部分痩せは不可能?可能?できる部位とできない部位まとめ

部分痩せをしたいと思っている女性は多いですよね。お腹周りをスッキリさせたい。太ももを細くしたい。お尻を小さくしたい。そうすれば、スタイルが良くなるのに…。こんな風に思っているのではないでしょうか?

 

でも、部分痩せは不可能という噂もあります。部分痩せは不可能という噂は本当かどうか、部分痩せができる部位、部分痩せをするための方法をまとめました。

部分痩せは基本的に不可能です…

部分痩せができたら良いなぁ。こんなことを思っている女性は多いですよね。そして、巷には部分痩せの情報がたくさん溢れています。

 

でも、体の一部分だけの脂肪を燃焼させて部分痩せをするのは、基本的に不可能なのです。なぜ、部分痩せは不可能なのかを説明していきます。

 

 

脂肪燃焼は全身運動である有酸素運動が必要

 

部分痩せは基本的に不可能です。体の一部分だけの脂肪を減らすことはできないのです。なぜなら、脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動をして脂肪をエネルギーとして使わなければいけません。

 

そして、有酸素運動は全身運動です。さらに、「体の一部分の脂肪だけをエネルギーとして使って、ほかの部分の脂肪は残しておく」といった器用なことはできません。

 

部分痩せのために、脂肪を燃焼しようとして有酸素運動をすると、全身の脂肪を少しずつエネルギーとして使うので、結局は全身のダイエットになり、部分痩せができるわけではないのです。

 

 

塩もみやサランラップは一時的な効果しかない

 

でも、エステなどで塩もみマッサージやサランラップを巻くことで、部分痩せができるとされているところもありますよね。

 

確かに、エステで部分痩せの施術を受けた場合、施術前と比べてサイズダウンをしていることが多いです。

 

ただ、あれはあくまで一時的な効果しかありません。エステから帰宅して、お水を飲んだら、きっとすぐに戻ります。

 

なぜなら、塩もみダイエットもサランラップを巻くことも、あれは部分痩せをしたい体の一部分の水分を出すことで、サイズダウンさせているからです。決して、脂肪を燃焼させているわけではありません。

 

だから、一時的にサイズダウンしたとしても、それは部分痩せができたというわけではないのです。

 

 

部分痩せが唯一できる部位はお腹!

基本的に、部分痩せはできません。ただ、部分痩せをしやすい部位はあります。部分痩せをしやすい部位は、お腹です。お腹は、全身の中で部分痩せが可能な唯一の部位なのです。

 

 

内臓脂肪は落ちやすい

あなたは、体脂肪には2種類あることを知っていますか?

 

・皮下脂肪
・内臓脂肪

出典:masu-med.or.jp

 

皮下脂肪は筋肉の上につく脂肪のことですね。全身についています。お尻の脂肪、太ももの脂肪、二の腕の脂肪はみんな皮下脂肪です。

 

次に内臓脂肪についてです。内臓脂肪は、内臓の周りについている脂肪のことですね。内臓脂肪はお腹周りにしかつかない脂肪です。

 

 

お腹は部分痩せができる部位

 

お腹だけは部分痩せがしやすい部位です。なぜなら、お腹には内臓脂肪がついていますが、内臓脂肪は落ちやすい脂肪だからです。

 

内臓脂肪は皮下脂肪よりも落としやすいのです。有酸素運動をすると、皮下脂肪よりも内臓脂肪が優先してエネルギーとして使われます。

 

そのため、有酸素運動をすると、お腹周りが一番最初に痩せやすく、そのあと全身が痩せていくので、有酸素運動でダイエットを始めると、お腹の部分痩せができたと感じることができると思います。

 

ただ、内臓脂肪は男性が付きやすく、皮下脂肪は女性が付きやすいという特徴があります。そのため、女性の場合、お腹の脂肪は皮下脂肪であることが多いので、男性ほどお腹の部分痩せができたと感じるのは難しいかもしれません。

 

 

部分痩せをしたいなら引き締め効果を目指せ!

