日焼け止めおすすめランキングと選び方!5タイプ別の人気商品32選まとめ

白いみずみずしい肌をキープし将来のシミやシワ防止のために紫外線対策ができる日焼け止めですが自分の肌質や生活に合った商品選びが大切です。

 

今回は日焼け止めの種類、選び方、塗り方、タイプ別におすすめランキングを紹介します。

 

日焼け止めの種類は3つ

 

  

 

日焼け止めを購入する時、いろいろな種類がありすぎて、どれを使ったら良いのだろうかと迷ってしまったことがあるかもしれません。

 

日焼け止めも商品によって自分の肌質に合わないことがあります。

 

適当に日焼け止めを選んでしまった結果、肌に刺激や負担を与えてしまっては日焼け止めの目的を果たすことができません。

 

ですから、日焼け止めの種類や特徴を知っておくことが大切です。

 

 

これから、3種類の日焼け止めの特徴、メリットやデメリットについて説明していきたいと思います。

 

日焼け止めの違いについて理解しておくことは、紫外線対策を行う上で女性として必要なことではないでしょうか。

 

 

クリームタイプ

 

 

まず1番最初に説明するのは、クリームタイプの日焼け止めです。

 

クリームタイプの日焼け止めは保湿力が高いことが1つの特徴です。

 

紫外線対策をしながら肌に潤いを与えてくれると言うのは1つのメリットでしょう。

 

 

また、クリームタイプは化粧下地の1つとして使うことも可能で、汗や水、皮脂などに強いプルーフ加工がされているものがほとんどです。

 

 

反対に、クリームタイプの大きな欠点は伸びが悪いことです。

 

適当に日焼け止めを塗ってしまうとメイクを崩してしまうこともあります。

 

また、油分が多いため、ニキビを起こす原因となってしまうこともあります。

 

 

ジェルタイプ

 

 

 2つ目に説明するのがジェルタイプの日焼け止めです。

 

ジェルは液体を塗り込むような感覚で使えるので使用感がおすすめです。

 

スプレータイプほどではありませんが、日焼け止めを塗るのに時間がかかりません。

 

また、日焼け止め特有の、肌が白くなってしまうと言うデメリットもありません。

 

伸びが良く時間をかけずに簡単に紫外線対策ができます。

 

 

ただし、ジェルタイプの日焼け止めの成分には紫外線吸収材や紫外線散乱剤など刺激的な成分が含まれている可能性が高く、敏感肌の方にはおすすめできません。

 

また、汗や水にも弱いため長時間の使用には適していません。

 

 

パウダータイプ

 

 

次にパウダータイプの日焼け止めについて説明します。

 

パウダータイプはフェイスパウダーなどと同じ感覚で、メイクの1つの手順として使用できます。

 

使い心地が良いためデイリー使いができますし、化粧直しにも使用できます。

 

塗り直しが簡単で低刺激なものが多いため女性の強い味方とも言えます。

 

 

パウダー状ですから他の日焼け止めのようなべたつきは感じられません。

 

日焼け止めはこまめに塗り直す必要がありますが、その点でもパウダータイプは利点の多いものと言えるでしょう。

 

 

ただし、パウダーが落ちやすかったり、体全体には使えないと言うデメリットがあります。

 

フェイス用だけに使用するのであればパウダータイプがおすすめです。

 

 

 

日焼け止めの「SPF・PA」とは?

 

 

日焼け止めの表示の中に「FPS・PA」というものをよく見かけるのではないでしょうか。

 

一体何を意味しているのか気になった事はありませんか?

 

多くの誤解が生じているため、ここで正しい情報を説明したいと思います。

 

 

SPFは、UVのB波を防ぐ効果を表している指標です。

 

日焼け止めを使用していない時よりも、何倍のUVB波に耐えられるかと言う数値を表しています。

 

UVB波は日焼けの原因となるメラニンを発生させ、DNAにダメージを与える恐れもあると言われています。

 

 

 

一方、PAはUVのA波を防ぐ効果を表しています。

 

+のマークが多い分だけUVA波の影響を抑えることができます。

 

UVA波は、肌の真皮層にまで作用しシワやたるみを作ったり、メラニン色素を酸化させてシミを作ったりしてしまいます。

 

