する効果も総まとめ

全20種類のキスの仕方とタイミングまとめ【何回目のデートで?】

美容整形手術の種類24個まとめ!目・鼻・顎・胸など部位別の徹底解説

Oライン脱毛の効果と3つのやり方まとめ【自己処理はNG!】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

足パカ30日チャレンジのやり方や効果まとめ!痩せるのか口コミも徹底調査

【頭髪】薄毛の原因&9つの対策・改善法まとめ【男性・女性】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す