部分痩せは基本的にはできません。体の一部分の脂肪だけをねんしょうさせることはできないからですね。

 

ただ、「基本的に」できないのであって、絶対にできないというわけではありません。部分痩せをしたいなら、「脂肪燃焼」を目指すのではなく、「引き締めてサイズダウン」を目指すようにしましょう。

 

そうすれば、部分痩せをすることは可能です。

 

 

筋肉を鍛えれば部分痩せに近い状態に!

 

部分痩せをしたいなら、筋肉を鍛えて引き締めましょう。そうすれば、脂肪の量は変わりませんが、たるんでいた部分が引き締まって、シャープな印象になりますし、サイズダウンをすることができます。

 

脂肪の量が変わらなくても、サイズダウンをすることができれば、部分痩せに近い状態になりますよね。しかも、筋肉を鍛えて引き締めた場合、塩もみダイエットのように「水を飲んだらもとに戻った」ということはありません。

 

その筋肉量を維持することができれば、ずっとサイズダウンした状態を保つことができるんです。

 

部分痩せをしたい人のために、部位別の鍛えるべき筋肉をご紹介します。

 

・お腹=腹直筋、腹斜筋
・お尻=大臀筋
・太もも=大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋
・二の腕=上腕三頭筋

 

部分痩せをしたいなら、その部位の筋肉を鍛えることで、引き締めることができます。

 

骨盤の歪みを取ることも大切!

お尻や下腹の部分痩せをしたい人は、骨盤の歪みを取ることも大切です。骨盤が横に広がっている人は、骨盤を締めることで、お尻を小さくすることができます。

 

また、骨盤の歪みを取れば、内臓があるべき位置に戻りますので、下腹部をへこませることができるんです。

 

骨盤矯正ができれば、O脚やX脚を治すこともできますので、脚痩せ効果も期待できますね。

 

 

 

お尻や下腹の部分痩せをしたい人は、骨盤矯正をしてみるのも良いと思います。

 

 

むくみ解消も部分痩せの1つ

 

部分痩せをしたいなら、むくみ解消を目指すのも良いと思います。むくみを解消すれば、顔痩せや脚痩せをすることができます。

 

むくみやすい人は、むくみを解消するだけで、簡単に部分痩せができます。むくみ解消で部分痩せをすることと、塩もみダイエットやサランラップ巻きは別物です。

 

むくみ解消は余分な水分をリンパに流して、本来の状態に戻すことを目的としています。それに対し、塩もみダイエットやサランラップ巻きダイエットは、水分を無理やり排出しています。

 

むくみ解消は無理に水分を排出しているのではなく、本来の状態に戻すだけなので、体に無理がかかりませんし、水を飲んだらすぐに戻ってしまうようなこともありません。

 

 

 

 

本気で部分痩せをするならダイエット+筋トレ

本当に部分痩せをしたいと思っているなら、体の一部分だけを痩せようとするのではなく、ダイエットと筋トレを両方行っていきましょう。

 

そうすれば、気になる部位の脂肪を減らしつつ、引き締めていくことができるんです。

 

 

ダイエットをして脂肪燃焼

 

「痩せる」ということは、脂肪を減らさなくてはいけません。そして、脂肪を減らすためには、有酸素運動をして脂肪を燃焼させる必要があるのです。

 

だから、気になる部分の脂肪を減らしてダイエットをするためには、まずはダイエットをして、全身の脂肪を減らさなければいけないのです。

 

 

部分痩せしたい部位を筋トレ

 

さらに部分痩せをするためには、部分痩せをしたい部位の筋トレをしましょう。そうすれば、期待通りに部分痩せができるはずです。

 

全身を細くしたいというのであれば、ただ有酸素運動をして脂肪を減らせば良いのですが、部分痩せをしたい人は、胸は小さくしたくないという人も多いですよね。

 

胸のほとんどは脂肪なので、ダイエットをすると、自然に胸もボリュームダウンしてしまいます。

 

でも、ダイエットでの脂肪燃焼はそこそこにしておいて、筋トレをしっかりすれば、胸は残しつつ、気になる部分の脂肪は減らし、さらに引き締めてサイズダウンをすることができるんです。

 

だから、本気で部分痩せをしたいなら、有酸素運動+筋トレをする必要があるのです。

 

 

部分痩せをするための裏技2つ!