 

このA波とB波の種類が違うため、表示も2種類あるのです。

 

多くの場合、これらの値は効果の持続時間と思われがちですが、実際は時間とは無関係です。

 

どれほどの紫外線の量に耐えることができるかと言うことになります。

 

 

 

日焼け止めの選び方

 

 

では、日焼け止めを選ぶときはどんな点を注意すれば良いのでしょうか。

 

まず自分の生活スタイルで選ぶようにしましょう。

 

 

■日常生活…SPF10-20、PA +- + +

■軽い運動…SPF20-30、PA + +- + + +

■レジャー…SPF20-30、PA+ +- + + +

■炎天下での運動やマリンスポーツ…SPF 30-50、PA+ +- + + + +

■敏感肌…SPF40-50、PA+ + + + 

 

 

数値が高いものを選べばいいと言うわけではありません。

 

数値が高くなればなるほど肌が荒れる原因となりやすくなります。

 

乾燥肌や敏感肌の方は、特に日焼け止めの種類を慎重に選ぶ必要があります。

 

 

日焼け止めの正しい塗り方のポイント

 

 

日焼け止めを塗る時は、顔の凹凸部分に注意しながら伸ばしていく必要があります。

 

まずは、適量の日焼け止めを手に出します。

 

おでこ、両頬、鼻、顎の各ポイントに日焼け止めを分けてつけます。

 

その後、ムラができないように顔の中心から伸ばして塗っていきます

 

 

日焼け止めは、化粧水と化粧下地の間で塗っていくと良いでしょう。

 

スプレータイプのものであれば化粧がすべて終わった後に使っても問題ありません。

 

 

また、べたつきが嫌だからと言って少しだけ塗るのでは、日焼け止めの効果は得られないでしょう。

 

一般的に800ミリグラムの日焼け止め、大体500円玉位の大きさを手に出して使うと良いでしょう。

 

 

日焼け止めの使用上の注意点4つ

 

 

強い紫外線はきちんと日焼け止めを塗ることによって、防止することができます。

 

ただし日焼け止めは正しく使わなければ効果がなくなってしまい、肌に刺激を与えるものだけになってしまいます。

 

ですからこれから考える4つの注意点を意識するようにしましょう。

 

 

①SPFは高ければよいわけではない

 

まず1つ目は、SPFは高ければ高いほど良いと言うわけではない、と言う点です。

 

日焼け止めのSPF値が表すものは、紫外線の効果の持続時間ではなくUVのB波にどれほど対応しているかと言う物です。

 

紫外線にそれほど当たらない環境にいるのに日焼け止めのSPFが高いものを選んでいると肌への負担が大きいものとなります。

 

ですから、毎日の生活で使うものは肌への負担の少ないものを選び、SPFは10~20のもので問題ないでしょう。

 

 

②成分に注目するべき

 

続いて日焼け止めの成分に注目しましょう。

 

ほとんどの日焼け止めには紫外線散乱剤と紫外線吸収材が含まれています。

 

紫外線吸収材は、紫外線によって成分が酸化してしまい、肌への刺激を大きくします。

 

 

ですからできるなら、日焼け止めを購入する際、紫外線吸収材が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

 

適当に選ぶのではなく、できるだけ肌に優しいものを成分に着目して選ぶようにしましょう。

 

 

③塗りこまない

 

3つ目は、日焼け止めは肌に塗り込むものではない、と言う点です。

 

日焼け止めを塗るときに、できるだけ浸透させようとしてぐりぐりと塗り込む人もいます。

 

しかし時間が経つと、日焼け止めはムラができ、効果も十分に感じられなくなります。

 

 

日焼け止めの正しい塗り方は、肌をコーティングするようなイメージで優しく伸ばしていく、と言うものです。

 

そうすることで日焼け止めの効果を最大限引き出すことができます。

 

 

④日焼け止めを塗る頻度

 

続いて、日焼け止めを塗る頻度についてです。

 

朝に塗れば夜までずっと紫外線から守られる、と言う日焼け止めなど存在しません。

 

汗や衣服の擦れ等によって日焼け止めは徐々にとれています。

 

 

ですから、2〜3時間を目安にこまめに塗り直しましょう。

 

そうすることで日焼け止めの効果を持続させることができます。

 

快適な夏を過ごすためには日焼け止めの正しい使い方をする必要があります。

 

 

日焼け止めおすすめランキング① 市販品TOP7

 

では日焼け止めのおすすめランキングをご紹介していきたいと思います。

 

まずは、ドラッグストアなどで買える市販の日焼け止めランキングTOP7です。

 

 

第1位 ビオレ サラサラUVアクアリッチ ウォータリーエッセンス

 

 

第1位はビオレのウォーターリーエッセンスです。

 

ウォーターリーエッセンスは、ビオレの日焼け止めの中でも1番人気のある商品です。

 

白のこりしないのがおすすめな理由です。

 

顔と体両方に使用できますが、顔に塗ってもメイク崩れを起こしにくく、潤いを与えてくれる日焼け止めです。

 

いつもの洗顔料で簡単にオフ出来るのも、この日焼け止めの魅力でしょう。

 

 

第2位 ビオレ さらさらUV パーフェクトミルク

 

 

第2位はビオレのパーフェクトミルクです。

 

この商品は汗や水に強く、スポーツやレジャーなどに使用できるおすすめの日焼け止めです。

 

べたつきがなく肌がサラサラになる、と言うのがこの日焼け止めの魅力の1つでしょう。

 

顔や腕など全身使用できます。

 

べたつきがないのに白くならず、強力な紫外線をしっかりカットし肌を守ってくれる、おすすめの日焼け止めです。

 

 

第3位 ニベア サンプロテクトウォータージェル

 

 

第3位はニベアのサンプロテクトウォータージェルです。

 

ポンプタイプの日焼け止めは、ニベアで人気のある商品の1つです。

 

強力な紫外線から守ってくれますが、素肌に優しい成分でできているため、デイリー使いもできます。

 

ジェルタイプの日焼け止めなので化粧水感覚で使うことができます。

 

伸びがよく、顔にも体にも短い時間で簡単に塗れる、便利な日焼け止めです。

 

 

第4位 スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス

 

 

第4位は、スキンアクアのスーパーモイスチャーエッセンスです。

 

まるで水を浴びているかのような、心地良いつけ心地がこの商品の特徴です。

 

べたつきがないのにしっかりUVはカットしてくれます。

 

 

顔や体全体に使用できる伸びの良いジェルタイプの日焼け止めです。

 

石鹸で簡単に落とせるので安心して使えます。

 

画像のようなタイプとポンプサイズもあるので、夏にたっぷり使いたい方には大きいポンプサイズがおすすめです。

 

 

第5位 キュレル UVローション

 

 

第5位はキュレルのUVローションです。

 

肌が弱い敏感肌の方に、キュレルの日焼け止めは非常におすすめです。

 

赤ちゃんにも使えると言う、デリケートな肌に効果的な日焼け止めになっています。

 

乾燥肌や敏感肌の方もこのUVローションで紫外線をしっかりカットできます。

 

肌へのダメージを抑えながら、顔や体全体の紫外線対策ができる日焼け止めです。

 

 

第6位 ANESSA パーフェクトUV アブスター

 

 

第6位はアネッサのパーフェクトUVアブスターです。

 

アネッサの日焼け止めは、汗を味方につけ水には負けないと言うのが魅力の1つです。

 

海やプールなと水と触れるスポーツやレジャー等に行く時にも、この日焼け止めをつけていれば大丈夫!

 

ドラックストアで販売されていますが、日焼け止めの中でも少しお高めのものです。

 

非常に強いプルーフタイプのものですが、石鹸で落ちるのが魅力の1つです。

 

 

第7位 サンカット 日焼け止め透明スプレー

 

 

第7位はサンカットの日焼け止め透明スプレーです。

 

顔にも体にも簡単にスプレーで紫外線カットできます。

 

顔に使用する際は、メイクを完成させた後に上からスプレーすることで、化粧崩れを予防する効果もあります。

 

持ち歩いてこまめに使用することで日焼け止め効果を持続させることができます。

 

スプレーですから、べたつきもなくサラサラな使用感で紫外線対策ができます。

 

 