部分痩せは基本的に不可能。でも、筋トレで引き締めれば、サイズダウンは可能である。さらに本気で部分痩せをしたいなら、有酸素運動+筋トレが必要なことがお分かりいただけたと思います。

 

ただ、正直なところ有酸素運動と筋トレをするのって、大変ですよね。しかも、短期間で「部分痩せができた!」と実感するのは難しいと思います。

 

もし、あなたが手っ取り早く部分痩せをしたいなら、裏技を使ってみてはいかがでしょうか?部分痩せの裏ワザとは、脂肪吸引やキャビテーションです。

 

脂肪吸引は美容外科クリニックで受ける施術で、細い管であるカニューレを脂肪組織に入れて、脂肪細胞を吸引して除去するというものですね。この脂肪吸引なら、部分痩せが可能です。

 

ただ、脂肪吸引は「手術」になりますので、医師の説明をしっかり聞いて、納得してから行うようにしましょう。また、全額自己負担での診療になりますので、それなりにお金はかかります。

 

簡単に部分痩せをしたい人のための裏技は、キャビテーションです。

 

出典:amazon.co.jp

 

キャビテーションは超音波を脂肪細胞に当てて、脂肪細胞を破壊して、脂肪を減らすものです。

 

基本的にはエステで施術を受けられますが、キャビテーションの器具を購入すれば、自宅にいながら自分でキャビテーションをすることが可能です。

 

キャビテーションは脂肪吸引ほどわかりやすい効果を実感することはできませんが、それでも確実に脂肪を減らすことができるので、部分痩せができるのです。

 

自力で部分痩せをするのは不可能に近いですが、このように脂肪吸引やキャビテーションの力を借りれば、部分痩せをすることは可能です!

 

 

部分痩せは不可能か可能か・できる部位とできない部位についてのまとめ

・部分痩せは基本的には不可能だが、お腹なら唯一できる

・本気で部分痩せを目指すなら、「ダイエット」と「筋トレ」をする

・手っ取り早く部分痩せをしたいなら、脂肪吸引やキャビテーションを使う方法もある

 

部分痩せは不可能という噂の真偽や部分痩せしやすい部位、部分痩せのための方法などをまとめました。

 

自分の努力だけで体の一部の脂肪を減らして部分痩せをするのは不可能です。でも、引き締めることで、部分痩せのようにすることはできますし、有酸素運動+筋トレで部分痩せをすれば、胸を残しつつ、気になる部分のサイズダウンはできます。

 

また、裏技として脂肪吸引やキャビテーションに頼るのも悪くないと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

1週間で解消!二重あごの原因と治し方8選まとめ!スッキリ小顔美人になれる!

1週間で小顔に!即効性のある顔痩せ方法8選【動画あり】

女性の二の腕が太い原因4つまとめ!タプタプ二の腕は脂肪や姿勢の悪さのせい

お腹周りの脂肪の原因と落とし方!運動と食事で内臓脂肪を減らす秘訣を徹底紹介

即効ダイエット!二の腕を細くする方法7選まとめ【上腕三頭筋を引き締める】

フェイスラインたるみの5つの原因&顔を引き締める6つの方法まとめ【動画解説あり】

即効性抜群!ふくらはぎの痩せ方&ダイエット方法6選【むくみ&脂肪&筋肉太りを撃退】

指が太い原因と細くする方法7つ!指もダイエットできる!

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

内ももの引き締め効果のあるストレッチや筋トレ方法7選!隙間ができて美脚に!

筋トレと体重増加の関係|体重が増えた8つの理由や期間について徹底解説

フェイスラインたるみの5つの原因&顔を引き締める6つの方法まとめ【動画解説あり】

脂肪を筋肉に変える方法!重さの違いも徹底解説

小顔美人に!即効性抜群の顔やせマッサージ方法3選【動画あり】

脱毛の部位の人気ランキングTOP5まとめ!注意点や疑問も一挙解説

1週間で小顔に!即効性のある顔痩せ方法8選【動画あり】

最短1週間で腹筋女子に!簡単に割る鍛え方&食事のコツまとめ【動画付き】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

宮田聡子がかわいい!髪型&すっぴんやメイク後の画像まとめ

1日の睡眠時間の平均と理想まとめ【ベストは7時間?8時間?質も大切!】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す