日焼け止めおすすめランキング⓶ スプレータイプTOP5

 

続いてスプレータイプの日焼け止めをご紹介したいと思います。

 

日焼け止めスプレーは自分で手が届かない部分の紫外線対策もできますし、顔だけではなく髪に使えるものなどもあります。

 

刺激成分が少なく種類が豊富ですので、ここではおすすめなものトップ5までご紹介したいと思います。

 

 

第1位 アネッサ パーフェクト UVスプレー アクアブースター

 

 

第1位は、アネッサのパーフェクトUVスプレーアクアブースターです。

 

アネッサのスプレータイプの日焼け止めは、紫外線のカット力、落ちにくさ、塗り直しのしやすさにおいて非常に効果的で最適な日焼け止めです。

 

 

紫外線吸収材が配合されており、他の日焼け止めよりもさらに強力なブロック効果があります。

 

美白を重視したい方には非常におすすめです。

 

強力なのに石鹸で簡単に落とせるスプレータイプも魅力の1つでしょう。

 

 

第2位 サンカット 日焼け止め 無香料

 

 

第2位は、市販品ランキングでも紹介しましたサンカットのスプレータイプ無香料です。

 

保湿効果がありますが、さらさらパウダーが配合されているためべたつきません。

 

 

日焼けしやすい方に適したもので、日常生活の家から紫外線をブロックしておくと良いでしょう。

 

短時間の買い物や通勤や通学時など、短い時間でもこれを使用することで紫外線対策ができます。

 

かかとやふくらはぎ等、ぬりにくい部分も簡単にケアできてしまうのがこの商品のおすすめポイントです。

 

 

第3位 ミーファ フレグランス UVスプレー マグノリア

 

 

第3位は、ミーファーのフレグランスUVスプレーマグノリアです。

 

主に髪の毛に使用します。

 

意外と紫外線対策を怠ってしまいがちなものが髪の毛です。

 

1番日焼けのダメージを受けやすい部分ですので、UVスプレーを使ってダメージを軽減していきましょう。

 

6種類の植物エキスが含まれており、紫外線対策だけではなく美しい髪を維持してくれます。

 

 

この商品はフレグランスとしても使用できます。

 

全部で6種類の香りがありますので自分好みのフレグランスを選ぶことができます。

 

 

第4位 アロベビー UV &アウトドアミスト

 

 

第4位はアロベビーのUV &アウトドアミストです。

 

このスプレーはオーガニックタイプのもので赤ちゃんでも使用できます。

 

100%天然成分で作られており、敏感肌の方でも顔から体まで使用することができるおすすめの商品です。

 

アルコール系や石油系の刺激的な成分は一切含まれておりません。

 

エコサート認定を受けている安心できる商品です。

 

また、レモングラスが含まれているので日焼け止めだけではなく虫除け効果もあります。

 

 

第5位 アネッサ パーフェクトエッセンス UVスプレー

 

 

第5位はアネッサパーフェクトエッセンスUVスプレーです。

 

汗や水に強く暑い夏の時期でも落ちにくい、安心できるウォータープルーフタイプの日焼け止めです。

 

顔だけでなく、体や髪の毛もこの日焼け止めで紫外線対策することができます。

 

 

メイクしたままでも上から使用できるため、メイク直しの際に塗り直すことも可能です。

 

絶対に肌を焼きたくないと言う方におすすめの日焼け止めですが、少し刺激成分が強いため肌が弱い方はパッチテストが必要かもしれません。

 

 

 

日焼け止めおすすめランキング③ UVカット付き化粧下地TOP9

 

続いて化粧下地としても使える日焼け止めをご紹介したいと思います。

 

 

第1位 アミノモイスト ブライトアップベース UV

 

 

第1位は、アミノモイストブライトアップベースUVです。

 

この化粧下地はSPF 47ながら、非常に肌に優しく、アミノ酸が配合されています。

 

高い紫外線カットと保湿力を両立させた化粧下地となります。

 

 

乾燥やベタつきが気にならなくなり、しっかりとした肌質になります。

 

また、肌の色調を調整して透明感を持たせてくれる、非常に人気のある日焼け止め効果のある化粧下地です。

 

 

第2位 ミシャ BBクリーム UV

 

 

第2位はミシャのBBクリームです。

 

UVA波もUVB波も、シミ、そばかす、しわなどの肌トラブルを引き起こす原因となっています。

 

このBBクリームは、SPF 40、PAも+3で紫外線をカットしてくれます。

 

 

肌がみずみずしく潤いを保ってくれますし、メイクの効果だけではなく紫外線対策し、その後の肌のトラブルケアにもなります。

 

コスパも良いので多くの女性にリピートされている商品です。

 

 

第3位 サンプロテクト エッセンスジェル

 

 

第3位はサンプロテクトのエッセンスジェルです。

 

肌ダメージを軽減できるよう和漢化粧水で作られている化粧下地です。

 

長時間つけていてもサラサラ感の付け心地がおすすめの理由です。

 

日焼け止め特有のべたつきやごわつきは感じられず、上からファンデーションをしても自然な仕上がりになる化粧下地です。

 

 

第4位 エスプリーク CCベース カバー

 

 

第4位はエスプリークのCCベースです。

 

毛穴や肌のくすみが気になる方におすすめの、紫外線カットができる化粧下地です。

 

つるんとした陶器肌になれるので、肌年齢をいくらか若く見せることができるでしょう。

 

強い紫外線カット力を持っているため、肌の悩みをカバーしながら紫外線対策も十分に行えます。

 

 

第5位 アレルバリア エッセンス BB

 

 

 第5位はアレルバリアのエッセンスです。

 

紫外線吸収材を不使用のノンケミカル処方の化粧下地です。

 

肌の赤みやくすみなどの色ムラもカバーしてくれます。

 

 

この上からファンデーションを塗っても厚塗りに見えず、汗をかいても化粧崩れしにくい、優秀な日焼け止め効果のある化粧下地です。

 

 

第6位 エリクシール ホワイト デーケアレボリューション C +

 

 

第6位はエリクシールのホワイトデイ・ケアレボリューションです。

 

1本で化粧下地と乳液さらに日焼け止めの3役をしてくれます。

 

強い紫外線カット力を持ち、1日中紫外線から肌を守ってくれます。

 

 

この紫外線カット効果によって美白効果をさらにアップできます。

 

肌にハリを持たせてくれ明るい印象を与えてくれる化粧下地です。

 

 

第7位 UVイデア XL

 

 

第7位はUVイデアです。

 

紫外線をカットし、肌を刺激から優しく守ってくれるデイリーケアにおすすめの日焼け止め乳液です。

 

化粧下地として使用でき、付け心地はとてもしっとりしているので肌の潤いアップで期待できます。

 

無色タイプですので、日焼け止め特有の気になる白浮きもありませんし、塗り直しも簡単に行えます。

 

 

第8位 スーパー サンシールド EX

 

 

第8位はスーパーサンシールドです。

 

紫外線を強力にバリアしてくれる化粧下地で、べたつきがなくサラサラとした軽い付け心地が人気の理由です。

 

ナチュラルメイクにピッタリな、使いやすい日焼け止め効果のある化粧下地と言えます。

 

ベタつきがありませんので少しマットな質感となりますが、肌色補正できるおすすめ商品です。

 

 

第9位 UV エクスペール BB

 

 

第9位は エクスペールBBです。

 

この商品は、アーバンシールドテクノロジーが搭載されています。

 

肌に薄いバリアを張ることで紫外線対策だけではなく、大気汚染や酸化ストレスなどから守ってくれます。

 

とても軽やかな付け心地で伸びが良いので、忙しい朝でも簡単に、時間短縮して化粧下地を塗ることができます。

 

 

 

日焼け止めおすすめランキング④ 美白成分配合TOP8

 

日焼け止めに注目している女性のみなさんの多くは、美白効果にも着目しておられるのではないでしょうか。

 

絶対に焼きたくない!それはそもそも白い肌を目指しているからでしょう。

 

そこで美白成分が配合されている日焼け止めのランキングをご紹介したいと思います。

 

 

第1位 ゲラン ブラン UV シールド

 

 

第1位はゲランのブラウンUVシールドです。

 

ゲラン特有の美白成分が頑固なシミにアプローチしてくれます。

 

なじみやすく肌に透明感を与えてくれるものです。肌へのダメージが最も大きいと言われているUVA波からも肌を守ってくれます。

 

置かれている環境から来る肌のストレスからも肌を保護してくれる、おすすめの美白ケア日焼け止めです。

 

 

第2位 アネッサ 薬用美白エッセンスフェイシャル UV AB

 

 

第2位はアネッサのエッセンスフェイシャルUVです。

 

トラネキサム酸と呼ばれる美白有効成分を配合している、ジェル状の日焼け止めです。

 

またアクアブースター技術を搭載し、汗や水に触れると紫外線をブロックする力が強くなると言う、非常に強力な紫外線ケア効果を持っています。

 

絶対に焼きたくない、美白を目指す女性たちの味方といえる日焼け止めです。

 

 

第3位 ベアミネラル イルミネーティング ホワイトディフェンス SPF40・PA + ++

 

 

第3位はベアミネラルイルミネーティングホワイトディフェンスです。

 

配合されているミネラルの力が活用され、内側からも外側からも白く美しく透明感のある肌を目指すことができます。

 

ピンクベージュカラーで、色ムラを整えながら肌のくすみを解消し、透明感のある美しい肌へと導いてくれます。

 

軽やかな質感のUVケア商品です。

 

 

第4位 オバジC ブライトキープベース UV

 

 

第4位はオバジCブライトキープベースです。

 

この日焼け止めはブルーライトの光を利用します。

 

すべての光や紫外線を赤色の光に変換することで、血色に良い肌を見せることができます。

 

 

肌の色を均一に整える新しいパウダーとビタミンCが配合されています。

 

強力な紫外線から肌を守り、全体的に美白効果をもたらしてくれるおすすめの日焼け止めです。

 

 

第5位 ポーラ ホワイティシモ  薬用UVミルキィ ホワイト

 

 

第5位はポーラのホワイティシモです。

 

ホワイティシモは1本で、美白効果、保湿効果、紫外線ケア、ブライトアップの4つの役割を担っています。

 

美白有効成分と角質ケア成分が含まれているため、肌の隅々まで潤いを与えてくれます。

 

 

肌のターンオーバーをサポートし、より美しく白い肌へと導いてくれます。

 

軽やかな使い心地で伸びが良いため、日焼け止めにありがちなごわつき感もありません。

 

 

第6位 クラランス ホワイト-プラス ブライト デイエマルジョン

 

 

第6位はクラランスホワイトプラスブライトデイエマルジョンです。

 

化粧下地や日焼け止めにも使用できるのに、ミルクのような心地の良い美白ケア商品です。

 

 

紫外線対策はもちろん、大気汚染などの外的刺激からも肌を守ってくれるため、非常に効果的な美白ケアができます。

 

メラニンが過剰生成されることがないようにホワイトニングできます。

 

メイク前に毎日使って、日々白い肌を目指すことができるおすすめの商品です。

 

 

第7位 イヴ・サンローラン ブランクチュール UV50 クリア

 

 

第7位はイヴサンローランのブランクチュールです。

 

独自の美白アプローチ成分が配合されており、紫外線と大気汚染をブロックしてくれる日焼け止めです。

 

メラニン生成のもともとの原因に働きかけて、シミを眠らせることができます。

 

今までにない画期的な美白UVケア商品です。

 

 

第8位 トランシーノ 薬用 ホワイトニングデイプロテクター

 

 

第8位はトランシーノホワイトニングデイプロテクターです。

 

日焼け止めにありがちなベタつきや白うきがない、美白有効成分配合のUVケア商品です。

 

肌の凹凸や色のぐらつきを整える効果があるため、化粧下地に使えます。

 

肌に優しい成分でUVケアができるおすすめ商品です。

 

 

 

日焼け止めおすすめランキング⑤ ニキビ肌対策用TOP3

 

最後に、ニキビ肌の方にお勧めの日焼け止めをご紹介したいと思います。

 

 

第1位 ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

 

 

第1位は、ホワイティシモのミルキーフルイドです。

 

この商品は、肌が弱い敏感肌の方や肌荒れしやすい方、ニキビができやすい方におすすめです。

 

肌への刺激が少なく、ニキビや吹き出物ができている時でも使用することができます。

 

紫外線吸収剤が配合されていないもので、オフしやすい日焼け止めです。

 

肌をしっとりもっちりとさせてくれる効果もあります。

 

 

第2位 ママバター UVケアクリーム アロマイン

 

 

第2位はママバターのUVケアクリームです。

 

天然由来のシアバター配合しており、虫が嫌うエッセンシャルオイルがブレンドされています。

 

アウトドアなど日焼けしやすい場面や虫が居る所での活動におすすめです。

 

白浮きの心配もなく、化粧下地として使用することもできます。

 

紫外線吸収材や鉱物油、香料や着色料など添加物が配合されていないため肌に優しく、ニキビ肌におすすめです。

 

 

第3位 ドゥーエ 日焼け止め

 

 

第3位はドゥーエの日焼け止めです。

 

皮膚科でもドゥーエは取り扱いが多く、紫外線散乱剤を均一に分散させることができます。

 

レジャーなど外で活動する紫外線の強い時でも、この日焼け止めはおすすめです。

 

 

ニキビ肌にも優しいのもノンケミカル処方の日焼け止めになっているからです。

 

潤いたっぷりのしっとり肌に仕上げてくれるため、化粧下地としてもピッタリです。

 

 

日焼け止めのおすすめランキングと選びかたについての総まとめ

 

 

・市販品1位「ビオレ サラサラUVアクアリッチ ウォータリーエッセンス」

・スプレータイプ1位「アネッサ パーフェクト UVスプレー アクアブースター」

・UVカット付き化粧下地1位「 アミノモイスト ブライトアップベース UV」

・美白成分配合1位「ゲラン ブラン UV シールド」

・ニキビ肌対策用1位「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド」

・日焼け止めの選び方
「SPF・PAは、どれほどの紫外線量に耐えられるかの数値」「SPF・PAの数値は高くなればなるほど、肌荒れを起こしやすくなる」「毎日の生活で使う物は、SPF10~20でOK」「成分に紫外線吸収剤が含まれていない物を選ぶ」

・日焼け止めの使い方
「日焼け止めを顔に塗る時は、顔の中心からムラができないように伸ばす」「肌をコーティングするようなイメージで優しく伸ばす」「2~3時間を目安にこまめに塗り直す」

たくさんの日焼け止めの中から、おすすめ商品と日焼け止めの選び方や使い方についてご紹介してきました。

 

自分の生活スタイルや肌質に合わせて、ぴったりの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

そして今年の夏も肌を焼かない美白美人を目指しましょう。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ゴマージュ・ピーリング・スクラブ|違いと効果を徹底まとめ【角質除去】

いい匂いのボディーソープ!おすすめ人気ランキングTOP20と選び方【2021最新版】

アトピーの原因&8つの改善・治療法まとめ!遺伝との関係も徹底解説

オロナインはニキビに効果ある?ない?成分や効能からその答えを徹底解説

脂性肌の特徴と7つの原因&スキンケアの改善・対策・治し方6選

入浴剤おすすめランキングTOP30!選び方&種類別の効果や効能も解説【2021最新版】

肌質の5つの種類&改善方法まとめ!遺伝するのかも徹底解説

スキンケアの基本の順番まとめ!基礎化粧品を使う6つのステップ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

難病の芸能人まとめ!衝撃ランキングTOP40【病気の名前あり】

韓国レディーススニーカーの人気ブランドおすすめ17選【オルチャン・2021最新版】

初デートはどこまでOK?おすすめの場所と脈ありの判断方法まとめ【告白は焦る必要なし】

レディース靴下の人気ブランドランキングTOP20!選び方4つ&コーデ5選も総まとめ

【肌が綺麗】美肌の女性芸能人TOP25!美容習慣やスキンケア法も紹介

レディースピアス人気ブランド20選!年代別ランキングTOP5【10代/20代/30代/40代】

老けない女性芸能人ランキング総勢20人を徹底紹介!年齢や魅力なども総まとめ

アクネ菌とは?退治方法と6つのニキビ対策まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

【女子アナ】女性アナウンサーの年収と給料や仕事内容&就職方法まとめ

体温が低い4つの原因&10個の上げる方法まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す